entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/09/10 (日) 09:18

【漢字バトン】

十一月うさぎさんより、【漢字バトン】をいただきました。
しかも、二本あった漢字バトンのうち、むずかしいほうを選択されたとか!

>自分で自分の首を絞めているじゃん

うさぎさん! 私の首も絞めてます。。。(^^;


ここからバトンです。

1.好きな漢字

特に日頃から「好き」と思っている漢字はないので。。。
思いつきで(笑)


福々しい、丸い、幸せなイメージが。


五感。感動。感銘。
なにかを感じることができるのは不思議で嬉しいこと。


穏やか。安らか。仲良し。
組み合わせる文字からの意味が素敵。

明日選んだら、また違う字になるかも?(笑)

2.前の人が答えた漢字に対してのあなたのイメージは?


うさぎさんが、私をイメージして挙げてくださった漢字です。
ありがとうございます(*^^*)

自分を振り返れば、いつも楽な方へ流されてきているような気がします。
努力が足りない。。。とよく言われ続けてきました。
もちろん“勤勉”と言われたこともないんです(^^;
教師の父に、できる兄。。そんな家庭に育って、いつも私は“抜けた末っ子”で、高校受験だって、すべり止めの私立をすべってしまうような子どもでした(苦笑) 公立は無事合格し、高校の近くの公衆電話から自宅に「合格したよ!」と電話を入れると、兄、「早まるなよ。」「とりあえず家に戻って来い。」「思いつめたらあかんぞ。」と。 後ろに並ぶ見知らぬ合格者達に変な目で見られてしまって。。。(-_-;) 

ずっと“あほ!”“間抜け”で生きてきた私には、信じられない嬉しいお言葉でした♪

3.次にまわす漢字

前走者のうさぎさん、この質問の意味がわからなかったとのことで。。。  私も思うまま書いてみようと思います(*^^*)

私は以前、池坊のいけばなを習っておりました。
そこに出てくることば、生花での『』『』『』。
生花の役枝のことです。

これらは主従関係ではなく、体は草木の生まれたちをしめし、副は環境に順応し真と呼応しながら独自の働きを加えて陽へと向かう姿勢をみせ、真は副と呼応しながら上方へのび、草木の志向を表明し、真、副、体全体によって一体としての姿を整える。。。とあります。

真(しん)

花形の中心に位置して、とくに中心部より上方に働き、上方の空間を充実させる。草木の陰陽を写しだして、左右のどちらかのやや後方へ陽側を向けてふくらみのある形を見せる。
構成的にも空間の美しさを作り出す大きな役割。

副(そえ)

副は中段、中ほどから真の後方に働く枝で、真の陽方、曲がりにそってのびでて、時間的、環境的な変化を作りだす働き。
副の働きによって、趣や風情を感じることができ、中段の部分を立体的な空間に作り上げる。真の方向へ草木の陽面をむけて真と呼応させ、真に働きかけながら、副としての役割を果たす。

体(たい)

真の前に位置して副のでる陽方とは反対側の陰方へ低くのびでる。陽の方向へ草木の陽面をむける。一番手前に位置して副と対しながら下段手前に働く。体は水際ちかくにあるから、草木がほんらいもっている出生をあらわすことが一般的な手法となっており、繊細で微妙な働きが要求される。



真、副、体。その一つ一つに与えられた役があり、それぞれ違った佇まいを見せながらも全体が調和する。。。おもしろいです。
書けば一文字の漢字も、そこに込められた意味合いは深くて。。。全て感じ取るのもむずかしいものですね。

学んだことのほとんどを忘れてしまって、意味も取り違えてるかもしれませんが。。。(笑)
今でも印象に残っていることばのひとつです。

4.大切にしたい漢字

これも今浮かんだ漢字だったりします(笑)


いつも心を感じることができるから、いろんなことがあっても生きていけます。
見せるものではなくて、わかる、感じるもののような気がします。

』『
これもいけばなに出てくることばです。
相反することばだけど、その二つはいつも背中合わせ。

他にもそんなことばがあります。
『明』と『暗』、『愛』と『憎』、『生』と『死』。。。
それぞれが表裏一体、切り離せない関係です。
そのことを考えてみることはとても興味深いです。

死を伝えることは、生を教えること。
その“後姿”を知ることもまた大切にしたいことです。

5.漢字についてどう思う?

その一文字で、意味を持つところがおもしろいと思います。
また、形からくるイメージ、音からくるイメージなどもあり、他の文字とはちょっと違った印象です。
平仮名50音とかアルファベット26文字っていうのとは違って、とても覚えきれるものではないし、泣かされることも多い漢字ではありますが、もしも漢字がなかったら、読むのも書くのも嫌になるほど大変だろうな。。とも思います。

あとは。。。
よく迷う漢字があります(苦笑)
「下りる」「降りる」とか
「取る」「採る」「獲る」「捕る」…といった感じのもの。
PCでも変換でダーッと出てきたらもうお手上げなことも(^^;

漢字。。。奥が深いですね!(笑)

6.好きな四字熟語

一期一会
うさぎさんも書いておられましたが、私もこの四字熟語が好きです。

以前、茶道をやっていた時、稽古が始まる前にいつも必ず『利休七則』を唱えておりました。

 茶は服のよきように点て
 炭は湯の沸くように置き
 花は野の花のように生け
 夏は涼しく冬は暖かに
 刻限は早めに
 降らずとも雨の用意
 相客に心せよ

最初は義務のようにブツブツ言ってたんですが、いつもいつも繰り返すうちにその意味をもっと知りたくなりました。

茶は服のよきように点て

「お茶というものは、飲んでおいしいように点てましょう」
服加減のよいお茶の具体的なことと言えば、抹茶の分量、湯加減。そして一碗の薄茶が、口に余る量であってはおいしくない、三口半くらいがちょうどいいということ。
半というのは飲んだあとの残りのことで、三口で飲んだあとの残りをすぅっとすすり上げるのは、お茶碗を拝見する時、残った茶が畳にこぼれないよう吸いきってしまう心づかいで、その吸いきる音が、「おいしくいただきました」という、客と亭主の心の通い合いともなる。

お茶でいう「服のよき」というのは、舌の先に甘いというような味覚だけをさしているのではなく、心にしみじみと感動させるもの。。。一碗の茶に亭主の心意気を味わい、亭主もそれを受ける客の喜びを感得する、そういう主客の気持ちがぴったり合致したときに、真の意味の服のよき茶が供され、かつ、それを飲んだことになる。

炭は湯の沸くように置き

お茶を点てる手順作法を点前と呼ぶのに対し、炭の扱い方は炭点前と呼んで区別される。さらりといわれているが、湯が沸くように火をおこすには、上手な炭のつぎ方がある。

釜の湯には湯相といって、湯の姿がある。釜の湯の煮立つ音が松樹をわたる風の音に似ているところから「松風」と呼ばれ、松籟のシュンシュンという感じの音のとき、湯の温度は摂氏七十五度くらい。釜によって多少の上下はあるが、だいたい七十五~八十度で、お茶を点てるのによい湯相となる。

花は野の花のように生け

茶花の美しさの基本は、あくまで茶道の精神。すなわち「野にあるように」の言葉に帰するものであり、また「侘び・さび」という茶道独特の美の観念から計られたもの。
これは文字通り野山に咲き乱れる花の眺めをそのまま再現ということではなく、一輪の花、一枝の茎に、野に咲く花の美しさと全生命を盛り込むところに真の意味がある。

夏は涼しく冬は暖かに

日本人の自然に対する考え方は、昔から自然に対抗し克服してゆこうというのではなく、むしろ自然の中に身を投じて自然と人間が融和し、その中で生きてゆく、ということ。
このような自然観のうえに立つ美意識で、「冬暖かに」も、もてなしの心を端的に表現している。

刻限は早めに

心に余裕を持つこと。ゆとりは時間を尊重すること。自分の時間を大切にし、余裕を持って事にあたること、これは同時に相手の時間を大切にすることに通じている。

降らずとも雨の用意

言外に、どんなときにも落ち着いて、臨機応変の処置ができる心の準備と、実際の用意を常に怠らないことが茶人の心がけであるということ。

相客に心せよ

亭主も客も、互いに尊重しあい、楽しいひとときを過ごすことこそ「和敬」であるということ。



一期は一生、一会は一度会うこと。

千利休の弟子の宗二の『山上宗二記』からのことばとのことで、この利休七則の、心を込める、本質を見極める、命を尊ぶ、季節感を持つ、心にゆとりを持つ、やわらかい心をもつ、お互いに尊重しあう。。。に通じます。

同じ茶会は二度とない。誠意をもってのぞめ。

人との出会い、大切にしたいです。


十人十色
もう一個くらい何かないかな。。。
で、コレにしました。

皆同じ。。と思い込んだり強要される怖さを知ったので。
みんなそれぞれ。
ひとりひとりが尊重される世の中であって欲しい。

表裏一体
上にこのことばを使ったのでここにも書いておきます。

7.最後にこのバトンを7人の人に

どなたかいかがですか(*^^*)
久々に“勉強した!”っていう気分が味わえました。
オススメです!?
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

ぶる~は、高学年になるにつれ、字がどんどん汚くなってきた。
たくさん書かなければならないことと、早く済ませてしまいたいことも影響してるかもしれない。
少なくとも1年の頃は、読める字を書いていた。
読むほうは、本好きということもあり、なんとなく読めている。

ぴんくは一文字ずつ、ゆっくり丁寧に書く。
綺麗な字ではないけれど、漢字のノートは特に丁寧に書いている。
見ながら書くのはできるが、自分で文章に合った漢字を書いたりするのは難しいし、読書でも漢字が読めなくてつまってしまうことが多い。

二人の当面の課題は、
ぶる~ 読める字を書く!
ぴんく 習った漢字は読めるように!
                 かな。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

お久しぶりです

漢字バトン・・・色々なバトンがあるのですね~私も少々やった事ありますが、漢字は答えられないだろうな(笑)。 パソコンで文字変換の度、これでいいんだろうか?と悩みつつ開き直って使用! 便利な世の中だけど 段々漢字から離れて 手紙も書けなくなりました(^_^;)。 ろこさんも気分転換になり 楽しかったのでは・・・生花されていたんですね! 家の中は いつもお花が飾ってあるのかしら! お花って観ていて和みますものね!  それから下の日記のぴんくちゃん残念でしたね。 応援団が人気あるなんて 皆さん活発だぁ~! 先生のきちんとした対応も良かったのでしょうね。 ぴんくちゃんは まだ来年もチャンスあるから 頑張って下さいね。

ろこさんが、これでアホ、間抜けだったら、わしなんかゴミ以下だな

うう、なんちゅう深い含蓄のある記事なんでしょうか。

花は、剣山に刺さってりゃあいいんだよー。倒れなきゃー。
どうせ、一回しか会わないんだから、何したって、構いやしねえ-と思っておりましたが(マイボス・マイヒーローの見過ぎか?)、目からウロコが落ちた思いです(わしは、半魚人だったのかあー)。

この子を幸せにするために、選ばれた人ならではの、深い言葉、静かな思いにもう、まいりました。
全文を、コピペさせていただいて、座右の銘とさせていただきます。

まじに、こんなお母さんがいる、ぶるーくんとぴんくちゃんは、本当に幸せだぞー。

さつきママさん

本当にいろんなバトンがありますよね。
で、さつきママさん! 漢字バトンいかがですか?(笑)  
変換慣れしてくると、自分で考えなくなりますよね~(^^;
“こういう意味で使うんだから、この漢字!”っていうのがなくなりました。 ずらずら出てきた中の“こんな字だったような気がする”で選んじゃってますね。。。(苦笑)

ぶる~がテレビ見ていて、
「漢字は意味を込めて書かなあかん」
と言ってました。その言葉、そのままぶる~に返しました!

お花。。。年に何回か飾ることがあります(笑) それくらい。。。 ガーデニングも“枯らす”専門で、どうも何かの世話をするっていうのは向いてないようです。 (雑草だけは元気に生い茂ってます。。私の背丈ほども!)

応援団、人気あるんですよ♪ 二人の小学校は、周囲の学校のママたちからも「いい雰囲気だね」って言われることが多いです。恵まれてますよね。。。ありがたいことです(*^^*)

ももんぐぁあさん

あはは(^^;
すみません、人の言葉集めて記事書いて。。合間にちょろちょろ自分の感じたことをはさんでみました!(笑)

>どうせ、一回しか会わないんだから、何したって、構いやしねえ-

読んで大笑いしてました。 出会いを大切にしたいとか書いてますが、やっちゃうこと、あります(^^; “見知らぬ”&“むかつく”が両方揃うと強気。 自分でもちょっと暴走かなぁ~。。と思うことがあるようなないような(笑) こういう人とどっかで変な関係で再会したらイヤですね。。。(^^; 今のところ、こういう人たちとは一期一会です。

思うまま書いてるつもりだけど、文章にすると別人格になってるんでしょうか!?(笑)
リアルの評価とえらくかけ離れてる気がしてきました! 普段、際限なくぼろぼろです。体は丈夫なんですけどね。。。 頭は努力してもこんな感じで!(爆) 

明晩コメントいたします。

早速のバトンの記事UPありがとうございました。
十一月うさぎです、こんばんは。
ちょっと時間が取れないので、明日改めてコメントに伺います。
車が、車が、ね~~(汗)
すみませ~ん(ぺこぺこ)

十一月うさぎさん

おはようございます(*^^*)

お車、大丈夫でしたか?
大変でしたね。。。

で! そんな時なのに律儀にお越し下さってどうもありがとうございます。
読んでくださっただけで嬉しいですよ(*^^*)

いつもありがとうございます。

茶道と華道 加藤茶と華原友美

ろこさんの首も絞めてしまった十一月うさぎです、こんばんは。
即日のUPの割りに、内容レベルが高くて驚愕しました!
茶道や華道の話題をふってくる辺り、秀逸です。
コピーして、たまに読み返して、自分自身を見つめ直したいですね。
茶道や華道のお話、日常生活は勿論の事、ビジネスでも役立ちそうな内容ですね。
良い勉強をさせていただきました。
リアル世界でも、このお話をしてみたいと思います(早速、パクります・笑)

半年間の放置プレイ(笑)をしていた私と違って、素早い対応、すごいなぁ~。
私なんて、漢和辞典と四字熟語辞典とにらめっこしてましたよ。
また、他のバトンを回しますので、よろしくお願いします(え?)
今回の【漢字バトン】よりは、楽ですから。

十一月うさぎさん

おはようございます♪
茶&華! ぱっとタイトルが目に入って頭が???になりました(笑)

お車、バッテリーだったのですね。
大変な一日で。。お疲れ様でした。

↑ 私のことば、ほとんどありません(笑)
当時のノートなんかを見ていたら、こんなこと習ってたんだ。。。と(苦笑)
日常、習ったことを活かしてないと、即忘れちゃいますね。。。
あぁ、今もぶる~に質問されて答えられない自分にショック( ̄_ ̄|||)どよ~ん 

勉強になるといえば、うさぎさんの記事です!
毎度ハイレベルを保ってらしてすごい!
内容も深いですよね。
素敵な記事をいつもありがとうございます。

( ̄□ ̄;)!! 
他のバトンって。。。(汗) 
何をお持ちでしたっけ。。。
すごい怖いです。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/859-ee82919b

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2017/03 * 05

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。