entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/08/10 (木) 00:00

イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解

イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解―自閉症スペクトラム児の発達支援 イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解―自閉症スペクトラム児の発達支援
納富 恵子 (2006/08/24)
川島書店

この商品の詳細を見る










☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに

<イラスト・まんが教材>とその使用目的

  Ⅰ<イラスト・まんが教材>の使用法とその実際
1章 <イラスト・まんが>からわかる子ども像
   -子どものむずかしさを把握する-
  1.気持ちを理解・表現することのむずかしさ
   1)むずかしさの特徴と障害
   2)なぜ「気持ちに気づくことが苦手である」
     という特徴について考えなければならないのか
  2.イラスト課題からわかる子ども像①
    -気持ちを理解することのむずかしさ-
   1)自分の気持ちの理解のむずかしさ
   2)自分以外の人の気持ちの理解のむずかしさ
  3.イラスト課題からわかる子ども像②
    -気持ちを理解することがむずかしい
     子どもたちの特徴-
   1)気持ちを上手に表現できない
   2)人間以外の気持ちにもとらわれてしまう
   3)空想にふける
   4)現実場面で対応できない
  4.まんが課題からわかる子ども像
   1)気持ちが混乱する
   2)気持ちをうまく処理できない
   3)自分の社会での位置がわからない
   4)相手の心を想像することが苦手
  5.課題の結果から明らかになる気持ち以外の
    子どもの特徴について
  6.課題をとおして子ども像を捉える

2章 イラスト・まんがの使い方
  [1]イラストの使い方
   A.場面イラスト
   1.イラスト課題の作り方
   2.イラスト課題の使用の実際
    1)そのまま使う
    2)吹き出しをつける
    3)質問欄をつけてワークシートにする
   B.表情イラスト
    1)表情を読みとることの困難さを理解する
    2)顔のどこに注目しているか理解する
    3)気持ちの選択肢として使う
    4)振り返りへの利用
  [2]まんがの使い方
   1.まんが課題の作り方
   2.表情のないものについて
  [3]正解とは
   1.さまざまな回答
   2.支援者が「回答」に迷う
  [4]フィードバック
  [5]教材の選び方
    -イラストを使うか・まんがを使うか
   1.支援の始まりに子どもの全体像を知るために
   2.トレーニングとして
   3.支援プログラムの中の一部として利用する
  [6]教材により期待できる効果
   1.子どもの特徴を把握する
   2.気持ちの理解を促進する
   3.子どもに変化が起きることについて:注意事項

3章 支援活動の記録
  [1]イラスト課題の記録
   1.フェイスシート(イラスト用)
   2.イラスト用記録シート
   3.振り返りシート(イラスト用)
  [2]まんが課題の記録
   1.フェイスシート(まんが用)
   2.まんが用記録シート
   3.振り返りシート(まんが用)
   4.記録のコツ
   5.まんが課題からわかること
    1)チェックリストを用いた例
    2)チェックリストの長所と短所

  Ⅱ 気持ちを理解することが苦手な子どもたち
    -その現状と支援の実際-

4章 児童精神医学からみた気持ちの理解のつまずき
  1.広汎性発達障害
   1)広汎性発達障害
    (Pervasive Developmental Disorder
    ;PDD)
   2)小児自閉症[自閉症]
    (Childhood autism)
   3)アスペルガー症候群
    (Asperger's syndrome)
  2.障害という診断にはいたらないが
    気持ちの理解と表現にむずかしさをもっている人
  3.感情を認知することの重要性について
  4.心の理論について
  5.ジョイントアテンションについて
  6.支援者が共感的にかかわることの重要性について

5章 イラスト・まんが課題の支援の実際
  [支援例1]子どもの状態を知るために利用した典型例
       -Aちゃんの成長-
  [支援例2]積極的に気持ちの読み取りに
       かかわっていった支援の典型例 
       -Bくんの成長-
  [支援例3]地域社会での気持ちに関することが
       苦手な子どもの支援
       -福岡県宇佐美町での利用
        (行政の相談システムでの中で)-
  [支援例4]支援の少ない軽度発達障害児者の
       民間でのかかわり
       -オフィスぷらんぷらんでの利用-

おわりに

あとがき

  ≪コラム
1.感覚異常
2.空想にふけってしまう子ども
3.状況説明ばかりしてしまう子
4.感情共有のむずかしさ
5.LD書字障害と空間認知の問題
6.教材を作るときにどんなことを考えて作っていますか

イラスト・まんが:今泉佳代子
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/842-1dca13f9

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。