entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/07/11 (火) 11:36

巻き込まれないこと

先日、初めて精神的なしんどさで医療機関にかかった。

うつ病ではないが、うつ状態。
原因は、ダンナのアルコール依存とDV。
ダンナの状態は思っていた以上に悪いようだ。
自分の力で立ち直ることができる。。。という地点は、おそらく10年ほど前に過ぎてしまっているだろうとのこと。
ぶる~が生まれた頃か。。。

今、落ち着いたように見えても、お酒の飲み方、酔い方からアルコール依存状態で、ここから立ち直るとするなら、家族が医療機関に連れていくレベルのようだ。
暴力は最近治まっているが、過去1回きりではなかった点から、立ち直れず、繰り返すほうの人間ということになるらしい。
最初の1回は“ままあること”としても、健全な人間なら2回目というのはない。
最初は目に、その後首に、と後遺症が残るような暴力を起こしたのに、その原因であるお酒を未だに飲んでいるというのは普通の人ではあり得ないことだそうだ。

日常、私をずっと苦しめてきたこの関係も、DVにあたるそう。
直接的な暴力だけを指すのではないとのこと。

借金の問題もあった。
深く考えないうちに、自分で破滅に向かう人。

私は、知らず知らずにその影響を受け続けてうつ状態になってしまっていた。
うつ病ではなくても、この状態を続けていると、脳内のセロトニンが涸竭してしまうらしい。
「うつ状態を甘く見てはいけませんよ。」と。
そこで、デプロメール(25mg)、レキソタン錠(2mg)を処方してもらう。
デプロメールは、こういったうつ状態の時によく使われるお薬で、副作用も少ないらしい。
効き方はゆっくりなので、一週間くらいしてからその効果を実感できるそうだ。
レキソタン錠は、効きが早いので(30分程)、不安や緊張が高まった時に飲めばいいとのこと。
一日3~4回くらいまで飲んで良いと言われる。
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
“今すぐに”というわけではなくても、私自身、ダンナに巻き込まれないよう、自立に向けて準備をしたほうが良さそうだ。
この調子だと、ダンナの体も確実に壊れてくるし、禁断症状が出始めれば、社会生活が送れなくなってくる。
相談機関を紹介してもらって、いざというときの避難場所、利用の仕方、離婚後の生活のシミュレーション(毎日の生活リズムなども具体的に)。。。そうやって、その生活にリアリティを感じるようになったら離婚に踏み切れば良いとのこと。
今は、自分で体のテンションを上げて無理してる状態だが、エネルギーは有限なので、必ず力尽きる。
薬を使ってでも、リラックスして緊張を弱めることが大事。

「いつか落ち着いたら、三人で生きていきなさいよ。」

あたたかい言葉に感じた。
ずっと苦しかった理由がわかって、ほっともした。

医師も、「こういう人は、悪い人ではないから助けてあげたいとは思いますけど、もう自分では立ち直れません。」と。
生育暦なども影響しているようで、実家が動いてくれるなら一緒に医療機関へ通って良い方向にいくかもしれないけど、実家の両親の問題が大きいのでそういう方法が取れない。
家族に対して無責任なことをしてこられたのも、自分がそうされて生きてたことが大きいのだろう。
そして、「ちょっとでも許してしまうと、どんどん悪くなっていきます。」と。そこが弱さなのだろう。

ダンナに医師の言葉は伝えた。
認めなかったけど。。。
私も自分のことでいっぱいいっぱい。
それに、ずっと以前に私が助けられる範囲を超えている。
できるのは“伝える”ところまでだ。

『リセットする』というのは、良かったことも切り捨てるということ。
さすがにこれは重い言葉だったな。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

心が痛みます。
せめて、近くにお住まいなら、
話だけでも聞いてあげられるのに・・・。
何も出来なくてゴメンなさいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うちも何ヶ月もシカトするだんなにうんざりして、2年別居してました。2年後に戻ったら別人のようないい夫になってました。こんなこともあるのかと不思議に思えました。家庭裁判所にも無料相談窓口があるから、調停してもらったら?仲を取り持つ調停を。

大丈夫ですか?

こんばんは、十一月うさぎです。
この記事を読んで、驚愕しました。
こんなに大変な思いをしていらしたのですね。
夫婦の事は、夫婦でなければわからない事だと思いますが、このようにネット上に表明した事は、皆様のご意見を欲しているのでは?と思いました。
皆様のコメントで癒されてくださいよ~、ねっ!ろこさん。
別れる事は、逃げる事ではないと思うし、勇気のある行動だと思っています。
続けるも別れるも、ろこさんの気持ち一つですよね。
別れると、気持ちが楽になるんじゃないかしら…選択肢の一つとして、考慮すべき時期が到来したのかもしれませんね。

ろこさんとお二人のお子様の幸せを、祈りますね。

こんばんわ

そんなことがあってたんですね・・・

何も力になれませんが、経験上ひとつだけ、
うつ状態は甘く見ず、しっかり休まれてください。

取り返しがつかなくなってきますから・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

せつないです。

何も言えないのにコメントします。
ダンナさんのぴんくちゃんに対する言動をおかしいとは思っていたものの、こんなだったなんて・・。
悲しくて悲しくて、涙が出ます。
ぶるーちゃんとぴんくちゃん、こんなにこんなにいい子なのに・・
ろこさんだって、とってもやさしいママなのに・・
何にもいえないのに、ただ書き込みしました。せつないです。

あみあみの母さん

どうもありがとうございます。
そうおっしゃっていただけるだけで元気になってきます(*^^*)
かえってリアルでは言えなくて。。(苦笑)
すぐにどうこうっていうことではないので、今はもう落ち着いています。
嬉しかったです、ありがとう!!

☆彡

どうもありがとうございます。
とても心強いメッセージでした。
後でお返事に伺いますね(*^^*)
感謝しています。

☆彡

どうもありがとうございます。
後ほど、あちらでメッセージ送ります(*^^*)
いつも助けてくださってありがとう!!

たかのままさん

たかのままさんも、辛い思いをされてきたのですね。。。 
でもその行動力、さすがです(^^)v
いい方向へ向かうんだ!っていう気持ちも大切なんですね。
 
なにか問題を感じてるのに、そのまま“なあなあ”にしようとするのはやっぱり良くないですね。。。
まずはいろいろと調べて、“知る”ことからですねo(*^ー^*)o
どうもありがとう!!

十一月うさぎさん

いつもご心配をお掛けしてごめんなさい!
しんどいのが慢性化して、自分でもよくわかってなかったです(^^;
その原因がわかってよかったと思います。
ちょっと時間が掛かりそうだけど、言われた意味を忘れないように。。と思ってます。

まずは、ちゃんと元気になって、いろいろ動くのはそれからかなo(*^ー^*)o

どうもありがとうございます。

おきさん

大変な時なのに、読んでくださってどうもありがとうございます。

本当に。。 “まだ頑張れるんじゃないか。。”と自分でもよくわからないまま、オーバーペースでやってしまうところが怖いですよね。
疲れが慢性化してきて、これはちょっと怖いかも。。と感じました。
体のサインには敏感になって、早め早めに動いたほうが良かったんだ、と思っています。

お忙しい時なのに、嬉しかったです(*^^*)
おきさんも、お体には気をつけてくださいね。

☆彡

どうもありがとう!!

疲れてはいるけれど、だいぶ普段どおりになってきてるのかな。。と思います。
なんでこんなにしんどいのかわからなかった時のほうが辛かったかも。
さすがに現実の知り合いにはこぼせないので、ここに書きながら気持ちを落ち着けた。。っていう感じです。

お会いしたことないのに、なんだか心強い存在だよ、いつもありがとう!!

アン☆ママさん

どうもありがとう!!

ダンナもけっして悪い人間ではないんですが、一緒に居ればしんどい人ではあります(^^;
子どものことが大好きなのも見ていてわかるけど、衝動的で押さえが効きにくいので、怒鳴ったり、頭ごなしになってしまいます。
そして、すべて自分が受けてきたことでもあるので難しいですね。。
ちなみに子どもたちには「怒ったら怖いのはお母さん」と言われてしまってます。。。(苦笑)

感謝です!

アルコール依存症

初めまして。高機能自閉症の小3の娘を持つ母です。うちの旦那もアルコール依存症でした。
いや、正確に言うと一度アルコール依存症になると二度とお酒のコントロールが出来なくなるので断酒継続中です。断酒を始めて6年になります。アルコール依存症は、本人の性格を変え家族をも巻き込む病気です。配偶者がうつ状態になることはよくあること。そして、これはあくまでも私の場合ですが、「妊娠3ヶ月位のちょうど胎児の脳が出来上がる頃に過度の心配事があると、うつ状態となり、血液が胎児に上手く回らなくなり発達障害の原因となる」と娘の診断の時に医師にはっきり断言されました。旦那さんがどんな状態なのかは分かりませんが、タイミング的には病院に連れて行く頃なのではないでしょうか(連れて行くの大変だけど)。アルコール依存症は本人の問題は本人に解決させるのが一番の治療法、借金だって奥さんではなく旦那さんが責任を持って支払うようにしむけるものなのです。なんともいえませんが、別れるのも一つの選択。私は別れる事が出来ずに治療する道を選び、結果として治療が実を結び性格も元に戻っていい旦那になりました。でも、私自身もうつ状態ですし、私に後遺症は残っています。同居ですが旦那の育った地域というだけで好きになれなかったし、やっと旦那を見直したところで「こんな地域旦那が酒を飲んでなかったら来なかったな」という思いがあったりと、そんな思いして守る価値があったのかちょっと疑問にも思ってます。
長文になりましたが、今の状況をそのまま維持というのは無理です。何か手を打たなければなりません。正念場ですね。味方を一人でも多く見つけて戦い抜いて、自分なりの幸せをつかむ事を祈ってます。

なーおさん

はじめまして(*^^*)

治療をスタートするというのは、生活、もしくは家族の誰かにその依存症の歪が出て、そうせざるを得ない状態で、本人、家族と余力がなくなっていることが多いのだろうな、と思います。
とても日常的な“お酒”といえどもやっぱり薬物なんですね。。。 気づかないうちにやめられなくなってしまう怖さを感じます。
家族はどうしても逃げ場なくその影響を受けてしまいますね。 “大丈夫”って思いたかったし。。。
ダンナも飲酒時は、カッとくると抑制が効かなくなります。 荒れて怒鳴ったり、物に当たったりし始めたところからもうスタートしてたんだな、と感じてます。
飲むのは月に2~3度。これで依存症なのかと少し驚いたけど、こういう症状が一度ならずあったのは、やはり普通ではないそうです。
一番難しいのが、問題を感じていない本人なので(今のままでいいと思ってる)、どうやってこの本当の状態を伝えるのか、ちゃんと自分らしく、アルコールや他の何かに頼らず生きていこうと思えるか。。ですよね。でも、お酒に頼ってるとも全く思ってはいませんね。。。
そして、私も疲れてしまって今は自分のことでいっぱいいっぱいで。

それだけに、なーおさんのメッセージにとても励まされています。
断酒をはじめて6年。。。ご主人の頑張り、すごいです。
そして、それを支えてこられたなーおさんはもっとすごい。。

このままではいられないことがわかって、毎日問題意識を持ち続けていくのはキツイけど、それを先延ばし、もっと力がなくなってしまった時に直面することを思えば良かったのだと思います。

どうもありがとうございます!
医師から、「断酒会などに連絡を取って、その環境から抜け出られた人、成功した人の話を聞くこともいいですよ。」と言われてたんです。私も少しずつでも立ち直っていかなきゃいけませんもんね。 お話し聞かせてくださって、とっても嬉しかったです(*^^*)

まず自分を大切に

時間見て、まとめ読みしてる無精者です。
なんか、遅ればせながら、なんて言ったら良いのか判りません。頑張ってねーなんて、通りいっぺんな言葉しか書けないけれど、自分を不必要に責めないでいてください。
なんとか、御主人が御自分の状況に気付いて(依存症だという事に)くれる方向に持っていけるといいですね。段階をおって、それが駄目なら次の手段(別れると言うことをも含めて)を考えても良いかも知れませんが。
男親の立場からすると、こいつらがいるから、俺は、頑張ると思って欲しいです。でも、それが、ときおりしんどくてアルコールに走る気持ちも判る気がします(私もけっこう酒好きですので)。
ですが、自分がしんどいのとは別物で、、自分が庇護すべき子供達と、これから共に戦っていかなくてはならない戦友(かみさん)だけは、絶対、なにがあっても守らなくてはいけないのではないのかなあと思います。
逆に、別の立場からすると、巻き込まれないというスタンスも、本当に必要かもしれません。
うまく言えませんが、とにかく、御自分と、ぶるーくんとぴんくちゃんを大切に。

ももんぐぁあさん

ありがとうございます!

まだ夫婦どちらも動けてはいないんですが、あの伝えた日から、ダンナ、かなり努力してるのがわかります。喜んでしまいそうになるけれど、“許すと頑張れない”と聞いているので、心掛けて普通に対応しています。皆には当たり前の行動が、本人には大きな努力。。。これは二人にも通じるものがありますね。二人の場合は、それを一緒に喜べる。。。気もちを素直に表現できるのはありがたいことだったんだと感じてます。
せめて、本人が前に進もうとしているうちは、ひそかに心の中だけで応援していようと思います。それでダメならもう仕方ない。

昨日、話を聞いてくださったお医者さんが電話をくれて、相談機関の連絡先を紹介してくれました。まだ電話を掛けられずにいるのですが。。。一度、連絡を取ってみたいと思います。(といっても明日から夏休みで身動きは取れなくなりそうです 苦笑)

せっかくのこの機会、目先のことじゃなくて、ずっと先を見てやっていこうと思ってます。

優しいお言葉に癒されています。どうもありがとうございます。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/815-d3f5ec66

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

08 * 2017/09 * 10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。