entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/07/20 (木) 00:00

心からのごめんなさいへ

心からのごめんなさいへ―人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦心からのごめんなさいへ―人ひとりの個性に合わせた教育を導入した少年院の挑戦
(2005/07)
品川 裕香

商品詳細を見る










☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに

第1章 宇治少年院の日々
    「宇治方式」と呼ばれる指導方法
    最初の行動訓練
    バランスが取れず、しっかり立てない少年たち
    徹底的に繰り返す、具体的な説明
    具体的な指示が少年たちの理解を促す
    少年院とはどういう施設か
    出院までの指導の流れ
    標準的な少年院の一日
    宇治少年院とは
    公開ワークショップ
    互いに苦手なことと夢を聞きだす
    聴くスキルトレーニングとは

第2章 僕は少年院に入った
宇治に来るまで人の気持ちに興味をもったことはなかった。だから、殴っている相手が“痛いと思っている”とかんがえたことなんてなかった-タダシ(仮名・一六歳)の場合
    僕は宇治少年院に入ってよかった
    小学校二年のころからいじめられていた
    感じが覚えられない、忘れ物が多い
    やられる前にやれ。暴力の始まり
    タダシにとっての宇治少年院での生活
    単独室の効果
    自分にも将来があるということを知らなかった
    大縄跳びの感動

「お前なんかどうせやったってわかんないんだから、学校に来なくてもいい!」そう「僕に言った先生のところに行って「僕だってやればできる」と言いたい-ナオヤ(仮名・一六歳)の場合
    “休め”の意味がわからない
    どうせ自分は変わらない
    分数の計算がわかった
    健全な大人になると自分のなかで決めた

相手の気持ちを考えること。それが更生の第一歩なんだと、初めて自分で思いついたんです-イナモト君(仮名・二一歳)の場合
    窃盗で再逮捕。少年鑑別所から宇治少年院へ
    信頼している先生を裏切った自分
    自分の将来なんか見えない
    徹底改革が始まった宇治少年院
    イナモト君の葛藤
    思考実験を重ねる日々
    二度と人に迷惑をかけたり、裏切ったりしたくない
    心からのごめんなさいとありがとう
    みんなで大縄跳びを跳んだことが自分の原点
    信頼できる大人がいること、そういう人間になること

第3章 なぜ宇治方式は可能になったのか
    -キーマンたちとその情熱

    注目を浴び始めた「発達障害と非行」
    一般的な少年鑑別所の視点と宇治少年院
    日本LD学会での発表に驚いた参加者たち
    なぜ矯正教育は発達障害の勉強を始めたのか
    法務教官・向井と発達障害の出会い
    茨城農芸学院での最初の実践
    目に見えて変わっていったイバノウの少年たち
    自分の子どものことからLDを知る法務技官・小栗
    非行少年のなかに発達障害をもった子どもがいる?
    イバノウの反省とともに、大阪矯正管区に
     移動になった向井
    脳の特性に応じた支援を構築していきたい
     心理学的なアプローチの限界が、
    LD/ADHDの支援に駆り立てる
    板垣浪速少年院長とともに日本生活指導学会へ
    浅野型ワークショップとの出会い
    民主的な集団をつくることによって
     効果的な指導をめざした板垣院長
    浅野教授からヒントを得た浪速少年院での取り組み
    ふざけまくる少年たちを目前に、原点を見直す
    向井が構築した教育環境づくりのための構造化戦略
    宇治方式の屋台骨をつくり上げた
     浪速少年院での最終実践

第4章 宇治方式の確立
    過剰収容で大混乱していた宇治少年院
    新主席専門官「ムチャクチャ」向井が出した
     非常識な出張命令
    夜間集会で真剣に語り合う浪速少年院在院生たち
    臨床心理の世界では絶対に考えられない向井の手法
    すぐには動かない。宇治少年院での向井の戦略の意味
    四月末、事件勃発。動き出した向井たち
    逃走未遂事件後、徹底した職員研修を開始する
    とうとう表面化した集団寮規律違反。
     六月に四九人の謹慎処分敢行
    インフォーマルな少年集団の解体とともに
     芽生えた職員のやる気
    動きだした向井。軽度発達障害の視点を
     導入した指導へ
    共通認識をもつための職員研修を繰り返す
    発達障害と犯罪についての社会認識とその誤り
    在院生に共通するのは「メタ認知能力の弱さ」
    崩壊家庭・虐待など環境因子がもたらす
     擬似LD・擬似ADHDの状態
    宇治少年院が打ちだした指導システム

第5章 宇治方式トレーニングと教育効果
    宇治方式実践のための準備
    処遇プログラムをつくるために行った
     在院生の実態調査
    生活レベルでの指導-食事の改善
    国語力の徹底向上
    書く力を向上させるために、
     毎日の日記指導を細かく行う
    読む力を向上させるための指導も行う
    書く力・読む力を補うための漢字力を向上させる
    推論など基礎学力向上のための算数指導
    専門家の立場から応援した竹田契一教授の登場
    非言語コミュニケーション能力を
     向上させる「私語制限」
    「沈黙の時間」が自己コントロール力も向上させる
    聴く力をつける指導
    集団行動訓練も自己コントロール力の
     向上に大きく貢献する
    基礎体力を上げる宇治方式トレーニング
    教官と生徒の信頼関係が厳しい指導を
     効果あるものに変える
    少年支援のため、
     親のコミュニケーション・トレーニング
    もう一人の最強支援者・小澤直樹宇治少年院長の登場

第6章 宇治方式の広がりと海外事情
    宇治方式に着目した加古川学園
    奈良少年院で宇治方式のエッセンスを
     取り入れた加藤院長
    加古川学園の取り組み
    イギリスの取り組み
    アメリカの取り組み
    一人ひとりの子どもを理解する努力を
     怠ってはいけない

ちょっと長いあとがき
参考論文・文献
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

品川とかいう外国かぶれの三流ジャーナリストが書いた単純な英雄物語です。
広島少年院事件での破廉恥な少年への暴行、虐待につながっていった向井という犯罪容疑者が導入した処遇を、三流ジャーナリストは恥ずかしげもなく称賛しています。

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/805-9296d429

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

08 * 2017/09 * 10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。