entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/05/17 (水) 11:26

人と自分と ~場面の中で~

そこそこ会話も出来るけど、状況に合わせた適切な言動というのはやっぱり難しいぶる~。
その言葉が過ぎて、人に誤解を与えるような場面がある。

例えば、新一年生の名札を胸に付けてあげる時、針がその子に突き刺さらないかということが不安で、どんどんと話を突き詰めていってしまう。
「針、ささらへんかな。」
「もしも針がささったらどうしよう?」
「針がささって折れて、体の中に入ったらどうしよう?」
「ささって折れた針が、体に入って心臓にささったらどうしよう??」
ここまで言われたら、最初は「大丈夫」と思っていた人も不安になってくる。。。(-_-;)

“相手がその言葉をどう感じるか?”と心に留めながら話すことができない。
そして狭い範囲のことしか見えずに、そこだけを深めていってしまう。
思いついたら相手構わずすぐ話してしまうことも。

脱線していても、なかなか自分では気づけない。
相手の意図するところを捉え損ねる。
なのに、思い込みで話を進めていってしまう。
場違いな発言にも気づかない。

ある程度経験して先が読めるような場面や、自分に不利益にはならないことだと多少ゆとりある対応ができる。
そうではない場面で失敗することが多い。
また、“こうしたほうがいいだろう”とわかっている時でさえも、自分に不利益があると感じれば、反応が激しくなりすぎたり。。。

今は、周囲の子たちがあまり目くじら立てずにいてくれるので助かっているが、この先そういう人ばかりと出会っていくわけではない。。。

一生の課題だろうし、予想しきれないほど限りなくそんな場面には出くわすだろうから、もっと根っこのところで工夫できたらいいんだけど。。。 やっぱり限界あるな(^^;

見守られている今のうちに、“上手に失敗”してみるのもいいかもしれない。
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

わからないことは「わからない」って言う。
嫌なことは「嫌」って言う。
「同じです」で済まさずに自分の言葉で話す。
違うと思えばそう言う。
そして、
人の話にきちんと耳を傾けることができる。

そうありたい!のは私も同じ。
ぶる~の課題、
ぴんくの課題、
そこから自分の課題も見えてくる。

それも、まだまだいっぱい!
。。。やっぱり一生の課題かも(^^;;;
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

最難関

「場面」に合ったことを語る・・・最難関の課題ですね。
ぶる~くんでもそうなのか。
冒頭の「エスカレート」していく話、うちではしょっちゅうです。
想像力旺盛というか、妄想が行き届いているというか(笑)

根本から理解できるようになるのか、疑問に感じてます。
だから、やっぱり数多くの場面に遭遇して失敗するしかないのかもしれません。
まだまだ機会はたくさんありますしね。

serayさん

そういえば、以前病院でのお話を伺ったことがあったような。。。
行き届いた妄想。。。(笑)

この時は、相手が一年生で、しかも入学式。
緊張してるだろう小さなお友だちを更に不安にさせてしまいました(^^; きっと傍で見ていらっしゃっただろう保護者の方も怖いですよね、こんなお兄ちゃん(苦笑)

追求する。。。といえばぴんくもなかなかのもの。
みんなが疲れ果てても終わらない、アフリカで獲物を追い続けるハイエナのような性格かも? 

そうですよね、まだまだチャンスはたくさん! 私もあちらこちらで失敗しては気を付けられることが増えて。。。るかな。。。(^^;

ろこさん、どうもです。息子も同じですよ。人が嫌がることがわからない・・・・
 一生の問題?なのでしょうか?困ります。治ることが難しいのでしょうか。なんとかクリアして、クリアさせたいとは、思っておりますが、私も挫折しかかっております。
 ゆっくり、一歩一歩がんばっていきましょう、夢に向かって!!! 

とても難しい問題だなぁ~と思いました。
本人は、そういう思考の持ち主なのですから
「そういう風に考えない!」と言っても無理でしょう。
その場面ごとに説明しながら、習得していくしかないのかもしれません。
「言って良いこと」と「言ってはいけないで事」が分らないのですから、教えてあげる
しかないような・・・。
それは、とても大変な作業だと思います。
でも、頑張りましょう^^
私も、いまだに、教えることばかりですv-13

うんうん(*´ー`*)
ぶる~君の、名札を胸に付けてあげる時の様子、とってもよくわかって、笑ってしまいました。
“相手がその言葉をどう感じるか?”と、心に留めながら話すこと、これが出来れば、すごいな♪
息子も、普段は出来ても、あわてたりした時は、自己中心的な会話になります☆
後で反省してますが、か~っとなった時に、自分でクールダウンできると、いいのになって思います(^^)/

火曜日と水曜日

こんばんは、十一月うさぎです。
コメントお返事読みました。

……………。

そういえば、そうですよね。
(水)と書いてありましたので、水曜日放映と思っていましたけど、
16日って、きのう(火)ですよね。

再放送を録画しますね。

ぶる~くんの心配のあまりに出た発言を、微笑ましく読ませていただきました。
とっても、その一年生の生徒を心配する気持ちと
ぶる~くん自身の不安が
表明された発言ですよね。

相手の事を思いやる発言や
場面に応じた発言って、難しいと思います。
大人だって失敗する事もありますからね。

でも、小学生の時に、失敗しても、大人になるまでに、上手く 活用されると良いですよね。]

カズビッチさん

どうもです♪

きっと、そういう部分はずっと持ち続けると思うんだけど、それが“その子のキャラ”と周りの人が受けとめてくれるなら社会的にもOK!なんだろうと思います。

ぶる~の場合は、「どうしてぶる~くんはあんな言い方をするのかな?」と疑問を持ちはじめたお友だちが出てきたので、それが悪いイメージの言葉なら、やっぱりぶる~が気を付けなければならないことだな。。。と。

そうですよね、先は長い!!んで、ゆっくり一歩ずつですよねo(*^ー^*)o

あみあみの母さん

本当に。。。難しいですよね。 そこが『障がい』なんだな。。。とつくづく思います。

そこを認めつつ、周りの人たちとの歩調を無理しない程度に合わせていけたら。。。とは思うんですが、一つ一つに対処してるとホント形を変えながら延々と(^^;  だけど“一つ一つ”であっても、○年後に気づいてみたら、ちゃんと積み上げられてた!っていうこともありますもんね。“人生は学び続けるもの”なのかもしれません~~~

やっぱり、機会がある毎に、伝えていける“チャンスなんだ”と思うのが平和(私にとって 笑)なのかも!? 続くとどうしてもイライラきてしまって。。。(^^;;;
長い目で見ていきたいです!(と、言い聞かせてます、自分に 苦笑 )

りんママさん

私も先生からその話を伺って、場面が目に浮かぶようでした(笑) で、くらくら~っと(^^;
安全ピンを人の服にとめる。。。というのもぶる~にとっては難しいことだと思うんだけど、裁縫で針の怖さや注意すべきことがずっと頭にあるんで、もう不安で仕方なかった様子。
で、周りの人までその世界に巻き込んでいっちゃう。。。

後で反省してくれたら、次につながるからいいですよね!
ヒートアップしていく様子は見ていて過激ながらまだ理解できるんだけど、怒りが引く時は、頭の中で場面が一気に、しかも完全に切り替わってるっていう感じです。ちゃんとクールダウンする過程を踏んで欲しい~(笑)

十一月うさぎさん

おはようございます♪

先日は、本当にごめんなさい。。。日にちと曜日を日常でもよく間違えてしまいます。気を付けないといけませんね。。。m(__)m

>再放送を録画しますね。

ありがとうございます! 

ぶる~、場面への緊張と、不器用なので安全ピンを扱うことと、そして針のようにとがった危険なものっていう思いでどんどんいっちゃいました(苦笑)

相手の心配をするんだけど、相手を不安にさせないっていう配慮は難しい(笑)

私自身、よく失敗するので、ぶる~の気持ちもよくわかったりします(^^;;; “これで大丈夫かな?”って思うと周りが見えなくて(笑) 私のことをよく知ってる人なら「またや~」で済みますが、初めての人だと???って顔されてる時が! その顔を見て、“あ、また失敗したみたい”と気づくところはぶる~よりは大人!?

難しい。。。

ぶる~くん 優しいね~

考えすぎだよ~っていっても本人には真剣な問題なんだろうし・・・
う~~ん難しいね。

でも ゆっくり長い目で見守るしかないんだろうね~

私は多分しゃべれるようになった。で安心し
そうな気がするけど。。。
課題はたくさんあるんだね。。。
よく 覚えておかなくちゃ

ゆずぴー

なんかこういう場面が増えて、お友だちの中には「なんでそんなこと言うんだろう」と感じ出した子もいるようです。
本当にねぇ。。。(苦笑)

話すようになったらなったで、また違った悩みが出てくるかも!(笑)
心の中で“やめてくれ~~~~っ”と叫びつつ、ひたすら笑って時の過ぎるのを待つのは拷問のよう。。。 相手もか!?(苦笑)あまりにも恥ずかしかった時は、後でクレヨンしんちゃんのママのようにグリグリ攻撃するしかないわ(-_-;)
人の気持ちに気付きにくいっていうのは、罪なことかも。。。(泣) 

誰も悪くないのに、いたたまれない場面っていうのが増えます!

難しい事だけど・・・

親が言うより本人がこれから社会で生きて行く上で自分で頭を打ちながら覚えていく事の方がより身に付く気がします。
さぁみを育ててきた経験上そうでした。
息子の場合は明らかに障害者として周りが息子を見てるだろうから、何をしてもギャップがないのかもしれません。
社会で頭を打つ事はその分しっかり身に付き栄養となるから、財産です。
さぁみにはもっともっと頭を打ってほしいと願う母です。

Junkoさん

そうですよね。頭を打った意味だけはきちんと伝えないと違う方向へ行ってしまいそうですが、そこが納得できれば一番理解できる方法だろうな、と思います。
自分だけだと意味を取り違えそうなところが気になるんで、見えにくい場面へのアンテナはしっかり張っておきたいところです。

さぁみさんはとてもしっかりされているなといつも感じているので、「もっともっと」と思われることも何だか不思議です! 私が同じ年の頃は、自分のことしか考えてませんでした(^^; 今、いとこさんのことでも本当に親身になっておられて、本当にその優しさを見習わなければ。。。って思います。 あ、でも出来れば頭は打ちたくない。。。(^^; 私、甘過ぎ?(苦笑)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/765-299033cf

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

06 * 2017/07 * 08

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。