entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/04/15 (土) 14:29

『夜』

10年くらい前の話。。。

二人がまだ幼かった頃、私は夜が大嫌いだった。

絶え間ない育児、疲れが蓄積してるなかでも一番きつい時間。
寝かせつけには普通は2~3時間掛かる。
これを少しでも短く、すんなりと寝付いてもらうためには、興奮させず、でも適度に疲れてもらうことが効果的。

そこで、よくしていたのが夜の散歩。
ぴんくをおんぶ、ぶる~を抱っこして。。。
(私は中学時代から腰痛持ちなのに、二人はどうしてもベビーカーを激しく拒否するため、いつもこのスタイル)
すごい格好なので(抱っこにおんぶ)、知り合いに出くわすと笑われたものだけど。。。(^^; 
道路に降りるのが怖かったのか私にしがみつくので、これが一番平和だった。
外の空気を吸えば気分も変わるのか、ちょっと機嫌も良くなる。
住宅街や公園をゆっくり歩く。
いっつも午前様のダンナがもしかしたら帰ってくるかな?と駅まで歩いてみたり。。。

これを臨床心理の先生にはなしたことがあった。
すると、こんな話をしてくれた。
「お母さん、子どもは夜を怖がるでしょ? あれは大切な感覚なんです。明るい時間は外で遊んだり散歩して楽しんでも、夜はなんかちょっと怖くて、寝る前に不安定になったり。。。でもそれが自然なんですよ。
最近は、夜慣れしている子どもが多いです。幼い頃から夜に出歩いていると、子ども自身も夜への抵抗感が薄れてきます。この感覚で大きくなってしまうと、夜に徘徊することを止めるブレーキが効かなくなるんです。」

そうか。。。
確かに子どもの頃に夜、外に出ることはなかったし、暗くなってくると家路を急いだりしたもんだ。

でも。。。
一度だけ、駅に行ったタイミングでダンナが帰ってきたことがあり、助けて欲しいと思っていた私は当時、そこにすがっていた。
改札から出てくるその姿が、頭の中に写真のように残っていたのだ。
今日また、そうなるかもしれない。。。
そう話す私に、先生はちょっと考え、

「いいです! お母さん、いいですよ、どんどん散歩してください。駅まで迎えにいってみてください。お母さんのすることには全部意味がありますね~」と笑ってくださった。
よくわからなかったけど、きっと自分なりの癒しのプロセスになっていたのだろう。

多分、その後はダンナがそんな時間に帰ってきたことはなかったけれど、気持ちに踏ん切りがつき、夜の散歩はしばらく続いただけで終わった。

子どもと過ごす夜、夜にあふれる自分の思い。
バランスが取れなくて、ゆらゆら傾く時間がずっとずっと続くような気がしたけれど、形を少しずつ変えながら、ちゃんと時は過ぎていく。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

役員で夜間に保護者の家庭を訪問する機会が多くあった。
いつ伺っても子ども一人でお留守番という家庭も多い。

最近はシングル家庭が多いし、仕事があればそうそう早くも帰れない。
ハキハキとドアやインターホン越しに応答してくれる子どもたちにいろいろと感じるものがあった。
毎日、こういう思いで頑張ってる子たちが身近にたくさん居たんだ。
ママたちもなんとか時間をやりくりし、参観や懇談に駆けつけ、また職場に戻り、泊まりの出張をこなす。。。
一方で、子どものことを省みない人も居て、複雑な思い。

様々な環境に生きていて、でも朝になったらみんな学校にやってきて。。。(不登校の子も居るけど) 環境的には受身ながらも、子どもたちの適応し、育っていく力もまた強いんだな、と感じた。


スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

夜のお散歩をする、ろこさんたちの様子が目に浮かびました(^^)/

息子も、夜は大変でしたε=ε=\(*・ ・)/

子どもの成長を改めて振り返って、心がぎゅっとなりました♪
明日からも、笑顔で頑張れそうです~☆

りんママさん

もう今、あれをやれって言われても無理ですね(^^; あやしい親子だったかも。。。

りんくんも大変だったんだ~
いろんなことに過敏で大変だったぶる~も、今は布団に入れば3分で眠るようになりました(笑)
ストーカーのようにどこまでも私に付きまとうこともなくなったし、道路だって一人で歩けるし。
何より、夜中に10回も起こされるようなこともなくなったし!!(*⌒▽⌒*)

うちも長男と次男が小さかった頃
寝かせつけるのに2~3時間、それ以上かかるときもありました。
小さな二人を連れて、夜お散歩したり、電車を見にいったり。。。。
旦那が帰ってこないか、と道路で車を見ていたり(旦那は車通勤でした)
そんな私たちを近所のご主人たちが仕事帰りに見かけたらしく、えらいわね~~とよく言われました。
ただ家にいるのがつらかっただけなんだけど。
なんだか、同じだな~と思いました(笑)

hahanoyumeさん

hahanoyumeさんも長くて眠い夜を過ごしてたんだ。なんか同じ思いをしていた人が居るって嬉しい。。。(*^^*)

寝た!と思っても乳児の頃はせいぜい1~2時間。で、また抱っこして寝かしつけ。。。毎日夜中に、あまりの眠さに私も子どもと一緒に泣いてました(苦笑) 泣いて寝ないで抱っこし続けて。。徹夜で朝を迎えたことも。。。懐かしい(*^^*) 今はこんなの絶対ムリ(笑)

うちも近所のパパたちがダンナに「酒飲むなよ」「暴れたらあかんぞ!」と言ってくれてましたね。。。 夜中にドア蹴ってるのが見つかったのか?(^^; 酒癖悪いダンナです。。。 
私のほうも、「ちょっと遊ばしてもらってもいいかしら?」と、近所の人達が二人の相手をしてくれたんで随分と助けられました。
家にこもらないって大切なのかも。

昼間はそうでもないのに、夜になるほど家の中はツライ。。 外を歩くと、たくさんの家に明かりが灯っていて、話す声が外まで聞えてきたりして。。なんかそういう暖かな雰囲気が好きで、歩きながら他所の団欒で和んでました。←ちょっと不審者? あやしかったな、と今なら思えます(笑) 

でも、

なんだか、感動しちゃいました。
かみさんが仕事に疲れ、言語訓練に疲れ、ヒステリックになってしまった時、おう、ちょっとコンビニで酒のつまみ買ってくるわ、いっしょ、いくかーと、子供達をつれだしたりしたことを思い出しました。
いつも、頑張っているのは、かみさん、いったいわしは、なにをしとるのじゃーと自責の念にかられていましたが、子供が大きくなったら、なんらかのクッションになっていたんだなあと思えてきました。
親は、その時その時で、子供に対して、必要と感じる事をしているんだと思います。それを、誰もとやかくいう筋合いのものでもないのでしょうし、言われたくもありません。
私の子供だから、私が一番、この子にいいと思ってる事をしている・・・、それでいいんじゃあないかなと思います。
むろん、親の冷静な考えの元にですが。

なんだか、感動しちゃいました。
かみさんが仕事に疲れ、言語訓練に疲れ、ヒステリックになってしまった時、おう、ちょっとコンビニで酒のつまみ買ってくるわ、いっしょ、いくかーと、子供達をつれだしたりしたことを思い出しました。

いつも、頑張っているのは、かみさん、いったいわしは、なにをしとるのじゃーと自責の念にかられていましたが、子供が大きくなったら、なんらかのクッションになっていたんだなあと思えてきました。
親は、その時その時で、子供に対して、必要と感じる事をしているんだと思います。それを、誰もとやかくいう筋合いのものでもないのでしょうし、言われたくもありません。
私の子供だから、私が一番、この子にいいと思ってる事をしている・・・、それでいいんじゃあないかなと思います。
むろん、親の冷静な考えの元にですが。

ももんぐぁあさん

“ちょっと買い物”って子どもには嬉しいですよね。私自身大人になった今も覚えていたりします。
そして母親にとっても嬉しい時間。煮詰まった時に、一人でほっと過ごせる時間は貴重です。私も母に子どもを見てもらってる間に、両手を下ろしたり、横になったり、自分のために自分のからだを使えてありがたかったことを覚えています(*^^*) 抱っこしてたら食べられない熱いインスタントラーメンだってその時はご馳走(笑)

この時、この先生が「絶対良くない」って言い切っていたら、また違う方向だったのかもしれません。。。私も意地になって(笑)
いっぱいいっぱいな時に、「こうしたほうがいい」って言われても、考えも、感じ方も、環境も、その時の状態も、ひとりひとり違うから善意も重荷にもなるし、自分なりの道のりじゃないと納得してはたどり着けないような気がします、一生懸命なことほど。。。

今は二人も二人なりに力もついて、家庭内だけで頑張る時期は過ぎたけど、そのなかには親にしか出来なかったこともきっとたくさんあったんだと思いたいです。
この子たちが将来、自分で生きていくために、一つでも困ることを減らしてやろう、持っている力を活かそう、引き出そう、とずっと思い続けながら接していられるのは親である私たちだけですもんね! それこそ疲れたりイライラしながらだって。
(他の人だったら、夜中一時間毎に起こされた時点で噛み付くかも 笑 )

『夜』を考えてみることなんて、二人が居なかったら。。。そして“夜遊びダンナ”が居なかったら、あり得なかったことだと思います。
まだまだいろんな夜が来るんでしょうね(怖) その時その時で、ひとつひとつゆっくり受けとめていきたいものです。

『夜』

「夜」は皆が寝ているとは限らないんですね・・・
ろこさんちのお二人より重度な息子なんですが、ほんとに手が掛かって大変だったと言う記憶がないんです。
たぶん皆無だった訳じゃなくあったんだろうけど、今思い出せません。
夜は二人とも8時にはぐっすりでした。
さぁみも小学生の時でも9時には寝てました。
一度授業で何時に寝ているかと質問があったそうで帰ってくるなり「お母さん、9時に寝てるの私だけやって恥ずかしかったi-282」とさぁみが言って大笑いしたのを覚えています。
今でもよくもまぁそんだけ寝れるねという位寝てますね。
私は寝ることが大好き、それを妨げられるのが大キライ、それを子供達は感じてたのかも。
ろこさんや他の方のお話を聞いてると、わたしってなんの苦労もしてないなぁーって思います。
お気楽すぎで・・・
でも人生どこの時点で苦労するか人それぞれだと思うし、人生が終わるその日までに皆帳尻が合う様になってるのかも・・・
「人生まだまだ途中、これから何があるか分からない、結果を出すのはまだまだ先、今は単なる途中経過なだけ」が我が家の持論。
息子もこれから先すごく手の掛かる日がやってくるのかも・・・

Junkoさん

我が家の二人も現在6年&4年になりましたが9時就寝です(笑) 1~2年前は8時に寝ることも多かったので、いつも笑われてます。(私自身はこのところ夜更かし好き)

検査を受ければどうしても重度だとか指数だとかで表さざるを得ないんですが、普段はあんまり我が子をみてそういうことを感じたりはしないですね。。。福祉上必要なのでそう評価されてしまうのも仕方ないんですが(苦笑)
 
重軽問わず、睡眠障害のお子さんがいらっしゃると、親の生活リズムにも響いてくるのでこれはすごく大変だろうと思います。障害児と暮らしでいろんなことがある中でも、時間の区切りなく眠れない日が続くのは、どこかでなんとかしないと共倒れになりかねないですよね。。。 付き添う親ももちろんだけど、本人も自分が属する活動の場で支障が出て困ることも増えてくるだろうし。。。 例えばてんかんの発作などでも寝入りばなに起こるものや睡眠中に現れるものと様々で、発作後深く眠り込んだりすると、そういうことも含めてリズムを考えていかれるのだろうなと思います。 きっと解決しきれないことも多いのでしょうけど。。。

そうです!(笑)まだまだこれから何が起こるかわかりません。 でも、『子どもと過ごす人生』を、自分で選び取った時点で楽しいことも辛いことももれなく全部付いてくるんですもんね。 願わくば。。。「不公平」って言われるくらい楽しい人生でありたい!と思っていますが。。。(^^)v

同じです

うちは小さいときからなかなか寝ませんでした。
しかし、ひとたび寝るとなかなか起きない。
いまだに、疲れても早く寝るのがいや。
寝ている間に何かいいことがあったら大変だとでも思っているのでしょうか(笑)

娘が小さい頃、住んでいた家は電車の高架に近く、家内は徒歩1分のところにある電車が見えるところによく連れて行っていたようです。電車を見ると機嫌がよくなっていました。
私も連れて行ったことがあります。
深夜12時頃まで走っていたので助かりました(笑)

私は自分の中学時代を考えると、毎晩深夜放送にうつつを抜かしていたので、今となっては、まあいいかなあと思っています。

serayさん

Aちゃん、電車好きですもんね(*⌒▽⌒*)
ぶる~は飛行機好きだったんです。。。そんな時間に飛んでないし。。。(-"-)

ぴんくがそのタイプです。 寝付かないとおもったら今度は起きない。。。そのために朝は30分早く目覚まし掛けて、徐々に目覚めるようにしてたんですが、この頃は“なんとか時間通りにセットできるかな~?”というとこまできました(笑)

ぶる~は眠りが浅くて、細切れにしか眠れなかったんですが、今はいい寝入り方してます(笑) お年寄りのような早寝早起きぶり。「家族のために、せめて5時までは布団にいなさい」と伝えています(^^;

私は子ども時代は朝型。オールナイトニッポンを聞くのが夢でした。チャラッチャ~ン チャッチャララ~♪と始まると“やった今日こそ聞ける!”と思うのに、安心したら寝てしまって。。。ヤンタンですら最後まで聞けない。。。だから、タイマーをセットして寝ながら聞いてました。朝にはまったく内容覚えてなくて無意味でした。当時よく雑誌の広告にのっていた“睡眠学習”っていうのは大嘘だと子どもながらに思ってました~

大変だったのですね。

こんばんは、十一月うさぎです。
夜、泣き止まない子供を 母親が連れて、あやす姿を、実際 近所で見た事がります。

その家の夫婦喧嘩は、ものすごくて 怒鳴りあう声が 近隣まで聞こえてくる家でした。
母親がよく泣きながら、泣いている子供を連れて、外をさまよい歩くので、一度だけ、我が家に上がってもらった事がありましたね。

しばらくして、離婚したらしく 奥様と子供の姿を全く見なくなりました。
その見なくなる数日前に、私にお礼だと言って、和菓子を持ってきました。

その子供が、健常児だったのか、障碍児だったのか、今となってはわからないけど、
夜の散歩は、心を落ち着かせる為には、必要な事なのでしょうね。

十一月うさぎさん

こんにちは、その後体調のほうはいかがですか?
やっとお食事を取られたとのこと。。。まだまだご無理されず、お体休めてくださいね。

ご近所でもお見かけしたことがおありなんですね。
そして、
>我が家に上がってもらった事がありましたね。

感動しました。うさぎさん、大好き!!!です。
子どもが生まれてすぐの頃は、健常のお子さんであっても母親にはしんどい時期ですもんね。。。 そしてすごく孤独な時期でもあります。
そこを父親が受けとめてくれるなら、赤ちゃんの成長とともに、母親もどんどんと乗り越えていけるんですが、生まれた時からすごく気質的に難しい子も居て、そうなると追い詰められてしまうことが。
見知らぬ人であっても、そこで足を止め、声を掛けてくださって、あたたかい気持ちに触れさせていただけるだけで随分と気持ちが違ったのを覚えています。
だから、なんだか自分のことのように嬉しくなってしまいました(*^^*)
ゆとりができてきた今、私もそうできる人になりたいな。。。って思います。

私の友人でも、離婚されてる人が増えてます。
やっぱり障碍を持つお子さんがいらっしゃる家庭のほうが多いですね。
ちょっと工夫の要る育児に加え、そこに親自身の鬱や祖父母の介護など、同時にいろんな問題が絡んでくると、酒や異性や賭け事(。。。その為に借金も)などにのめり込んで現実逃避される人が出てくるように感じます(どちらかといえば。。。なんですが父親のほうが多い気がします)。

どちらか一人が逃げてしまうと、もう一人の負担はものすごいものになってしまいますもんね。。。
そんなご主人の一人が、中学時代の同級生だったんですが、当時は“とても真面目で勉強もスポーツもできるハキハキした子”という印象だったのに、借金を重ね、次々と女の子に手を出すような人になっていて。。。 ここまで変わってしまうんだ、とショックでした。
今は離婚して、その奥さんのほうと私はずっと付き合いがあります。

突然お邪魔します。。。

始めまして、ろこさん。
すてらと申します。
てんかんについて色々調べていて、こちらにたどり着きました。
『ぴんくをおんぶ、ぶる~を抱っこして。。。 』を読んで、我が家の三つ児が赤ちゃんだった頃、私も後ろにおんぶ、両手に抱っこで、腕はしびれ、腰はガクガク、睡眠不足で意識は朦朧・・・、な日々を思い出しました。
でも、子供達の日々の成長を励みに4年経ち思うことは、子供だと思っていても親と子のレールは同じではなく、最初は重なっているけれど、日々、徐々に離れて行き気がつけは、後ろに居たはずの子供機関車が隣を走っていて、その内先に走って行ってしまうんだろうなぁ。その時に、私は“私の人生”を生きていられる様に頑張らなきゃ!
何だか、勝手につらつらと済みませんでした。
焼肉食べ放題のお話も最高でした。我が家も今度トライしてみます。



すてらさん はじめまして!

お越しいただいて、とっても嬉しいです(*^^*)

すてらさんのところは三つ児さんたちなのですね。友人に双子のママが居て、「二人と入浴してる時、ふらふらになって、どっちかの赤ちゃんをお湯に落としてしまったのに目の前が真っ暗で見えなくて、“どこ? どこ??”と必死に探しながら(まだ幼い双子の)お兄ちゃんを呼んで助けてもらったわ。」と話されてました。夜中も交代で起こされるので眠れないし、その時期のお母さんは本当に大変ですよね。。。
全てが同時に人数分。。。 どう頑張っても手が足りない(^^;

そうなんです!ずっと一緒に蜜月時代を過ごしてきた子とも達も、やっぱり別の人格で、だんだん違う道を進んでいくんだなって感じるようになってきました。そして。。。少し追い抜かれたような気も(^^; そろそろ少し下がった位置で見送る時期になってきたようです。

焼肉、ハマってしまって。。。 その後、もう一度行かされてしまいました。
二度目のクレープはすっかり上手になっていました。
「好きこそ物の上手なれ」ってホントです(笑)

また来てくださいね(*⌒▽⌒*)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/730-7909e25c

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

06 * 2017/07 * 08

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。