entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/11/17 (木) 08:39

“感覚”に思うこと

きっかけ

ぶる~は生後すぐから音や刺激に敏感だった。
ごくわずかな音や声のトーン、沐浴、ベビーカーや寝床・洋服の感触、見慣れない物やにぎやかな色、光、におい、眠りの浅さ、新しい味への拒否。。。
一つひとつに激しく反応し、大泣きする。
その強い刺激となっているものを取り除いていかないと、私は一日中なにもできなかった。
ぴんくは幼児期から感覚遊びに没頭。
のりや粘土・砂・水を触りだすと止まらないし、髪の毛を触るのも大好きだった。
それをこちらから中断すると激しいパニックとなった。
音やにおいに敏感で、大きく反応し、理由がわからないと不安なのに、
一方で名前を呼ばれても気づかないことも多かった(音などへの注意の向け方)。
過敏さとしては、爪きり後の指先の感覚に痛みや違和感を持ったり、
対比の強い色彩に泣き出したこともあった気がする。

感覚

触覚・視覚・聴覚・嗅覚・味覚。。。
それぞれの過敏さ、鈍さ。
我が子とはいえ、その全てを理解はできない。
さらにその後、知ったのは前庭感覚と固有感覚という言葉。
前庭感覚はバランスで、体の動き・姿勢・視野・バランス・体の左右の調整にかかわり、
固有感覚は体の知覚で、筋肉や関節が情報を送って動いたり座ったり物を持ったりバランスをとる助けをしているそうだ。
日常生活やスポーツでのぎこちなさや不器用さはこの辺りからきているのかなと思う。

どうする?

後からわかったこととはいえ、
感覚的な問題からくることは“こういうふうに変えていこう”と思っても無理がある。
受け入れられる点はそのまま認め、
社会的に問題がある点は他の物での代用したりやり方を工夫できないかを
考えてみないと大混乱、そして大変なことになった。
ただ、10年子どもと付き合ってきて、
その過敏性がずっとそのままの形で必ずしも残るわけではないような気がしている。

ぶる~の睡眠の問題は自然と改善しているし、
「バナナはダメ」を認めることで他の食べ物は頑張ってみたり。
自分が困ってくる出来事に対しては知識として自分で工夫できるようになりつつある。

ぴんくの髪への執着は“自分や私の髪をアレンジする遊び”として残したことで
お友達の髪に執着することはなくなった。
爪きりは自分でするようになり「白いところだけ切る」と教え、それ以上は痛くなることを知らせている。
名前に反応しないのは“音”としてなのか経験からくるのかわからないけど、
不快なトーンで名前は呼ばないようにしたり(激しい、怒った、高音・低音すぎる)、
正面から(視覚から)呼びかけていくうちに反応するようになり、今では飛んでくる。

見えにくいし個人差がとても大きくわかりにくいのに
子どもたちにとっては大きな問題。。。

なのに。。。!

昨日、「のりを触りたくない」と言ったぶる~、
それが感覚過敏からくるものなのか、ただ手を洗うのが面倒だからなのか考えてしまった(^^;
わからないけど後者のような気がする。。。(笑)
■TBさせていただきました

感覚の問題は深いですね。

こだわりについて、否定するよりうまく別の形に変えてあげるというのは、いいですね。

sc-tokoro (2005-11-18 22:28:10)
■あるある探検隊♪

うなずきながら、読ませてもらいました(*´ー`*)☆
ろこさんの「受け入れられる点はそのまま認め、社会的に問題がある点は他の物での代用したりやり方を工夫できないか」という考えに、忘れがちな大切なものを感じて、ドキッとしました。
鋭い洞察力と、優しい眼差しを感じます。゜♪.ヽ(´▽`)ノ:*:'゜

りんママ (2005-11-19 07:08:59)
■sc-tokoro さん

私も変なとこがあるんですよ。
私は(黒板キィーッ以上に)鉄のフライパンをペーパーで擦る音とか美容院でドライヤーされるのが苦手なんですが、少数派で理解されません(笑)
フライパンは何とでも出来るけど、美容院では変に思われそうなので伝えてみたら「珍しいですね~」と笑って工夫しながら手早く済ませてくれるように!

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-19 10:06:24)
■りんママ さん

やっぱりありましたか?(笑)
もう最初は一緒に混乱するばかり。。。
一緒に睡眠不足になって頭が思考停止となり、大変な状態に!
PINKが一時、抜毛症になって、それが難しい課題をする時や手持ち無沙汰な時に集中してたんで、手に輪ゴムを持たせてみると髪を抜く間隔が開いてきて今は殆どしなくなってます。

平日はお留守と知りながら。。。
毎日、和みに伺わせてもらってます(*^^*)

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-19 10:14:58)
■初めまして

私の弟は重度の知的障害と、ちょっとでありますが自閉症をもっています。
もうすぐ24になる弟ですが・・・過敏症の話からは少しずれるかもしれませんが、こだわりというものは、ずっとは続かないですよね。
執着した時はひどいですけれど・・・。
一時脱走癖がついた時は、車にひかれて死んだとしてもどうしようもない・・・と家族共々思ったものです。
今は一人では何処も行かなくなりましたが。
音もありました。
大きな声や、音を聞くと、泣いてみたり・・・。
きっと、ろこさんのお子様たちも一時的なものではあると思いますが・・・。
本人たちにとっては重要な問題なのでしょうね。
暖かく見守ってあげて下さいませ(*^-^*)

迦音 (2005-11-19 13:43:25)
■はじめまして!

お姉さんのお立場ということで、親の私達よりも幼いころからいろんな体験をされてこられたのですね。
一人で外へ出ていってしまうと心配でこちらも生きた心地がしないです。それが頻繁に起これば、万が一のことを意識してしまうのもわかるような気もします。
でも、たくさんのことを乗り越えてこられた迦音さんのお話に、私も明るい気持ちになれます(*^^*) 
まだまだわからないこともいっぱいあるけど、大変なこともいつか終わりがくると思えば頑張れそうな気が! どうもありがとうございます。


ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-19 20:37:09)
■感覚過敏

HPにも書いておりますが、私にも感覚過敏があり、
この点についてだけは唯一、優夢を認め理解できる
点なのです・・・

それでも、育てていく中で、優夢の感覚の違いには
本当に困惑し、大変な思いを数々経験してきました。

本当に難しく奥が深い点ですが、確かにこれはもう
仕方がないと思える部分は受け入れ、社会的に非常に
問題がある部分は、なんとか別の方法を何度も何ヶ月も
いろいろと試してきました。

一生同じ状態が続くわけでもないと知ったことは、
本当に救いになりましたが、その真っ只中にいる
時には、これが一生続くと感じて絶望したこともありました。

そうではないということを知ることも、とても希望と
助けになりますね!(^^)

pandora (2005-11-20 19:05:50)
■pandoraさんも

感覚過敏をお持ちなんですね。感覚、なかなか理解されにくいですよね。。。つい無理をしたり、させてしまったり。。。
その時の気持ちや体調、気候なんかも影響しますよね。。。

今はたくさんの人達がそんな思いを語って下さってるので、私もやっと“そうなんだ。。。”って少しずつ知ることができてきます。自分が持ってる似た感覚にも気づいてきました。そして、思った以上にそういう方が多いですよね。心強い思いでいます。新しいことが出てくればまた困ることもあるだろうけど、なんとかなりそうな気がします(笑)



ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-20 20:09:13)
■難しいな・・・と

こんにちは。

感覚過敏・・・息子は幼い頃から音にについては大変でした。

親の方がそれに気づいて配慮が少しずつ出来るようになったのも最近かもしれません。

また、年齢と共に少しずつ改善される面もあるかなと感じます。
しかし、我が家の場合は、痛みに鈍い、という反面もあり、そちらも厄介です。

上手くそれらと付き合いながらの毎日です。

そういう息子から発見、体験できる育児もあるので今少しずつ落ち着いて息子と接することが出来るようになったかな、という感じでしょうか。

sh-chia (2005-11-23 05:08:28)
■sh-chiaさん

おはようございます。

痛みの鈍さ、兄の方に感じたことがあります。例えばイボの治療で液体窒素を使って焼いたとき、初回は二人とも平気だったのですが、2度目はヤケドの痛さを知った妹は泣き叫んで拒否、兄はビクリともせず、おかげで先生からは誉められてましたが感じ方が違うんじゃないかな~と。
その後骨折した時も落ち着いていたので周囲は皆“痛みに鈍いんだ”って思ったんですが、後から本人が語るところによると「あれが人生最大の痛みやった」だそうです(^^; 伝え方や表現も人と違うので困ってしまいますね。。。 本当に傍からはわかりにくいですね。

痛みに鈍いのは一番大変かもしれません。こちらからは内科的なことだと気づきませんよね。。。

我が家も少しずつ見えてきたっていうところです(*^^*)

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-23 09:36:30)
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/67-8de9c7ee

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

06 * 2017/07 * 08

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。