entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/02/22 (水) 23:11

養級&スクールカウンセラーとの面談

昨日は、面談が二つ。


まずは養級の教室で、養担と面談。
いつものようにお菓子などをつまみながら。。。
これだけでぐんと楽しい雰囲気に(笑)
校長先生も今日の面談を気に掛けてくれていたそうだが、
風邪でお休みとのことだった。

振り返ったら、一年前のぴんくはまだ会話が難しく、
答えを引き出し易い形での質問や話しかけをしてきた。
答えの手掛かりになるものを提示したりもしていた。
今は、そういう配慮がなくてもかなりやり取りが出来るようになっている。
自分の課題も理解し、時にはしなくても良い普通学級のお友達の課題まで周りを見ながらこなすこともあるそうだ。
『私はこれをするんだ』という思いを強く感じる。
手伝われることにも拒否感を持つことが増えつつある。

ぶる~は一番苦手な対人関係のみが課題となってきた。
今年は先生との信頼関係がしっかり築けたので、『困ったことを相談する』ことが自主的にできるようになった。
自分の中でこだわってしまう部分、嫌だったこと、苦手で戸惑うこと、辛いこと、そういったことを自分から先生に伝えにいくようになった。
普段、飄々としていて困っているのかそうじゃないのかわかりにくいだけに、自分から発信できるのは大きい。


その後はスクールカウンセラーの先生との面談。
今、特に困ったことはないけれど、養級の先生が顔合わせをしてくださったので、ちょくちょくお話させていただいている。

ぶる~は時々、この先生がいらっしゃる日にその教室を訪れ、将棋の相手をしてもらったりしているそうだ。
そして、先生の方も教室に立ち寄ってくださっている。
その時見る様子では、ぶる~もぴんくも穏やかで楽しそうに過ごしているそうだ。
「ぶる~くんのことを、もしかしたら“変だ”って思う子も居るかもしれないですけど、私はぶる~くんと話すのが楽しいし、他にもそういう人も多いんじゃないですか? 人間関係ってそういうものかなって思います。嫌な人も居るかもしれないけど、気の合う人とやっていけて、困ったことを誰かに伝えられればやっていけると思います。」
「ぴんくちゃんもいいキャラですよね。お二人ともいい持ち味で、何も問題は感じません。」

なんとかいい調子でやってるんだな。。。

大人になっても難しい人間関係。
話していく中でやっぱり感じるのが人との“距離感の保ち方”。
ここを上手く調節できれば、二人もそれなりに切り抜けてやっていけるかもしれない。
私が二人を授かってから感じるのは、“障害児を抱える私”に、あまりに極端な人は近づいてこない。
知らずに近づいてしまっても(苦笑)、知れば勝手に離れていく。
それだけで人間関係の一番わずらわしいところからは救われている気もする。
しんどい人との離れ方って難しい。

私はもともと障害に対して偏見も持っていたし、理解もなかった。
だから逆の立場ならそういう出会いはなんとなく避けていた方だろうと感じている。
それだけに、普通に歩み寄ってくる人にはありがたさと不思議さとカルチャーショックを感じた。
そして、そういう人の存在のおかげで障害に対しても「そんなもんなんだ」と思えるようになってきた。
来るもの拒まず、去るもの追わず。。。普通に、自然に。
そんな、のらくらした私をひょっとしたらぶる~は参考にしてるかもしれない、と。
きっと我が家の人間関係(笑)からも学んだことも多いのだろう。
ぴんくの方は、力不足だし人好き!ということもあって、まだ割り切れないだろうけど、一人でもいいし、たくさんでもいいし。。
自分のラクな過ごし方を探っていって欲しい。


で、どちらの先生も「もうホントにゆっくり休んでください。」って言ってくれたので、ゆっくり。。。(笑)
久々に予定のない一日だから、大好きな“ぼーっ”を楽しむ日に。
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

子ども会の次期会長の人から相談を受けた。
もうそんな時期なんだ。。。

うちの子ども会は5年生が役員を受けることになっていて(足りなければ下の学年から繰り上がる)、新5年生は7人。
安泰だろうと思っていたら。。。
7人のうち4人が
「会長にあたるなら脱会します。」
「役は受けられません」という事態に。
うちの自治会&子ども会&老人会は結構ハードだ。
子ども会も学校の役員よりはるかにしんどい。

とはいえ、それってスゴいかも。。。
いつまで経っても膠着状態に居たたまれなくなり、
その人は
「私が会長します」
って言ってしまったらしい。
魔が差したようだ(笑)
で「眠れんかった~」と嘆いておられた。

そういえば私も決まった当日は眠れなかった。
この地域の役に当たった人は100%眠れない夜を経験する(^^;
それくらい忙しいので協力してもらえないと大変かもしれない。。。
自治会との合同行事も多いから、経験者や年配者からかなり口出しされる(爆)
そういえば、お天気のことで地域のお年寄りに泣き出されそうになったこともあったなぁ。。。

でも。。。その場に来て「役にあたったら脱会」っていうのが衝撃的。
しかも4人も。。。(^^;
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

心配してたんですよ。

こんばんは、十一月うさぎです。
お元気そうで良かったです。
心配してたんですよ。
自分を追い込んでいるのでは?と思っていましたから。

>私はもともと障害に対して偏見も持っていたし、理解もなかった。
>だから逆の立場ならそういう出会いはなんとなく避けていた方だろうと感じている。

…ろこさんの とっても素直な気持ちが表現されてますよね。
世の中、同様な考えを持っている人、多いと思います。

だからこそ、そういう考えを持っている人に理解してもらうのは 困難を極めると思います。

健常者でも難しい人間関係。
ゆっくり ゆっくり 休んで下さいね、ろこさん。

ろこさん、どうもです。対人関係・・・私も息子に強く望むところですが・・・なかなか言葉がけだけでは、よくならない。
来るもの拒まず、去るもの追わず・・・人生においては、根の部分だと思います。私も会社の後輩には、よく使う言葉です。あとは、他人の為に汗をかく。
 ろこさん、ゆっくり一歩一歩ですぞ。

十一月うさぎさん

ごめんなさいっ!(笑)
愚痴を言ってる時は、大抵大変なことが過ぎた後です。。。(^^;
疲れやすいんですが、めげない方かもしれません。
ご心配いただいて本当にありがとうございました(*⌒▽⌒*)

私が小学生の頃、学校に養級在籍の子も数人居て、その子と相性が悪かったんです。
「手伝って当然」という態度にムッときて。。。
で、他の外見上わかる障害を持った子は、ご家族がピリピリされていて、横を通るだけでも「この子のこと、見んといてちょうだい!」と怒られてしまう。。。決してそんなつもりはなくても。
少ない出会いの中から、接触は負担と思うようになって、いつしか偏った気持ちを持つようになってました。

今は「守りたい!」っていう親の気持ちもよくわかるし、卑屈にならず強く真っ直ぐ育ってほしい。。。っていう思いからの姿もあったかもしれないと感じます。

いつも感じるんだけど、子どもってキツイこと言ってきたりするけど、そういう子って一旦離れてもまた戻ってきたりするような気がします。
基本的に根っこは人間大好き!で、なんとかしてあげたいっていう思いが強まって、だんだん腹も立ってきてプイッて離れる。。。なのに、気がつけばまた寄り添ってくれている。。。
そんな子を見ていると、人間としてすごい!って思います。

一方で、嫌悪感を持つ人の存在も仕方ないかな。。。と。
ただ、それをこちらに露骨に向けてこられれば黙ってませんが、住み分けている分には平和かな。

ゆっくりできるとほっとします。
今日はなんだか気分にゆとりがあったんで、二人と結構喋ってました(笑)
TVチャンピオンのミニブタしつけ王で盛り上がっていた我が家です(^^)v

カズビッチさん

どうもです♪
対人関係は相手もあるから頑張れる限界がありますよね。。。
今、二人が穏やかで過ごせているのは、周りの子も安定しているっていうところが大きいんだと思います。
保護者の方もいい雰囲気なので、自然と子どもたちも許容範囲が広いというか、ゆとりがあります。
今の世の中では恵まれている方ですよね。

他人の為に汗をかく・・・もいいですね。
二人がこの意味をわかれば、人間としてはもうほとんどOKのような気がします(*^^*)

もともとゆっくりのんびりが好きなのに、子どものこととなれば、ブレーキ効かない時がありますよね(^^;
もう大きな行事もないし、家庭内も一段落なので、のんびりモードに突入します。

わかりあえない

ろこさんのところに書き込もうとすればするほど、中途半端なことを書いちゃいけないと思ってしまって、消して立ち去っています。
何を言っても力にはなれないような気がして・・・。
ごめんなさいね。

ひとは根本的に“わかりあえない”のかなぁ。
「来るもの拒まず、去るもの追わず」基本的にはそうですよね。私のブログもそういう方針でやってます、とコメント欄に書いたことがあります。
実際の社会でもそれが一番過ごしやすいのかもしれませんね。
それを理解して(あ、別に理解できなくてもいいか・・笑)、こどもたちが実践できればいいのですけれど。

serayさん

申し訳ないほど嬉しいです(*^^*)
私なんていつでもどこでも誰にでも、まとまらないコメントしか書けなくて(苦笑)、書きかけてはやめることばかり。。。

いえいえ、いつもほっ。。とさせていただて感謝です!
主語とか時系列とか必要なことがボロボロ抜けてる文章を読んでいただけで嬉しいです。
自分で読み返して“こんなはずでは。。。”と思うことがよくあります。

親になってやっと気付いたけど、ほとんどの人は『障害』のことを特別気にしたりされませんよね。。。
私も極端な人になってしまうとこだったのかもしれない。。。(-_-;)
で、私が“この人絶対無理だ”オーラを感じる人は向こうもそのようで、“去る者”以前に、“来る者”にもならないんで構えたり無理せずに居られます。
知り合いには宗教に勧誘(笑)された人も居たりしますが、私はそんな経験もなく助かってます。

ぶる~は孤立好き、ぴんくは群れ好きで、人との関係を形で捉えてしまうとちょっとむずかしいところだけど、こだわりにさえならなければいいかな。。。?
きっちりかっちりと捉えてしまう枠に、多少でも融通が効くようになったら本人たちもラクになれるだろうな、と思ってます。。希望(笑)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/614-dd4ea367

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

08 * 2017/09 * 10

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。