entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/01/27 (金) 08:58

子どもの下校

子どもの下校時の安全確保のための取り組みがPTA総会で決定した。
先日、その取り組みが試験的に行われたのだが、かなり疑問が。

保護者たちは、下校前に学校に集合。
(その日の下校時刻によって、保護者の担当を分ける。)
     ↓
そして、それぞれ決められた地区の子を送っていく。
     ↓
送った後、その地区を巡回。
     ↓
異常がなければ再び学校へ戻り、意見交換。
     ↓
さらに、高学年の下校スタート。
(この日は、低学年担当とは分けられていたが、
連続で。。というのもあり得そうだ。)



私はてっきり、自分の子どもの地区へ付き添い、
我が子と共に自宅に戻るのだと思っていた。

だが割り振りはその日に決められ、我が子とは帰ることができない。
そして、先の取り組みでは、たくさんの子どもが居る方向へ付き添っていくことになるので、途中で一人になってしまう子が出てくる。
さらに、保護者が家を長時間空けることになるので、
鍵を持たせるか、家の前で1時間近く待っていることになる。

その日、動員で参加しなければならなかった人の話を聞けば、まだ低学年の我が子に鍵を持たせ(その為に、その日ご主人は鍵を持たずに出勤)、たまたま我が子の地域に割り当てられたはいいけれど、最後、自分の子だけが違う方向へ進む時には、そこで我が子を見送り、他の子どもたちに付き添うわなければならなかったそうだ。
そして、その子は自分で鍵を開けて家に入り、親がその当番を終えて戻るまで一人で過ごしていたのだ。

この取り組みの決定前に、総会でそんな意見も出たのだが、「承認多数」ということであっさりと決まってしまった。
その、承認した人たちは本当に皆、参加していたんだろうか。。。

こういう取り組みをするのなら、そして保護者への強制ならば、最後の一人が家の中に入るまで見届けるべきと思う。
その為には保護者の大部分が参加するしかないが、いろんな事情があるし、現実として不可能だろう。
地区で分けるにしても、自分の子を一人放置しておいてまですべきじゃないと思う。
それが出来ないのなら、「親が自分の子に責任を持つ」ことが一番いい。
今まで安全に下校できていた子を、かえって危険にさらすようなこの取り組みにどうしても納得できない。
最後まで守られる子と、途中で切り捨てられる子ができてしまうのも無責任すぎる。

春から本格的にスタート。。。だそうだ。
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

おかしいね

ろこさんのおっしゃるとおり、おかしなシステムですね。
他の子の安全を確保するために、自分の子のリスクを増大させるなど、ありえません。
協力する親は、まず我が子の安全が100%確保されることを保証されるべきでしょう。
それをおざなりにするとは、その学校のPTA役員はよほどのアホなのか、考えることを放棄した怠慢なのかのどちらかです。
(あ、暴言でした・・・失礼)

今後、改善されるでしょうが、いくらでも方法はあるはず。
心配は尽きませんねぇ。
頑張って下さいね。

serayさん

総会に出なかった私も無責任だけれど、これはどうかしてますよね。。。
実際に一人きりで帰宅し、鍵で家に入った子が居たことをしっかり考えていかないと、隙だらけのシステムです。
帰宅時に家を空けるって、健常のお子さんでも危ないと思うのだけど。。。

役員の仕事って、対外的に「こういう活動に取り組んでます!」って言うことの方が大事なんじゃないかと。。。
。。。私も暴言(笑)
春から。。。ということで、詳細を詰めていく時間もないんじゃないかな。
統廃合でもそうだけど、一部の人にはものすごい負担が掛かってますね、役員の仕事。

あぁ。。。困ってしまいます。
顰蹙かっても、我が子を守っていきたいです。

それは・・・

やっぱりおかしいよね~

分団ごとの保護者が責任をもって・・・って形でいいのにね~

我が子と帰れない??はぁ??(まじゃ風に・・・)sarayさんじゃないけど考える事を放棄してるとしか思えない^^;

とりあえず様子を見て・・・って感じかもしれないけどね。。。
早く改善してもらいたいyp(ってまだ始まってないのね@@;)

柚ピー

最初は「子どもたちの登下校の見守りを。。。」って聞いた時、“これからはそういう取り組みも必要だろうな”って思ったんだけど、思ってたのとは全然違ったわ(苦笑)
まずは我が子だよね。
低学年の時は登下校とも毎日見守って、同じ方向の子は自然と一緒に見守ってきたけれど、あくまでも“同じ方向”だからできること。
家に入れないと二人ともパニックかも。。。
(過去にどちらも経験アリ)

“賛成多数”っていうのも不思議で。
今までも皆、鍵を持たせてたのかな。。。
大人でも、家に入る瞬間って危ないよね。
変な人が付いてきた時は、家の前をやりすごしたり。。って子どもには出来ないと思う。

夜の役員会だって、うちの場合は大変だったわ。
連日、夜、子どもに留守番させての役員活動が当たり前だったけど、あまり疑問に思う人は居なかった。
学校だけど、大人優先。

あぁ。。。我が家はいっつも少数派!(笑)
もうほとんど愚痴だわ~e-270

えぇ~っ!!」

納得できないですよね~!!
人の子の心配するより自分の子の心配するっちゅうに((´д`υ))
PTAの役員だけで実践したらよかったのに。。
どんだけアホな事ゆってるかわかるかも(Θ_Θ;)笑★


うちのお母さんがブログ始めたんですよ~☆
弟のこととか語ってますんでよかったら見に行ってやってください(*´∀`人)
URLのとこにのっけときますね♪

さぁみさん

無理ある!って思うのに。。。
もう付いていけない~
総会で反対した役員の人も、結局“動員”って形で参加させられてたし(おまけにその人のお子さんが鍵を持って一人で帰宅したのよ)。

え~~!!すごい!!
さぁみさんご一家は私の憧れ!
ぜひ伺わせてください(*^^*)

うちの母はケータイもパソコンも触ったことすらないよ(^^;
使い慣れたら便利だと思うんだけどな~

こちらも今日、PTAで

下校について話し合ったわ。。
去年の春~夏に不審者が続出(ほとんど誘拐されかけた子も)でたので
ず~っと集団下校なんだけど、学校から先生の負担が大きいから
「学年別登録制グループ下校」という提案が。
親がつくかどうかは任意で、結局のところ何かあったときの責任があるので
集団下校をやめっぱなしにできないってことなんだろうなと思う。

そこで各家庭にあわせた下校ができないのかと、PTAからは逆提案になりました。
どうして一律に!という発想からしかスタートできないんでしょうね?

今日は委員会のメンバーしかいなかったのですが、その10人ちょいでも
意見が違うのに、どうして同じ方法で統一しなくてはならないのか?と
幹事さんが教頭に言うと、校長でないと答えられない(苦笑)ということでしたが。


ろこちゃんのところはまさに本末転倒!
逆に家に入れない子に何かあったら、どう責任を取ってくれるのか?と聞いてみたいですよね。

基本的に自分の子どもの安全は一歩学校を出たら各自の責任ですよね。
人任せ、誰かの負担でなくて。。
その大前提があってこそ、他所の子まで見れるのに。
レスキュー隊員さんだって、わが身を守ることが第一。わが身守れず人を助けられないというのが基本だって言うのに。

試験運用中に大ブーイングが起きて、見直しになることを願ってます。
おかしいと思う人は多いはず。

しれちゃん

どこも今は大変。。。
変な人が多すぎて。

でも誘拐されそうになったって大変なことがあったんだね。
そういう怖い思いは残ってしまうかもしれない。。。

そうだ、一律にっていう発想に無理があったんだ!
その形や選択肢を決めていく段階はちょっと手間隙かかるかもしれないけど、動き始めた後を思ったら、今からきめ細かく考えておかないと歪みがでてくるよね。

それにしても、その教頭。。。
居る意味ないし(笑)
校長しか答えられないなら、最初から校長が来るべきだわ。
そんなに何度も何度も集まる時間がもったいない~

今のところ、私のような意見は少数派。。。というより既に総会で却下されてます(爆)
深く考えてる人、居ないのかも?

ただ、役員としては、そんなことに時間を取られたくないからOK! だったのかもしれない。
いざPTA会員総出で取り組み始めたら、またこういう意見が出てくるかもしれない。

もうその総会での話しを聞いて、子どもも少数派だけど、私も少数派!?と思えてきたわ(^^;

正しいものは正しい

みなさんの意見、ろこさんの経緯を読ませていただいて、さらに意を強くしました。

“正しいものは正しい”

少数派でいいじゃん。そんな役が回ってくるくらいなら、拒否して我が子を迎えに行った方がよっぽどまし。
私なら・・・
「何曜日と何曜日は、うちの子を迎えに行きますので、同じ方向のお子さんはお連れしてもいいですよ」
と、親切ごかしに言ってやるけどなあ・・・でも、迎えに行くのは家内だけど(笑)

あまりにも腹が立ったので2回も書き込んじゃいました。お許し下さい。

serayさん

最初、すごく納得できなくて、おかしいんじゃないかと思って、でも賛成多数で、反対した人が浮いていた。。。と聞くにつけ、だんだん考え込んでしまいました。

みんながすんなりOKのところを反対するのは、どこが違うんだろ。。。と。
我が子かわいさの傲慢?とも考えたけど、どんなしっかりした子だって、危険なことには変わりないからやっぱり賛成多数の意味がわからない。。。

で、ここに書いてみて、皆さんのご意見が聞けて、自分でもっとしっかりと考え方の方向性が出てきました。

少数派になってみて思ったのは、同じ意見、気持ちの人が居てくれた時の心強さ。
いろんな事柄に、回り道してやっとたどりつく我が子達の思い、わかるような気がしてます。

朝から心強い思い!!!
今日は楽しい気持ちで子どもたちと出かけてきます(*^^*)

多数決は仕方ないけど

ちゃんと議論してほしいですね。
これなら、各家庭で責任を持つほうがいいのでは?

ご存知かもしれませんが、こんな記事を見つけましたhttp://www.nhk.or.jp/toyama/event/170710heart.htm

sc-tokoroさん

少数派には怖い多数決!(笑)
今回は実感。。。(^^;
春に役員編成が変わるので、その時に今よりももっと具体的に考える機会があってほしいです。

これ、知りませんでした!
すごいフォーラムですね。
じっくり読んでみたいです(*^^*)

どうもありがとうございます!!

私も・・・ヾ(´▽`)ノ"

ろこさんと同じ気持ちです(*´ー`*)☆
「親が自分の子に責任を持つ」というのは、とても大切だと思います。
子どもは、いつもと違って、家に誰もいないと不安になったり、寂しい想いをすることもあります。
家庭の事情もあります(*´ー`*)
優しい気付きをありがとうございます。

りんママさん

そうだよね~~~
大きく見えてもまだ小学生。
大人からはちょっとしたことと思えても、不安で仕方ない子も居るよね。

私、昨年度は役員の当たり年で(学校は選管の副委員長、自治会は副会長、子ども会は会長、その他。。)、その時にどうしても昼夜共に家を空けることばかり、更にぶる~の入院騒動まであって、結果、ぴんくが抜毛症となりました。。。
家族の一番弱いところに出てしまうんだって、後悔してもしきれない思いが今もあります。。。
もう二度と人のために我が子にこんな思いさせたくない。。。(/_-。)

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/588-6e6ebf1a

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。