entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/10/31 (月) 23:16

ぶる~のトラブル

学校から電話をいただいた。

養級の先生からだ。
「ぶる~さんからなにかお話を聞いていますか?」と。
「いいえ。。。?」

先週のこと。。。
ぶる~が友だちと一緒に火・水・木曜日と学校の裏にいる犬に石を投げ、
その飼い主の方が学校に知らせてくださり、校長先生が対応してくださった。
翌日改めてその方のお宅へお詫びに行き、事件としては一件落着とのこと。
そして、その話を『家の人に伝えること』が宿題となっていた。。。これが金曜日。

今日、電話があるまでまったく知らなかった。
ショックだった。
いくつもの、重い内容が合わさってる。

電話中に帰ってきたぶる~、
すぐに察して「脅かされてるねん。。。」など言っている。
「もう解決していることなので、ゆっくり話を聞いてあげてください」
の電話の声にぐーっと感情を抑える。
そして「様子がわかりましたらまたお知らせください。そうしていただけると助かります。」と。
見えなくしてしまうことが一番怖いから。

電話を切った後、急いでぶる~とそのお宅へお詫びに伺う。
だがその方は、その場所に昼間しかおられないとかで今日はお会いできなかった。
怖い思いをさせてしまった犬も居なかった。

話を聞いてみた。
木曜日の休み時間、Yくんと他低学年の子二人とぶる~、学校の裏で遊んでた。
そのうちYくんが犬をからかい始めたのでぶる~も犬に「わんわん」」と言い、ふざけていた。
するとYくんがポケットから石を取り出し犬を目掛けて投げたそう。
「やめろ」と言ってもやめず、2発目、そして3発目が尻尾の先に当たり犬が声をあげる。。。
Yくんが4発目を投げようとしたしたところで家の方が出て来られ、そのまま学校に注意に来られた。
すぐに現場にその方と校長先生が来られ、四人、注意を受ける。
校長先生がその方と話しこまれてる間に「言うたらひどい目合わずぞ」と耳打ちされたと言う。
火曜と水曜はその場に居なかったらしい。

ぶる~。。。
その場で言いたかったけど、横のYくんが怖い。
みんなで話すのじゃなく校長先生と二人なら話せた。
養級の先生には話しやすいけど居なかった。
Yくんから「階段からつき落とすぞ」と言われている。
実際に先生に言ったことで叩かれた子を見たことがあるし、
ぶる~自身、昨年 傘を壊された挙句、先生にちくったと叩かれている。
断れない、言いなり。
そして、出口をなくしてる。

Yくん。。。
途中で転入してきた子。
だが、以前の学校時代から私はその子の話を聞いていた。
家庭環境が難しく、トラブルもおそらく放置されてきている。
こちらに移ってからは居場所がなかなか見つからなかったようでぶる~ともう一人大人しい子と過ごしている。
今はクラスが違うのだが休み時間になると名指しで呼び出されるらしい、「来い」と。
ボクシングを習っていて、体重はぶる~の1.5倍ほど。
このYくん、今までのトラブルのほぼ全てに絡んでいる。
(トイレットペーパーもこの子だ。)

今回のこと。。。
まずは、人や動物への危害。
そんな行為を放置してしまった。。。
そして、その場での対処の仕方、自分の身の守り方。
対処は努力したようだけど。。。
叩かれないことは身を守ったかもしれない。
だけど“自分”は守っていない。。。

ぶる~は人や動物を大切にしなければいけないことはわかっている。
気が立ってイライラしてもかなり我慢強いように思う。
また、暴力を受ける怖さも知っている。。。

それ以外の、『人との関係』は厳しい。
だから障害なのだろう。

こんな時はぴんくも辛そうにしている。
兄の話す横につき、時折目をぎゅっと閉じている。
話の内容はきっとこまぎれにしかわからないと思うけど。。。
わかろうと必死に。

いろんな人とのなかで、自分の思いを伝える難しさ。
考えること、いっぱい。。。
■こんばんわです^^

 BLUE君もトラブルに・・・
 なんだか昔を思い出します、暗黒の小学生時代エスカレートしたいじめを続けたられた高学年の時・・・今思い出すとあれはいじめだったのか違う拷問なのではないのか、という思いとチクることを何故責める人が今でもいるのか?という思いに駆られています。
 今でも友達と言ってもほんの一人だけで、なかよくしたいって言っても何がいけないのか皆私を見るなりスルーしてる(現在進行形)
 あと、近所のスーパーなんですがいつも同じルートでグルグル回っているらしくて一例・でかたまごっち→ラブandベリーなどカードゲームが置いてあるコーナー→玩具売り場(プリキュアとこえだちゃんとハム太郎)を回って・・・気づいたら言葉遣いは大人でも中身は子供なんですワタシ・・・。たまにラブベリにいた娘を連れた親御さんが私を見るなり「頭が弱い人いるから気をつけましょうね」と間接的に攻撃された事もあります。それって差別ではと思う時もあります、でも気にしないつもりですが結構気にしています。
 友達いわく独り言が多いと、他人から見ら自分ってと思います。。。
 長文乱文パニック文愚痴を書きこんですみませんm(_ _)m
 本当に考えることが一杯になりそうです。
  

ちょろろ (2005-10-31 23:20:01)
■ちょろろさん

おはようございます。
ちょろろさん。。。辛かった過去を思い出させてしまいました。。。だけど伝えてくれたのは嬉しかったです。
小学校時代に受けたような、こういう一方的な関わり方、さらに攻撃や無視という行いは、「相手の弱さ」でもあると思っています。
人は、だんだん大人になるにつれ、誰かを攻撃したいっていう感情をコントロールできる力を持っていくんだと思います。
学生時代は微妙な時期かな。。。
まずは自分で生きていける力、そして社会の中に身を置く自分。

そういうことをしてくる相手について私が思うこと。。。
いつも感情をぶつけてばかりの人は、共存していこうという視点が欠けてます。
相性。。。「合う・合わない」っていうのは誰にでもある。
それでも大人はそこを距離で調節しようとする。
距離をあけるのは無視をするっていうことではなくて、
挨拶もするし必要があれば話もするけどそれ以外は接点がないような関係。
それをとび越して「相手をどうにかしたい」気持ちばかりを押し出してくる人は傲慢。
だから、逃げて身を守らなきゃいけないこともある。。。

ちょろろさんはきっと上手にかわしてきたんじゃないかな。
スーパーでの話も本当にその通りで、その親御さんの対応は間違ってます。
そこでぶつかっていくのも一つの方法ではあるけれど、とても冷静に大人の対応をされたなぁって思います(*^^*)
芯がしっかりされてると感じます。

かわいらしい趣味、OK!って思うよ。
大人だって、それこそ幅広い趣味があるから(笑)
高校生とは思えない深い文章にいつも素敵な人だな。。。って感じてます。

あ、そして愚痴は吐き出さなきゃだめです。
いつでも書いて!

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-01 09:30:11)
■さんざん考えて・・

考えてはみたものの、アドバイスできるほどの技量も持ち合わせず、さりとて無視できるほどの度胸もなく。

難しいことになってますね。
教えることも難しければ、理解することも難しい。

BLUEくんは、Yくんと一緒にいて楽しいんでしょうか?(たぶん、楽しくないですよね)
楽しくなければ、一緒に行かなくていい。
そのためには、Yくんに自分で言わなければダメだと。
もちろん報復が恐いでしょうね。でも、それは、ろこさんが守ってあげると。もちろん、先生を介しての“守ってあげる”ですけど。
学校がどう対応してくれるのかが鍵ですが、単純化して考えてあげないと、BLUEくんが可哀想な気がします。
Yくんに家庭の問題があろうが、学校に居場所がなかろうが、こちらの知った事じゃありません。
他の子に相手にされないから、弱い子を押さえつけるんでしょう。そういうことなら、親が出るしかありません。
ただ、「自分の意志」を伝えないと相手はわかってくれないということだけをBLUEくんは学べばいいんじゃないかな。

我が子さえ、守れればいいんです。
BLUEくんは悪くない。怖かっただけです。
私なら、強硬に学校へ伝えます。

すみません、学校の環境もよくわからないのに意固地な意見でした。

seray (2005-11-01 18:42:41)
■ろこ(*゜ー゜*)さんへ

 こんばんはです^^
 素敵なアドバイスありがとうございます。なんだか気持ちのお荷物の中身が片付けけらて軽くなった気がします~。
 また愚痴を書きますね(笑)

ちょろろ (2005-11-01 19:45:30)
■う~~ん。。。。

胸が痛みます
これは普通児にもありえて充分深刻なことです。
学校の先生は今回の事件の、Blueくんのポジションについて充分理解してくれているのでしょうか。まずそこを理解してもらうこと、、事件は誰かが見てるところでおこるように、「y君とふたりきりにはならないように」というアドバイスをすることと
、何かつらい事が起きて、単独ででも問題を起こしてしまったとき、誰がBLUE君の味方になってくれるか、せめて、「BLUE君は悪くない」と言ってくれるのは誰か、その子とろこさんの方で親しくなっておいて、うまく伝える事の出来ないBLUE君と、ろこさんの架け橋を頼む(出来ればその子の母親にもお願いする)
うちの子は自閉症ではありませんが、難しい子どもでした。そのときはそうしました
。敵のいることよりも味方のいないほうがつらいはずなんです
一人の子にひどい目に合わされても、5人の、自分のことを心配して見守ってくれる子がいたら、それは財産となるでしょう。
普通児とはまた違うつらさもあります。わたしにいえるのはこんなくらいでごめんなさい。

ayoko (2005-11-01 21:09:11)
■serayさん

どうもありがとうございます。とても嬉しかったです。

形は変われどいつもトラブルの根本はこういう感じです。
自分の努力だけでは解決できず、またできる努力も普通の人と比べれば小さくて。

昨日じっくりと話を聞いていくと、BLUE本人も「休み時間を一人で過ごしたい」という気持ちでした。
無理をして、疲れていたのかもしれません。

serayさんのおっしゃる通り「自分の意志」を伝えることが大切です。
そこでもう気持ちが負けちゃっていて、家で「やってみる!」という気持ちになっても、きっとその場では固まってしまうでしょう。

そこをずっと考えていたんですが、私より早く学校の先生方が動き出してくれました。
夕方にお電話をいただいたんです。
その内容を後で書きます。

コメントありがとうございます。

>さんざん考えて・・

ホントに申し訳ないです。。。
重い話を長々と書いてしまったんですが、書いてるうちに落ち着いてきました。
もう昨日はショックなのか怒りなのか悲しみなのか自分でもわからなかったのに。
二人に負けないくらい気持ちがころころと。。。
でも希望につながりました。

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-01 22:11:40)
■ちょろろさん

こんばんは!
こちらこそ暖かな気持ちにさせてもらって嬉しいんです。
愚痴、待ってるね(^^)v

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-01 22:16:00)
■ayokoさん

こんな重い話なのにありがとうございます。

BLUEの学校はかなり恵まれていて、特に今年度は二人とも細やかに配慮された環境で学ぶことができています。

それでも難しいのは、大人の目を離れた場面です。
ほとんどの、気持ちの安定したお友だちは1年生からBLUEを見てきて、その子達なりに感じることがあるようで自然と助けてくれているようです。
難しいのはその子自身が大きな問題を抱えてる子ですね。
その子も人間関係が上手く築けなくて威圧的になってます。

今は疲れたようで、「一人の時間が欲しい。。。」と言っていますが、もう少し癒えてきたらきっとまた仲間を求めるんじゃないかなって思います。
本当に、味方って心強いですよね。
自分の持っている力以上に頑張れたり。。。

とても嬉しかったです。
今日は、ちょっと元気が出てきたんですよ(*^^*)

ろこ(*゜ー゜*) (2005-11-01 22:29:56)
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

健常児(たぶん)の難しい子

うちもいつも絡んできます。。
で、先生に相談すると「チクリン」と言われて後からやられるからイヤだそうです。
同じような状況ですね。

それに加えて、先生が介入してもその場だけ取り繕うようになってきます。
先生が去るや否や「聞くわけねえだろ、センコー!」って具合です。
約束したのに!?と1号には理解できません。
それは問題とされている子だけでない、一見普通の子でもそうです。

難しい子に対して、学校はあまり指導に熱心でなくて(たぶん親の協力も難しいのかも)
どちらかというと「あの子もいろいろあるから」とこちらに理解をしてほしそうです。
まずそこの親が「あの子、バカでしょ」と子どもに1号について言っている所から絶望的?

だったら、距離を置いて欲しいのですがその強さがない1号。
結局、自己肯定感を育てることができなかったツケだと思っています。
自尊心もないし、少し強い子にすぐ乗っ取られてしまう。

だったら、どうすれば良かったのか。。
教科書的にはいっぱいノウハウが出てきますが、
家族の問題も含めて理想では片付かない難しさを感じています。

そうそう!トラブルはいつも空白の時間帯に起きてしまいますよね。
行動範囲が広くなるにつれ、目が届かなくなるのは仕方ないです。
何もかも親の手でできない時期になってきたことを痛感しています。。

犬に石・・・その子、だいたい何で石、持ってるのかしら??
といいつつ、2号も何故かポケットから石が出てきてシャコタン・スモークのベン○に投げましたよぉ~。
めちゃ怖かった!ヒゲのおっちゃん出てきたし!
結局、傷も見つからず無事でしたが、その時、自閉症協会の共済に入ろうと決心しました(3000万まで補償だそうです)。

今から中学まできつい時期だといいますよね。
私も内心は「五体満足な子を授かったのに、どうしてそんな子に育ててしまうの?」と
相手の親に文句を言いたい気持ちです。

しれちゃん

ポケットに石入れて持ち歩いてる時点でおかしいでしょ~っと思ったら!

2号くん、やったんだ(爆)
ベ○ツのシャコタン。。。あ、+スモーク(-_-;)
血の気の多いダンナには絶対近づかせない車だ。
それで双方で傷探しやってたのかな?(笑)
うちも一時保険入ってたんだけど。。。
また入った方がいいかな。
いやいや、一番ダンナが危険なんだけど。。。

今、周りの子どもたちって両極端のような気がする。
で、親を(または子を)見たらどっちかわかる。

Yくんはそういう意味では被害者だけど、年齢と共に成り下がっていくって。。。そろそろ自分で気づかないとこの先厳しいよね。
母親はまだ26~7歳。
でも、10年の「親」経験があるんだから何やってきたのかとは思う。
社会制度も悪用する知恵があるなら、その前にやることいっぱいあったハズでしょうに。

犯罪的な人には対処できない。
でも、そんな人が今は少数ではないかも。。。
普通に社会人やってたって、ささいなきっかけがあれば、ぶちキレて何しでかすかわからない人はダンナだけではないぞ。。。
耐性の無い人、多すぎる。

そうそう、先日病院でず~~~っとでっかい声はりあげて待合室でしゃべり続けてたおっちゃん、受付で突然、「いつまで待たすんじゃ!何時になるかハッキリ言え!」ってやってた。
終始声でかすぎだったから、早く済ましてもらった方が皆の為?(本人はそんな気持ちではなさそうでしたが)。 
皆に注目されて(暇そうな科の受付の人も、楽しそうに乗り出してたし)、引くに引けなさそうだったけど。。。そこまでしか見られなかった。
あ、脱線。

そういう意味で。。「私学受験したら?」って勧められたぞ(笑)
進学とか勉強を頑張ろう!とかじゃなくて、“親がわざわざ掛けなくていい手間を掛けてる”っていう意味で、難しい問題を背負った子との出会う場面を減らせるってことだそうで。
受験って深いよね~。。。(苦笑)
そんな状態だそうです、うちの校区の中学校(爆)
怖くて考えたくなりました。

しれちゃん その2

>まずそこの親が「あの子、バカでしょ」と子どもに1号について言っている所から絶望的?

最後に書こうと思ったのに忘れてた。。
こんなこと言うの!?

こうやって先手打って、相手にレッテル貼って、「そのせいなのよ」と自分はややこしいこと全てから逃げてるんでしょうか。。。
絶望的っていうのはそうかも。
話にならないよね、きっと。

許さないけど。

どうしても極端な人と出会いがち。
疲れてしまう。。。

自尊心は、本人がわかってしまうだけに難しい。。。
学校は集団生活そのものだから入学したとたん、自分の問題点が目の前に突きつけられてしまう。
幼いころから自分への疑問を抱え続けて、やっと毎日過ごしていて。
だから時間の問題なのかな。。。って感じてます。

>私も内心は「五体満足な子を授かったのに、どうしてそんな子に育ててしまうの?」と相手の親に文句を言いたい気持ちです。

すごく頷けます。

その受付のおっちゃん、実は

うちのダンナ?って思ってしまった(爆)

私学に行く選択、うちも一時、考えたけどダンナの稼ぎが不安定すぎて無理だわ(苦笑)
「手間をかけてる子」って意味、確かにわかる。「お金かけて手間かけず」みたいな子が増えている。結局、そんな子って心が鈍いけど、何か奥底に満たされないものがあるよね。
親も子もその時さえ良ければいいという感じ。

うちは父親が自尊心をぶち壊している(苦笑)。ろこ家もかな?
なかなか難しいけど、良いきっかけや出会いが年齢とともに増えてほしいですよね。

しれちゃん

そうだったりして(^^;
最初は楽しそうだったんだけどね。。(笑)

今度ぶる~の療育がスタートするんだけど、特にトラブってない今。。。というところが少々気がかり。
同じタイプの子と出会う意味は大きいんだろうけど。
説明したとはいえ、「やった~!学校抜けられる!」だったし(-_-;)
本人の「でも。。なんで???」っていう思いはその間ずっと続くだろうしな。。。

吉と出るか凶と出るか!?

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/362-dc4d17eb

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。