entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/10/30 (日) 23:15

公園で。。。

今日は晴れ!
気持ちのいい日。
ちょっと大きな公園へ足を伸ばす。

公園に着くと、走り出す二人。
疲れ知らずでどこまでも。。。

樫の木の下にはどんぐりがたくさん落ちている。
両手にいっぱい握りしめるぴんく。
そして、嬉しそうにまた走り出す。

すると突然、転倒!
両手にどんぐりを持っていたので手もつけず、かといって顔を打つでもなく、
お腹からズド~ン!
久々にコケて泣くぴんくを見た。
泣いているものの怪我はほとんどなく大丈夫そう。
絆創膏を貼ると落ち着いた。

「両手にいっぱい持ったまま走るからお腹打ったんやわ。」
と言うとぴんく、ぶる~に駆け寄り、
「はい、コレ! 全部お兄ちゃんが持ってていいよ!!」とどんぐりを。。。(-_-;)
さっきの私達の会話を知らないぶる~は受け取りながら
「おっ、ありがと!」なんて言っていた。。。
■はじめまして!

serayさんのところでお世話になってるayokoです。自分のコメントについて思っていただいてありがとうございました
でも、勝手ながら、ごめんなさい、あれは、昨日と今日来た方だけが読めたスペシャルコメントとして。。
うちに続きのコメント書かせていただきました(http://ameblo.jp/achikochidochi/)
もともと障がい児童の教育関係につきたいとおもっていました。でも、そうではなくて、総てのものの傷を宝石に変えて生きたい、今はそう思っています。障害も傷ですし、それを抱える親も傷、差別をする人の心も傷があって、そんな、人というかい生けるもの総ての傷ですね、それを暖められたらいいなと思って、でも何もしていないんです今は。。。。^^
だから何のお役にも立てないけれど生きてます。またよかったら交流していただけたらありがたいです。^^また来させて下さい


ayoko (2005-10-30 22:59:29)
■はじめまして!

ayokoさん、こんばんは!

こちらの方こそayokoさんのお気持ちも考えずにごめんなさい。“本当にそうだな。。。”と感じることが書かれてあったので、お願いしてしまいました。スペシャルコメントを読むことができて良かった。。。!

子育てを始めたばかりの頃は、絶対心の傷なんてつけたくないって感じてたんです。でも、それぞれが自分の意志で動くようになるとそんなこと無理があって。。。「傷つけない」ことを目標には生きられないな、と。自分自身を振り返ってみても無傷でなんていられなかった。。。
子ども時代は殆どの人達が誰かに守られて過ごすことができる貴重な時間。泣いては戻り、力を蓄えてまた踏み出す。。。そんなこと、いっぱい繰り返しながらだんだんと“頑張れる自分”になるのかな。。。って感じてます。傷ついた時、きっとどこかで誰かに支えられ、または許されながらの今です。

深い傷の時はやはり誰かの暖かなメッセージが必要です。そうすることで傷だって本当に宝石くらい価値を持たせること、できますよね(希望もこめて。。。) とっても素敵なコメントだったなって思っています。ちょっと残念(笑)

こちらにも来ていただいてとても嬉しいです(*^^*) 私の方もお邪魔させてください。どうぞこれからもよろしくお願いします。

ろこ(*゜ー゜*) (2005-10-31 00:21:22)
■いい形で・・・

ろこさん、ayokoさんの繋がりができてよかったと思ってます。
その後、ayokoさんはあらためてコメントを当ブログに寄せて下さいました。
ろこさんのコメントも一部修正させていただきましたが、ほぼ原文で残させていただいています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

seray (2005-10-31 02:31:58)
■seray さん、

どうもありがとうございました。
私の方こそ。。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
あ、私のコメントこそ消していただいて良かったのに。。。(^^; 

ろこ(*゜ー゜*) (2005-10-31 08:20:48)
■ナイスな・・・

兄弟だな~~と(笑)

痛そうな話しなのに。。。
なんだかほのぼの~~とさせられてしまうのはPINKちゃんだからかな~~

絆創膏を貼ると落ち着くよね~~なぜか??

昨日は秋らしいいい天気だったし 気持ち良かったよね~~



柚ピー (2005-10-31 11:29:44)
■記事と関係なくてごめんなさい

読ませていただいて、そこから始めようかなと思ったのですが、許してもらえるかなって。。
傷について、あったのでおしゃべりしていいですか
私のずっと続けてきた感覚なんですが、普通なら「欠点」や「怒られたり、矯正すべき部分」を、その人の「傷」と捕らえる考え方です。傷は治る事もあるでしょう。でも傷は傷のまま、ほかの健康な部分よりはかばったまま、それで何とか生きていく、傷に塩塗る人もいれば、手を添えてくれる人もいる。傷は考える手がかりにもなるし、どうしても人として許せない事を傷つけてでも伝えていく、そこは血を流すかも知れないけど新しいきれいな力がでてくることを、ちゃんと信じてみまもってあげる。傷つく事、つけること、心を持ってするのも責任ですね
なんてえらそうなこといいます
りそうと現実は程遠い。。。。

ayoko (2005-10-31 12:44:03)
■レン君も

絆創膏で落ち着く?
あれはおまじないのように効いたりします。
よくケンカする二人だけど、実は気が合うんじゃないかと。。。(笑)

ろこ(*゜ー゜*) (2005-10-31 13:30:08)
■ここは何でもアリ! 大歓迎です(*⌒▽⌒*)

あ、わかるような気がします。私、ちょっと違ってましたね(^^;
ayokoさんの『傷』についての考え方、私が障害について考えてみる時の感覚と近い気がします。それよりもっとずっと幅広く捉えられています。
人としての弱点、欠点といわれるようなところを『傷』って考えられたらまた関係が変わってくることもあります。そしてそこをもし責める時はそれだけの覚悟をするというのもわかります。
人の傷には鈍感で自分が傷つくことにばかり敏感だったり、人の傷が目について攻撃してくるのに自分の傷は見えていなかったり。。。
そんな時、ふとこういう考える機会があるだけでも随分と違うと思います。
私自身もいっぱい思い当たったり。。。(^^;;;

自閉症の人達は、見えないことを理解するのが大変で、それを見える形に変えて伝えていく工夫が必要だったりします。そういう人にも『傷』ってわかりやすい言葉だなって感じました。(ちょっと脱線。。。)


ろこ(*゜ー゜*) (2005-10-31 13:43:32)
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/361-03f71a93

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

05 * 2017/06 * 07

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。