FC2ブログ
entry_header

2005/06/28 (火) 22:10

筑紫哲也 のNEWS23を見て

私は昨日の特集を見るまで『心の輪を広げる体験作文』なるものを知らなかった。
小学生部門、最優秀賞の作文「ぼくの弟」が朗読された。
“ある9歳の自閉症の男の子”の兄の立場としての思いだ。
5年生の彼の目から見た社会。

「弟を、そしてぼくたち家族をかわるがわる見つめる顔・顔・顔。」

自閉症児の兄弟というだけで一方的な冷たい視線を浴びる。

「今、ぼくが弟のためにできることは何だろうと考えることがある。それは、一人でも多くの人に自閉症のことを知ってもらいたい。」

5年生。。。
今のぶる~と同じ年で感じたこと。
こういう思いを無意識にでもさせている社会はどうかしているんじゃないのだろうか。。。

一方で、この男の子は弟のことをこう記している。

「ぼくはそんな弟が好きだ。」

その思いが先程の、“自閉症のことを知ってもらいたい”につながってくるのだ。
一生治ることのない障害。
苦手なことを一生抱えていきていくということ。

冷たい視線は大人である私の胸にも鋭く突き刺さる。
“兄弟児”と言われる子どもたちは、そんな視線が幼い頃から容赦なく浴びせられている。

私も思う。
どうか、『自閉症』を知ってください。
■本当だよね・・・

人の集まるとこに行くと本当に大変で。。。まだ3歳と小さいレンは「よくあるよね~~」の目で見られるが 後数年もすればやっぱり冷たい目に変るのかな~~と・・・

少しでも理解してもらえる社会に。。。と私達の使命は深いよね~~

柚ピー (2005-06-28 16:05:17)
■鹿児島の少年

はじめまして。うちに息子も自閉症、しかも最近、最重度の判定をもらいました。
ブログにも書いています。

筑紫さんの番組、知っていたのに、思いっきり見損ねてしまいました。。(>_<)
ただ、今日、お兄ちゃんの作文を息子の先生に持参し、交流級の先生や子ども達、親御さんに配布してもらう予定です。
4年生の総合学習に障害者理解が組み込まれているからです。

思いだけでは変わらない、行動する事、少しづつ、自分が開かれなければ、周囲も開かれていかない、待たない、そんな風に思います。
中には親の方が、閉鎖的で、誰にも理解されなくていいから、という態度の方もいますが、見た目で判る子と見た目で判らない子の親の考え方の違いでもありますよね。。でも、何もしないことの方が、子どもに対して私は申し訳なくて。。。
常識を刈り取っていく鎌を手に持つくらいの勇気は必要だと感じます。

子どもがこんなにも一人の弟を愛おしみ、社会へ訴えているのですもの。

お互い頑張りましょう!

rosemary-garden (2005-06-28 16:21:22)
■だんだん

変わっては来てると思うんだけど。。。
それでも変わらない人はいつの世も居るのかな。
少数派、異文化、いろんな価値観。。。
自分を曲げるんじゃなく、歩み寄ろうと出来る人に私もなりたい!って思ってる。
なのに、突然外国語で話しかけられるともう舞い上がっちゃうんだよね(^^;

ろこ(*゜ー゜*) (2005-06-28 19:12:42)
■はじめまして!

私は反対にいつも見損ねることが多いけど、今回はバッチリでした(笑)

お兄さんの作文、苦しくなるほど胸にしみ込んできました。
こんな思いの子どもたちってどれくらい居るんでしょう。。。
発信者が同じ小学生ということで、きっと4年生のお友達にも感じるものが大きいと思います。
ローズマリー・ガーデンさんの行動の素早さ、見習いたいです。
そうですよね、
常識って生き物のように変化していくんだと思います。
それも誰かが動いてこそです。
弱者を線引きするような価値観がなくなればいいな。
いろんな人が居て当たり前って。

こうやってネットでどんどん繋がっていけること、とっても心強いです(*^^*)
ありがとう!

ろこ(*゜ー゜*) (2005-06-28 19:25:03)
■私も見られなかった

残念です。
出張中で、この時間、仕事をしていたので見ることができませんでした。
でも、ここでろこさんに教えていただいて、作文も読みました。
本当にその通りなんですよね。

私も家内も大きくなるにつれて、心配になる部分もあります。小さければ見過ごされることも大きくなれば奇異に映る・・・そんな体験も既にしています。
そのたびに言い訳するわけにもいきませんし、“生活力”をアップしていくしかないんでしょうね。
しかし、理解してくださる人がふえれば、彼女ら彼らも少しは楽になるはず。
そう思って、私たちも行動したいと思います。
ネットでこういう話題をあげるだけでも、他の多くの人も見てくれるし、少しは役にたつかな。

seray (2005-06-29 12:51:41)
■はじめまして(^∀^)

初めまして☆
さぁみといいます(*´∀`人)
私の弟(18歳)も自閉症です。自閉症で検索してやってきました!!
テレビでそういうのがやっていたとは・・・全然知りませんでした。
作文を読んで涙が出てきました。あたしと全く同じで気持ちがすっごく伝わってきました。
世間ではまだまだ自閉症は知られてないですよね。私も自分のブログで弟の事ゆってます。ちょっとでもこういう子がいるんだってこと知ってほしくて。
いろいろ大変なこといっぱいありますが、大事な、大好きな家族のためがんばりましょう!!

さぁみ (2005-06-29 17:44:01)
■出張中

だったのですね、お仕事お疲れさまです!

あの特集は、あの作文に尽きます(笑)
筑紫さん方のコメントはあまり。。。(爆)
この頃は自閉症に追い風が吹いている気がしますが、正しく理解されるのにはまだ時間が掛かりそうですよね。
いまだに引きこもりや自分の殻に閉じこもったといったニュアンスの使われ方をしているのを見聞きしたり。
なんでこんな字なんでしょ(^^;

ろこ(*゜ー゜*) (2005-06-29 19:39:00)
■はじめまして!

お姉さんのお立場ということで、あの作文のお気持ちをそのまま感じてこられたんですね。。。
10年違えばまた随分違ったことと思います。

最近、テレビで取り上げられることが多くなってきました。
ずっと頑張ってきてくださった人たちがここまで持ってきてくれたんだ。。。と思うと私もがんばらないと!って思えてきます。
なんか嬉しいな~ うん、がんばりましょう!!

ろこ(*゜ー゜*) (2005-06-29 19:45:51)
■TBさせていただきました

ろこさん、当ブログへのコメント、ありがとうございます。
TB、させていただきますね。

seray (2005-06-30 11:16:24)
■私も・・・

私もTBさせていただきます☆
自分のブログではほとんどバレーボールの話ばっかりで読者さんも全員バレーファンの方ばかりですが、みなさんにも自閉症の事知ってほしいので・・・

さーみ (2005-06-30 17:55:48)
■TB、ありがとうございます!

serayさん、さーみさん、どうもありがとうございます(*⌒▽⌒*)

あの作文をたくさんの人が読んでくださるといいな。。。と思います。あのまっすぐな気持ちが皆に届きますよう!

ろこ(*゜ー゜*) (2005-06-30 18:49:07)
スポンサーサイト



entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/273-6ef1a939

entry_header

この記事に対するトラックバック

筑紫哲也

筑紫哲也筑紫 哲也(ちくし てつや、1935年6月23日 - )は日本のニュースキャスター、ジャーナリスト。大分県日田市出身。元、早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授(専任扱い)。現在、立命館大学客員教授。血液型A型。滝廉太郎との縁滝廉太郎は大伯父(滝の妹・トミ?...

  • あかりのblog
  • * 2007/09/20 10:55

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2020/08 * 09

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog