entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2015/06/23 (火) 14:27

大喧嘩

私と旦那、私とぴんく、そして旦那とぴんくという喧嘩はままある。
ぶる~は意外と忍耐強く、逆に言いたいことも抑え過ぎてるんじゃないかと思うが一応不機嫌にもなるし言い分も主張はするのでまあいいのかなっていうところ。

だがだが!
今回の喧嘩はぶる~とぴんくだ。
発端は些細なこと。
一緒に観ていたドラマ(ようこそ、我が家へ)のセリフが話声で聞こえないとかそんなこと。

普段うるさかったり話をぶった切るのがお得意なぴんくなのだが、今回は私とぶる~の話声がうるさいからとテレビのボリュームを凄まじく上げての抗議。
その嫌味な行動にぶる~ぶち切れ。
ぶち切れてるので出てくる言葉は暴言だらけ。
最初ぴんくの行動にイラッときてた私もぶる~に怒れてくるくらいの暴言。
そんな言葉にぴんくも一歩も引かず。
ただドラマ中は停戦w
CM中怒号…

ドラマが終わるとムカつく捨て台詞を吐いて自室へ向かうぶる~。
ドタンバタンと荒々しい音。

ぴんくはぴんくで強気に顔を上げたまま憎たらしく
「おやすみなさ~い。」
とこれまた自室に。


次の朝。
いつもなら翌日は気分を切り替えてくるぶる~だがまだまだ怒っている様子。
ぴんくも一歩も引かない。
まったくヤな朝だ。。。

夕方、先に帰宅したぴんくと話をする。
「昨日の晩、部屋に入ったら机の上のものが全部落ちていた。お兄ちゃんやと思う。」
こういうことをするのはさすがにアウトだと思うのでぶる~の帰宅を待つ。
それとちゃんと言葉で「聞こえないから静かにして」と言うように話す。
気分の悪いことは往復するうちに雪だるまみたいに大きくなってしまうので。

ぶる~帰宅。
上記のことは認めなかった。
追及もしなかった。
ぶる~に昨日のはあまりにも言葉が過ぎるんじゃないかと話した。
ぶる~は昨夜のことはきっかけで、今までの不満が大きくてあんな言い方になったと話し出した。
「昨日みたいなことはやり過ぎやったと思ってる。でも俺もいつも我慢してきたし、たまに言いたいことがあってもお母さんが柔らかくぴんくに説明するのが納得できんかった。ぴんくももう社会人やし仕事もこなせてるんやったらもっと大人として厳しく対応してもいいんちゃうん?」
と言われた。
心当たりだらけで。。詰まってしまった。
今までぴんくの障害のことをぶる~には話してこなかった。
(ぶる~本人のことも今のところ必要なさそうでちゃんとは話してないが)
ぶる~だって生きづらさは持ち合わせているので、更に“障害を持つ人間の家族”というのはもっと本人が自立して落ち着いてからでいいと思ってた。
だからぴんくに合わせた対応の説明もすることなく。
自分なりの考えを勝手にわかってね!!と押し付けてたし都合も良かったから…。

急に今話そうと思った。
「どこかでうっすら感じてたかもと思うけどぴんくには障害があるねん。自閉症と知的障害。知的にはぴんくの理解度は小学校の低学年くらいかな。それよりできることもあるしできないこともあるねん。見た目はもう大人に近いし、最近よくしゃべるようになったけど、ほとんどの言葉はどこからか拾ってきたのをつないで会話をしてる。わかってるようでわかってないことがいっぱいある。人好きやからいつも会話に入りたがって必死で割り込んでしまうし、特にぶる~の話に入っていきたくて一番モヤッとさせてしまってたのもわかってはおってん。ただ聞く耳持たなくなってこじらせそうやから緩く注意してぴんくを収めてぶる~にも納得してもらってるつもりになってて。今ぶる~も学校大変でこれから就活とか始まるともっと忙しくなるやろし、ぴんくのことを話すのはもっと後にしようと勝手に決めてた。」
「そうなんや。何かあるんかなと思ったりもしたけどちゃんと就職してるし仕事もできてるみたいやし。俺よりも社交的な感じやからじゃあもっと大人として扱っていいんちゃうんかと思ってた。俺もこれからは溜めんようにはしようと思うし言い方は考えようと思う。昨日のは俺もあかんかったと思ってるし。」


夕飯時。
ぴんくと私。
ぶる~と私。
それぞれ他愛ない話をした後にぴんくが
「お兄ちゃん、昨日はごめん。」
と言い出したのでちょっとびっくり。
すかさずぶる~も
「いや、俺も悪かった。やり過ぎやった。」

何かいいやん。
大人やん。
私と旦那ではあり得へんパターンやん。
いい空気だったので野暮なこと言わないよう黙ってニコニコご飯を食べた私だった。
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

今朝気づいた。
ぴんくの部屋の壁に
「お母さんなんか大嫌い」
とのメッセージ。
かなりムカつく。

2歳の頃にも新しい我が家の壁にボールペンで壁画を残しやがった奴なのだ。
今回もボールペンか?と端を消してみたら消えたのでシャーペン書きらしい。
でも許さん!

でもいつ書いたんだろう。
ここ数日は在宅時はずっとニコニコお喋りしてたのに。
前からあったのなら部屋に入りながら気づかなかった私って。。
今朝書いたのならぴんくの二面性って。。

まだまだ問題あり。


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

加えてもう一つの変化。

今まで私が子どもを注意すると必ず横から口出してきて責め立てることだらけだった旦那。
いくらやめて欲しいと言っても無理で、旦那のいないところで話してみたりするけどタイミングが悪くなってしまったり。
フォローしてくれとは言わないが横から頭ごなしにけなし続けられてしまっては、こちらが心掛けて穏やかに話している内容まで子どもにとっては嫌な記憶となってしまいそうで心配だった。

それが本当にここ最近。
子ども側に立って
「~~~と思ってやってんな。」
「でも確かにぴんくの言うのもわかるで。」
と言うことがあった。
そんな時はもう大きくなった二人でも嬉しそう。
20年、こんなこと一度もなかったのに。
びっくり。
嬉しい。

我が家に関しては“母親が口煩い存在”ってのが一番しっくりくるんじゃないかと思う。
一人二役、やってきたけど無理があったと思うのと何だかんだで母子関係は壊れにくいのと。
過ごす時間や関わりの深さで違いはあるだろうけど。

まだまだ成長中、努力中の我が家。
スポンサーサイト

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

04 * 2017/05 * 06

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。