entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/04/30 (月) 00:00

特別支援教育ではじまる 楽しい学校生活の創り方

特別支援教育ではじまる楽しい学校生活の創り方―軽度発達障害の子どもたちのために特別支援教育ではじまる楽しい学校生活の創り方―軽度発達障害の子どもたちのために
(2007/04)
辻井 正次

商品詳細を見る










☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに 特別ではない特別支援教育

1 特別支援教育の、特別ではないふつうの配慮
 教育はすべて特別
 できない子どもを「落ちこぼして」進む教育
 子どもたちは「自分はできる!」と感じたい
 教育でできることの拡がり
 少数派の子どもたちへの支援からわかること
 子どもが支援を受けるのは当然の権利

2 すべての子どもにある、その子どもごとの支援の必要性
 子ども一人ひとりの違い
 子どもの特性に合わせて指導する
 子どもの指導はセミオーダーで
 特別支援教育は差別か

3 学校の不思議
 学校の不思議
 「子どもは皆同じですから。全員同じように指導しま
  す!」
 「この子が発達障害のわけがありません。ちゃんとで
  きることはできます!」
 「この子は愛情不足なんだと思います」
 「だって、この子よりももっとできない子どもはいま
  すから」
 「前の担任からは何も聞いていません」
 「担任の指導力不足です」
 「予算がないと教育委員会は何もできないんです」
 教育カリキュラムが能力や達成に関係なく適用される
  不思議
 教科教育で特別な支援技法が研究されない不思議
 専門的な支援技法を持たないスクールカウンセラーの
  不思議
 学校には不思議はいっぱい-でも、不思議の世界は
  魅力がいっぱい

4 楽しい学校の仕組みづくり
   -頑張れ! 特別支援教育コーディネーター
 学校の仕組み
 頑張れ! 教育委員会
 学校の管理職の仕事
 教師間の協力
 特別支援学級と一般クラスとの協力

5 子どもの個性を捉えること
   -発達障害だろうがそうでなかろうが、個性を
    把握すれば指導は楽しくなる
 「診断」に振り回されないこと
 まずは「発達障害」という用語について理解してほ
  しいこと
 発達障害と診断される子どもと診断されない子ども
 発達障害・発達障害フレーバーのいろいろ
 問題はラベルじゃなくて、支援のための知恵であること

6 さあ、楽しい学校生活を創るために
   -小学校に入学する前に押さえておきたいこと
 大変な新入生たちを見ていて
 適応できるかできないかの分かれ目
 ビジョンを持って支援するということ
 親子の関係作りと大事なルール
 不幸なストーリーをやめてサクセス・ストーリーに
 個性を出発点とした支援
 四つの枠組みの意識
 心配だったら、行きたいと思う学校には事前に話し
  をしにいこう
 学校に不安を持ちすぎないこと、そして、期待しす
  ぎないこと

7 困ってきた段階での初期介入ストラテジーとうま
   くいっている子どもの支援プラン

 問題行動に対する初期介入ストラテジー
 困っている行動のリストを作る
 困っている行動への対応を考える
 本人が嫌がる刺激を取りのぞく
 子どもの行動をしっかりと把握する
 子どもが頑張ったことを認められることの大切さ
 できるようになっていくこと、スキルを修得していくこと
 うまくいっている子どもをより素敵にしていくために

8 小学校高学年で考えておきたいこと
   -楽しい中学校生活と将来のもっと楽しい大人
    の生活のために
 小学校高学年からの取り組み
 発達の節目と支援のあり方
 中学校への準備を考えよう

9 中学校で考えておきたいこと
   -問題行動への対応と、将来展望の創り方
 困った状態になった子どもたちへの対応
 どうなっていきたいのかを考えること
 仲間を見つけること

10 大人になっていく道筋から考える
 就労している発達障害の青年や成人たち
 大人になるって意外にすぐなこと
 社会的な自立に向けたプログラム

11 特別支援教育の進め方
 特別支援教育を実際に進めていく上で必要なもの
  -ハード面での必要なもの
 特別支援教育を実際に進めていく上で必要なもの
  -ソフト面での必要なもの
 すべての子どもに取り組むもの
 子どもの状態によって取り組むもの(かなりの子ども
  に必要)
 子どもの進路や、方向づけによって取り組むもの

おわりに 特別支援教育の未来像
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/1046-bd13140c

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2017/03 * 05

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。