entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/03/30 (金) 00:00

発達障害のある子どもの自己を育てる

発達障害のある子どもの自己を育てる―内面世界の成長を支える教育・支援発達障害のある子どもの自己を育てる―内面世界の成長を支える教育・支援
(2007/04)
田中 道治都筑 学

商品詳細を見る










☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

まえがき

第Ⅰ部 はじめに

第1章 自己とは?
 1.自己とは?
 2.障害児教育・福祉における自己

第2章 発達障害のある子どもの自己を育てるとは
 1.自己形成の発達のすじ道
 2.発達障害児の自己形成と生活
 3.「自己」の発達を規定する要因
 4.発達障害児の「自己」を高める

第Ⅱ部 障害種別の自己の発達と教育・支援

第1章 知的障害児の自己の発達と教育・支援
 1.知的障害とは
 2.知的障害の心理・行動特性
 3.知的障害児・者の自己の特徴
 4.教育・支援に向けて

第2章 知的障害のある自閉症児・者の自己の発達と支援
 1.自閉症とは
 2.自閉症の自己の発達に注目する意義
 3.自閉症における自己の成立
   -自己胸像認知研究から-
 4.自己鏡像認知研究所の概観と発展
 5.自己鏡像認知研究所から見えてくる自己発達の支援
 6.おわりに

第3章 LD児の自己の発達と支援
 1.LDとは
 2.LD児の自己概念について
   -しゅんた(仮名)の場合-
 3.LD児の自己概念の特徴
 4.LD児の自己概念の影響要因
 5.支援に向けて
 6.最後に

第4章 ADHD児の自己の発達と教育・支援
 1.ADHDとは
 2.ADHD児における「自己」の発達的変化
 3.ADHDにおける自己の発達からみた教育・支援
   -障害告知の観点から-

第5章 高機能自閉症児の自己の発達と教育・支援
 1.高機能自閉症とは
 2.自分と他者の違いに気づく高機能自閉症児
 3.高機能自閉症児の自己についての先行研究
 4.高機能自閉症児の自己理解の特異性
 5.高機能自閉症児の自己理解の支援

第Ⅲ部 養護学校(特別支援学校)での実践

第1章 【養護学校(特別支援学校)小学部での
     自己を育む授業実践】
    行動主体・要求主体としての自己を育む授業実践
    -“もの”や他者へのかかわりの重要性を
     意識した遊びの展開-
 1.本校における自己の捉え
 2.本校小学部における自己を育む授業の実際
 3.まとめにかえて
 養護学校(特別支援学校)小学部での自己を育む授業に
  対するコメント

第2章 【養護学校(特別支援学校)中学部での
     自己を育む授業実践】
    自己理解を促し自己肯定感を育むからだの学習
     (性教育)の実践
 1.はじめに
 2.本校中学部における「からだの学習」の捉え
 3.「からだの学習」の授業の実際
 4.まとめ
 養護学校(特別支援学校)中学部での自己を育む授業に 
  対するコメント

第3章 【養護学校(特別支援学校)高等部での
     自己を育む授業実践】
    知的障害児の自己を育む進路学習の実践
 1.はじめに
 2.生徒の実態
 3.授業の概要
 4.授業実践の記録
 5.まとめ
 養護学校(特別支援学校)高等部での自己を育む授業に
  対するコメント

第Ⅳ部 地域社会での実践

第1章 【地域社会で知的障害者の自己を支援する取り組み】
    就労支援における自己への援助方法について
 1.はじめに
 2.事例の概要
 3.支援の経過
 4.考察
 地域社会での知的障害者の自己を支援する取り組みに
  対するコメント

第2章 【高機能自閉症児の「自己」を育てる支援】
    高機能自閉症児Kの支援について
 1.はじめに
 2.支援の方法
 3.Kの自己形成の発達と支援に関する分析結果と考察
 4.おわりに
 地域社会での高機能自閉症の自己を支援する取り組みに
  対するコメント

第Ⅴ部 総括

第1章 【発達障害のある子どもの内面世界、
     自己を育む教育・支援の在り方Ⅰ】
    関係性を基盤にした発達障害のある子どもの
     自己を育む教育・支援
 1.はじめに
 2.あらためて「自己」とは何か?
 3.発達障害のある子どもの自己とは
 4.発達障害のある子どもの自己を育む教育・支援から
   得られる示唆
 5.おわりに

第2章 【発達障害のある子どもの内面世界、
     自己を育む教育・支援の在り方Ⅱ】
    健常児の研究成果もふまえて
 1.過去の時間における自己の形成
 2.未来の時間における自己の形成
 3.現在の時間における自己の形成
 4.過去・現在・未来の時間軸での事故の形成

索引
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

この記事に対するコメント

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://rokoroko.blog14.fc2.com/tb.php/1044-5bba0095

entry_header

この記事に対するトラックバック

シリーズを買い揃えます。ちょっと高いのは仕方が無いか。とても分かりやすく、アスペルガーについて何も知らない人に理解してもらうには最適です。二冊買って一冊は自分用、もう一冊は人に貸し出し用にしました。発達障害について場合わけでわかりやすく描かれています。入

  • 教育・福祉の厳選紹介
  • * 2007/07/23 08:32
entry_header

この記事に対するトラックバック

障害児教育の極意

シリーズを買い揃えます。ちょっと高いのは仕方が無いか。とても分かりやすく、アスペルガーについて何も知らない人に理解してもらうには最適です。二冊買って一冊は自分用、もう一冊は人に貸し出し用にしました。発達障害について場合わけでわかりやすく描かれています。入

  • 教育・福祉の厳選紹介
  • * 2007/08/01 20:25
entry_header

この記事に対するトラックバック

障害児教育を...

発達障害について場合わけでわかりやすく描かれています。入門の本としてお勧めです。少しでも多くの方にこれらの障害について知っていただけますように^^分かりやすく書かれてあるので、必要な方にはとても良い本でしょう。近くに発達障害の子供がいるのですが、今までわ

  • 教育・福祉の厳選紹介
  • * 2007/08/11 02:46
entry_header

この記事に対するトラックバック

発達と障害を考える本(4)

職場にある本です。手元に置いておきたくて。子ども向けの絵本なのでわかりやすく、大人にもとても参考になります。入門書としてはいいかもしれません。発達障害について場合わけでわかりやすく描かれています。入門の本としてお勧めです。少しでも多くの方にこれらの障害に

  • 教育・福祉をあなたに捧げます
  • * 2007/08/12 10:41

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

10 * 2017/11 * 12

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。