entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2011/02/22 (火) 13:48

ニアミス

いい大人のモバゲー。。
『怪盗ロワイヤル』だ。
性に合わなくて放置してるのけど、ぶる~の友達は現役でレベル200とのこと。
(ちなみに私のレベルはその10分の1程度)
ぶる~は私のHNを知っているから危険だ。
今は地味に『POPPINCITY』なんかにはまっちゃってるけど、探し出されたらどうしよう。

リアルでも、高校生ともなれば大人が出入りするようなところに出没しだすので要注意だ。
別に悪いことしてないけど。。
スタバなんかで大人的なぶっちゃけ話も周りみておかないと高校生のたまり場だし。。

そうそう、ダンナにも釘を刺しておこう。
夜のお店で鼻の下伸ばしてたら相手は子どもの同級生。。なんて怖すぎる。

なんにしても、出会って気まずいのは大人のほうだな。
スポンサーサイト
entry_header

2011/02/22 (火) 13:23

財政破綻

今月のぶる~のお財布事情のこと。

1.折り畳み傘を無くす。(マイナス\1.000-)

2.携帯使い過ぎ。(マイナス\3.000-)

3.買い食い(「俺のエクレア」etc.)


3.はやりくりの範囲なのでOK。
せっかく携帯の調子が悪くてショップに持ち込んだのが『初期不良』扱いで無料で修理してもらえたのに。。
携帯代はその時の代替機がフィルタリングされてなくて音楽配信などのサイトに繋いだため。




私も人のこと言ってられないけど。
entry_header

2011/02/11 (金) 11:09

この。。








一面水墨画のような景色のおかげで試合中止。

5:30に起きてお弁当作ったのに。
遠くまで行って雪合戦してきたそうだ。

ぶる~お疲れ。
entry_header

2011/02/11 (金) 10:15

人間関係と心の部分と

いくつになってもついてまわるのが人間関係。
ぶる~やぴんくを通して、また自分自身。

基本、来る者拒まず去る者追わず、でやっている。

答えはないけど、振り返ってみる。

ぶる~の場合、幼児時代はとにかくマイペース。
周囲が見えてないのかと思うくらい。
いつでもどこでも好きなことを毎日とことん楽しんでいた。
周りのお母さん方はそんな様子を楽しんで見守ってくれる人が多かったのに救われた。
(今思えば二人目、三人目のお母さん方が多かったように思う。)

幼稚園に上がってもそんなところがあり、時には口の悪い子に
「知ってる?こいつバカなんやで!」
と指さされたのを見たことがある。
ぐっと気持ちを抑えて様子を見ていると
「俺はばかじゃない。」
と答えるぶる~。
すると更に
「チビのくせに!」(本当に小さかった)
と言われ、
「俺は年長やからチビじゃない」(こういうとこが自閉っぽい)
と答え、相手を絶句させてた(見当違いの答えに戸惑ったのだろう)。
いつも相手が拍子抜けするためかコテンパンにやられるはなかった。

小学校は低・中・高学年で変わってくる。
低学年はその飄々とした感じが受け、放課後になるとたくさん男の子も女の子も我が家に遊びにきてくれた。
ぶる~自身、お友達と過ごすことの楽しさもわかってきたようだった。
中学年になると集団で秩序ある遊び。。というかスポーツ系の遊びが増えるので、遊ぶ機会が激減。
更に将棋が趣味となり、家で過ごすことが多くなった。
クラスではおとなしい子と常に二人で静かに過ごす。
一番大きな変動期は中~高学年。
一人のやんちゃ系の転校生が加わり、上下の関係のようになってきた。
荒々しい言動に不満もあったが、当初は相手に遠慮して上手く言えず我慢ばかり。
私が学校の近隣の人にお詫びに行くような事態も起こしてしまったり。。滅入る毎日。
我慢はいつか限界がくる。
そしてぶる~、相手に対して爆発。
その相手に怪我をさせてしまう反撃をしてしまった。
先生方が本当に上手く関わって下さり、逆に相手の子もぶる~のことを改めて考えてくれるようになってトラブルは激減した。
ぶる~自身もかなりショックを受け反省したようだ。
先生の力はやっぱり大きい。。きちんと対処できなかった私まで救っていただいた。
学校では許しを得て将棋を楽しむぶる~の周りにぽつぽつ人が集まってくるようになった。
一緒に楽しむ相手が増え、卒業する頃には本当に充実した学校生活を送るようになっていた。

小学校から中学校は支援学級ということもあり、特に丁寧に引き継がれ(友達関係は特に)、また先生も大らかに、でも見落とすことなく見守っていて下さったので、ぶる~にとってかなり幸せな時代だ。
やんちゃ系(←どうしても関わってくる)の子にからかわれることもあるけど、お得意の意表を突く返答で深入りせず済み、逆に一目置いてくれることもあったりで平和だった。

比較的先生方が熱心で、親も放置せずにきちんと子どもを見守る地域だと思う。
参観や懇談などの学校行事にもきちんと顔をだす。
こういう基盤が大きかったのだと改めて感じる。
委員活動、役員活動に当たればそれなりに大変なんだけど、責任感持って動く大人達を必ず子ども達は見て感じているんだなと思う。

中学時代の友達と今もつながりつつの高校生活。
中・高どちらも思うのはクラブの大切さ。
同じ志を持ってのグループでは多少の摩擦があっても折り合ってやっていこうという意識がある。
納得できなくても嫌でもそこで活動し続けていくには努力せずにはいられない。
受け入れられるということは受け入れるということもある。
それでもぶつかり、相容れない相手とは適度な距離感を量りつつやっていく術を覚えていく。
ぶる~にとって大切な場所だ。
それがあるからクラスでもボチボチやっていけるようになってきた。
受け身なだけじゃなく、努力も必要。
そして心掛けて楽しい時間を過ごせるよう。
一方通行じゃないし、相手もあり一人の努力では無理だけど自分のできる最善を考えて動く。。。今のぶる~はそんなところだ。



ぴんくの場合は感覚遊びが多く、こだわりも強かったので一人砂や水に没頭し、人との摩擦すらなかった。
公園で周りが何をしていようと砂!という感じ。

幼稚園でも粘土や砂、糊(これは大変先生にご迷惑をお掛けした)に夢中。
が、その後の興味が“髪の毛”に移った時はお友達に直接的に迷惑を掛けるようになってしまい辛い毎日となった。
髪飾りを見かけたら取ってしまう。
お友達の髪型が見送り時とお帰り時で違っていて、先生に聞けばやっぱりぴんく。。
お友達に謝り、お母さんに謝り。。
最初は「いいですよ」というお母さんも何か月も続けばうんざり。。だろう。
こだわりの範囲なのか髪飾りを取る相手が数人に限定されてきて、だんだん明らかに怒っているお母さんに謝りに行くのが私も苦しくてたまらなかった。。
(が、不思議なものでそのお母さんが今では私のランチ友達だ。)
後、見ていて思ったのが幼稚園くらいまでの子はお母さんの考え方が大きいということ。
親が「あの子はおかしい。」と言っていれば必ずその親の子達は攻撃にやってくる。
逆に自分の思いや考え方を子ども目線で伝えている親の子達は「ぴんくちゃんってどうして○○なの?」と理解しようと私の元にやって来てくれる。
時にはその言葉が心臓を貫いて涙を流しそうになることもあるけど、表現もストレートな彼・彼女達はまた真っ直ぐに私の言葉を受け止めようともしてくれる。

小学校はそんな囲いを徐々に広げていく場所だ。
親の関わりが少しずつ離れ、先生の立ち位置も幼稚園とは違ってくる。
発達の遅れのあるぴんくは低・中・高学年を通して大きな違いは見られなかったように思う。
低学年、周囲の子達は遅れがあろうとなかろうとあまり変わらない。
何かあっても適切な対処があれば(先生・親)長く引きずることはないように思う。
中学年はちょっと難しくなる年代だ。
子ども達の様子が変わってくることが実感できる頃。
子ども同士の世界ができてくる。
高学年になると周囲の個性がよりはっきりしてきて、女の子は特にしっかりしてくる感じだ。
余裕のある分、ぴんくを気にかけてくれる子も多くなったかもしれない。
上下関係というより姉妹関係に近い感じ。
とはいえ距離はあるので、“入りたいのに入れない。。”ぴんくにはそんな感じだったのかな、と思う。

中学校に入ると支援学級が安心できる居場所。
クラスでは一人で過ごすことが多いけど、何かの折には誰かが声を掛けてくれるという感じ。
子ども達に任されることが多くなる中学では“グループ分け”が辛くなってくる。
ぴんくもいつも一緒にお弁当を食べていたお友達が休んだ日、パニックになった。
幸い支援学級では何でも話せたので、
「お弁当を食べる子が居ない!どうしたらいいの?」
と言えたので、先生が上手く他のグループの子に橋渡ししてくれた。
快く受け入れてもらえたことで自信がついたようだ。
こういうところは相手あってのことなので、気持ちを救ってくれた子達には本当に感謝するばかり。。
遅れがはっきりしているからか、割と中学校では温かい声を掛けてくれる子が多い気がする。
兄が在学中は、兄の同級生が男の子も女の子もよく声を掛けてくれ、ぴんくはそんなところにも救われていたようだった。
幼稚園の頃一緒だったお友達は当時からの印象が強いので守りに入ってくれるし、接点のなかった子はなかった子で気になるようで声を掛けてくれる。
男の子でも兄が在籍していたクラブの後輩達(ぴんくには同級生)は「お兄ちゃん、時々クラブ見にきてくれるで。」と話掛けてられるので、自分からはなかなかだけど相手からの接触は本当に嬉しそうに家で話してくれる。

今思えば幼稚園は大きかった。。
当時のママ達が本当によくぴんくを見てくれているのだ。
行事の度に出来なくて目立ってしまうぴんくに
「あれぴんくちゃんかな。頑張れ~」と言ってくれたり、登下校途中のぴんくを見守ってもらえたり。私の知らないところを支えてもらえている。
まぁ、それだけ目立つ。。ということでもある。
そんな温かい人達に何かを返すということはぴんくには難しいだろうけど、その温かさを感じたらちゃんと「ありがとう」と言える子であって欲しい。
まだ気付けていない温かさをどんどん見つけていって欲しい。



私こそ努力せねばならんのだ。。
私は昔から人付き合いが大の苦手。
努力してでも避けて通るほうだ。

子どもが生まれてから。。
しかもちょっと個性的な子達が生まれてからはそうも言ってられない場面が多くなってしまった。
私はもうただ目立たず生きていたかったのにも関わらず。

距離を置いた無難な付き合いが私にとって一番!だったのだけど、
子どもがいればトラブルもある。。
子ども達の感情的な日常にも巻き込まれるし、価値観の違う相手との折り合いに頭を痛める。

で、ふと気付いたのが、
“うちの子、相手には相当ストレスだろうに受け入れてくれてる!!”
ということだ。
周りを見れば、私ほど人付き合いのハードルを上げている人は少ないのだ。
自分だけならいいけど“親として”というのもあるのだろう。
「優しい子に育ってほしい」とか言いながら私が「あれ嫌!」「これ嫌い」じゃちょっと。。

療育に行ってもカウンセリングに行っても必ず感じるのは“良いところを見つける”“良い方向へつなげる”だ。
言い方一つ、受け止め方一つ、なのだ。
後、毒を吐く時は自分に跳ね返らない場所・方法で。

逃げるとこ・向き合うとこさえ見極めたらその為の努力は一応する。
参ってしまいそうなら取り敢えず投げ出す。
命に関わりそうなことだったら躊躇せず救いを求める。

続きを読む↓

entry_header

2011/02/11 (金) 07:43

スキー旅行

ぴんく、昨晩元気に帰宅した。
「楽しかった~ また泊まりに行きたい!」
とのことでホントに良かった。

先生からお電話いただいて、
「楽しく過ごせていました。スキーは途中から別班になりましたが、インストラクターの先生もほめて下さってました。リフトも乗りまくっていましたよ。」
と。

我が家からは雪遊びは何度か行ったことがあるけど、ぴんくはスキー初体験。
経験があるってことは、将来話のネタにもなることなので本当に嬉しい。

スキー以外のクラスや学年行動も楽しかったそうだ。
お土産はお菓子のほか、ぴんく好みのキーホルダーとストラップ。
帰宅して早速携帯に付けていた。

いろいろ話を聞きたい私はウズウズ。。
きっと今日は昼まで起きてこないだろうけど。

続きを読む↓

entry_header

2011/02/10 (木) 10:36

子どもの時間

「早く言葉を」
「早く文字を」
「あの子はもう計算もできる」
周りを見て焦る思い。
何でも早くできれば親も安心。
でもそうなのか。。

文字を知らないからこその絵本の楽しみ方。
時間がわからないからこそ気にせずどこまでも没頭できる遊び方。

知らないからこその過ごし方。
知ってからは二度と取り戻せない感覚。

数・文字・時間の概念。。。
そこに自ら気付いた時の得意そうな顔。

持ってる感覚をいっぱい使って。
また新しい感覚を求めて。
快・不快の世界から、いろんな感覚が細分化され伸びててゆく。

子どもが育とうとする力。
不思議。

一人一人違うのがまた不思議。
追い詰められず、無理をせず。
entry_header

2011/02/08 (火) 10:10

ここのところ

日記っぽい。
ずっと月記・年記だったけど、ちゃんと日記になってる!

今朝のぴんくは4時15分起き。
学校からのスキー旅行。
お弁当を作る母はさらに早起き。。ツライ。

昨晩まで
「ぴんくおらんかったら静かすぎる?」
「寂しい?」
なんて余裕だったけど、
今朝父親が友達との待ち合わせ場所に送って行く時には
「お母さんは家の中?」
と何度も振り返りながら不安そうな様子に。

その姿を見て、しばらくゆったり過ごせる~と喜んでた私も急に寂しくなってきた。
時々日程表を見ては今どうしてるのかと案じてしまう。

元気で楽しんで帰ってきますように。
そして私は“なんでもない日、おめでとう”だ。

ぶる~は久々のおにぎりの弁当に喜んでた。
イベントがなければ我が家の弁当のご飯はおにぎりにならないのだ。。
entry_header

2011/02/07 (月) 14:09

踏み出した足。。出すor留まるor引っ込める 

なんか早い。
ホント月日の経つのが早く感じる。

休みの日は家族揃って公園やハイキング、買い物etc.が当たり前だったのに、ぶる~と出かけることが激減。
ぴんくも日によっては「家で待っとくわ~」となった。
どちらも自分の世界が出来つつある。

ぶる~の世界はちょっと私から見えなくなってきた。
時々大失敗もするけど、もともと私と同じで石橋を叩いて叩いて叩き壊すタイプだから暴走は少なく、比較的安心できるほうだ。

ぴんくはちょっとタイプが違うかな。
さすがに昔のように石橋の上を暴走していくことは無くなったけど、ノリで行ってしまいそうなとこがある。
今はまだいろんなことを私に確認しにくるから助かってるけど、人に影響されず自分で判断してってとこがやっぱり弱い。

日常的なちょっとした会話も予習しておく。
「あげる。」
「貸して。」
っていう時は、
「うちは物のやり取り禁止やねん。」
ってことに。
約束事は、
「確認してから返事する。」
だ。
予測不可能で、でもとにかく困った時は
「お母さんうるさいねん。」
ってことにすることになってる。
心外だが有効だ。

最近は
「ブログしたい!」
ってことで。プライベートモードでできるものを用意した。
今のところそれで充分楽しんでいる。
友達はデコログやらなんやで顔も名前もさらしてたりする子が多いけど、それはリスクも伝えて禁止している。(尤もやりたくても携帯からアクセスできないようにしてるんだけど。。)

先日は、
「友達にカラオケ誘われた~行っていい?」
と言っていたが、とりあえず現時点では
「中学生のうちは子どもだけで行くのは無しやで。」
であっさり納得してくれた。
(ちなみにぶる~も卒業するまでOKしなかった。)
ただ、いつまでも通用しないし、結果的にぶる~はOKでぴんくはダメってことが出てきてしまうだろな。。

高校生のぶる~は、自分で小遣いを管理して買うものや遊ぶこと、友達と会う回数を考えながら動いている。
ぴんくにはその楽しい部分しか見えてない。。

ぶる~が好きなアーティストのCDを購入したら、即ぴんくも
「KARAのCD買う!!安いの見つけてん。」
となった。。(関係ないけどホントK-POPには泣かされる。。)
その時はぶる~が
「俺の考えやったらやけど、シングル買うのは損やと思うで。シングルやったら2曲で○円やけど、アルバムやったら●曲で×円、やから一曲当たり☆円になって、いっぱい聞きたいんやったらこっちのほうが得やと思う。」
と講釈してた。
数字嫌いのぴんくに意味は伝わってないと思うけど、今のところは“そんなもん?”と落ち着いたようだ。


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

一方で、安心できる環境で社会的な経験を積んでいくのも大事。
興味がどんどん広がり、進みたがっていくなかで、親はどこまで干渉できるのだろう。
少しくらいなら痛い思いをするのも仕方ないかもしれないが、やっぱり全くの手放しはいけないと思ってる。

なんとなく、ぶる~はこのまま行きつ戻りつしながら自立に向けてきっと頑張っていけると感じる。
ぴんくは違った形となるだろう。

又、自分のこと、それぞれのことを追々どちらも受け止めなきゃいけない。
ぴんくの高校受験を今から心配してあーだこーだ言ってくれるぶる~にもしんどいことかな。。

私もしんどいので、その時が来てから考えよう。

続きを読む↓

entry_header

2011/02/02 (水) 10:00

登校前の風景

あんなに夏が暑くて、こんな暑いならきっと冬は快適だろうと思ってたのにこの寒さ。。
目が覚めてもなかなか布団から出られない。
というわけで、二人、夏より起床時間が15分遅くなった(6:15)。
いわゆる冬時間?状態だ。
起きてしまえば後は早い。
身支度を整え、超簡単な朝食をとったらそれぞれ3階の自室へ。

なんと朝勉の習慣は今も続いている。
といっても短い時間だけれど。
(ぴんくのほうは兄が行動モデルになっているようで“仕方なく”“嫌々”といった感じ。)

7:25。
ぶる~、2階に降りてきてお弁当をかばんに入れ
「行ってきます。」
見送るために一緒に部屋を出ると3階に上がっていくぶる~。。忘れ物をしたらしい。
降りてきたぶる~を再び見送ろうとしたら次は洗面所へ。
なんでやねん。。と思いつつ待ってたら3度目にして1階に降り、玄関へ。
一人目見送り完了。

ぴんくは算数のドリルを開いたままKARAや少女時代の話に夢中になっている。
その5人と9人の名前くらいにすらすらと算数も理解できたらいいのに。。

7:45。
ぴんく、すばやくドリルを片づけ登校。
K-POPからも解放される。
二人目見送り完了。

ほっと安堵する時間。

これが我が家の朝の風景。


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆ 


時々これに加えてぶる~の忘れ物バージョン有り。

私の携帯ブルブル。
   ↓
非常に嫌な予感。
   ↓
着信 ぶる~
   ↓
「あ、俺やけど。定期忘れた。カラオケBAG(←何それ)に入れたままやねん。
 。。。いいかな。。?」
 ↓    ↓
 YES   NO  (気分次第)

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

01 * 2011/02 * 03

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。