entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/08/30 (木) 14:22

夏休みの実験 その4 樹氷

でんじろう先生のHPで発見。
簡単そうなのでトライ。 


樹氷
樹氷
樹氷
樹氷
樹氷
樹氷
樹氷
樹氷


見る見るうちに凍っていく。
夏には気持ちいい実験。

そして、あっという間に溶けていった。。。


【準備するもの】

・フェルト
・アクリサンデー(アクリル用接着剤 成分ジクロロメタン) 
・細い針金
・フィルムケース

【作り方
・フェルトを木の形に切る。
・針金を通し、自立させる。
・フィルムケースを深さが1センチくらいになるよう切る。
・フィルムケースにアクリサンデーを注ぐ。
・木をフィルムケースに入れる。
・しばらく放置。
・少しずつ成長。
・完成。 

【注意事項】

換気に注意して実験を行うこと。

続きを読む↓

スポンサーサイト
entry_header

2007/08/30 (木) 13:33

夏休みの実験 その3 食塩の結晶

食塩水食塩水
(これは飽和状態ではない…なので出来始めるのに時間が掛かった)
結晶勝手に出来始め、育ったのがコレ
 


【準備するもの】

・食塩
・水
・容器

【作り方】

・容器に飽和食塩水を作る。
・そのまま放置!
・できあがり



続きを読む↓

entry_header

2007/08/30 (木) 13:26

夏休みの実験 その2 スライムを作ろう

スライム
スライムを作ろう♪
 


【準備するもの】

・容器×3
・ボールや洗面器
・洗濯のり(PVA)
・水
・食紅
・ほう砂

【作り方】

・それぞれの容器に、
 1.洗濯のり
 2.食紅を溶かした水
 3.ほう砂を溶かした水
 を用意する。
 1と2は同量程度。
・1に2を入れ、よく混ぜる。
・大きな容器に移し、3を加えてよく混ぜる。
 このほう砂水の加減が難しい。 

【注意事項】

『ほう砂』には毒性がある。
誤って口にすると、激しい嘔吐、下痢、ショックを起こし、死に至る場合もあるので、扱いにはくれぐれも注意すること。
entry_header

2007/08/30 (木) 13:24

夏休みの実験 その1 ドライアイス

ドライアイス
ドライアイスで遊ぼう♪
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
ドライアイス
 


【準備するもの】

・ドライアイス
・ビニール袋or風船

【遊び方】

・ビニール袋の中に、ドライアイスを入れる。
 (およそマイナス78度と大変低温なので、扱いに注意する。)
・ビニールの口をしばる。
・そのまま放置。
・心の準備。
・5分後、
  バンッ!!!!!
 
【注意事項】

※ドライアイスは気化すると約750倍の体積となる。
 ペットボトルなどの密閉容器に入れると破裂し、大変危険な
 ので、絶対に使用しないこと。

※ドライアイスはおよそマイナス78度と大変低温なので、
 軍手等を使用するなど扱いには注意する。
※ドライアイスを扱う時は、換気すること。
 (二酸化炭素による中毒)

続きを読む↓

entry_header

2007/08/29 (水) 00:00

自閉症児の困り感に寄り添う支援

自閉症児の困り感に寄り添う支援 (学研のヒューマンケアブックス)自閉症児の困り感に寄り添う支援 (学研のヒューマンケアブックス)
(2007/08)
佐藤 曉

商品詳細を見る








☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

第1章 「困り感」に寄り添うために
 なぜ「理解」が必要か
 自閉症を知るとは、子どもの「困り感」を知ること
 「困り感」を定義する
 障害の傾向性と困り感
 自閉症の生活世界を探り当てるために
 コラム●「教育の言語」としての「困り感」
 コラム●哲学と自閉症理解

第2章 乗れる島の少ない子ども
 「困り感」の源泉
 三項関係が成立しにくい自閉症
 「意味」を子どもに伝える
 自閉症の子どもは「意味」をどう学ぶか
 意味の島とこだわり
 実践に向けたヒント●慣れるということ

第3章 周囲の状況への適応
 混とんとした世界
 たくましく生きる自閉症の子どもたち
 共同的な営み
 実践に向けたヒント●知識が偏りがちな自閉症の子ども
 コラム●「こと」の薄い世界

第4章 時間と「困り感」
 「いま」を生きること
 時間の空間化と自閉症
 スケジュールを教える
 実践に向けたヒント●すぐには作れない、
  しかしいったん出てしまうと消せない画像
 実践に向けたヒント●待つということ

第5章 ことばを生む素地
 ことばの発達がどう語られてきたか
 四項関係によることばの敷き写し
 自閉症とことばの育ちにくさ
 コラム●ことばの力

第6章 ことばがなぜ通じるか
 心の理論への疑問
 生身の他者とともに生きるということ
 言語ゲーム
 自閉症の子どもと言語
 実践に向けたヒント●話がなぜ伝わるか

第7章 コミュニケーションと人間関係
 コミュニケーション問題の糸口
 コミュニケーション① 期待を受け取る
 コミュニケーション② 要求を届ける
 人間関係 媒介をつくる
 実践に向けたヒント●達成感と期待
 コラム●「あいだ」とペルソナ

第8章 この時代と「困り感」
 自閉症の子どもがもつ弱さ
 機能性と「困り感」
 感情労働と「困り感」
 自己決定と「困り感」
 実践に向けたヒント●シナリオをつくる
 コラム●弱さを生きるためのヒント

第9章 定型外を理解する
 あらためて自閉症という障害について
 定型と定型外
 他者理解とはどういうことか

 参考文献

 あとがき

      (本文中およびエピソード中の人名は仮名です) 
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2007/08/01 (水) 09:33

こらっ!(怒)

また家児相だ。

5月にぴんくの検査を入れるという話をした。
その時、すぐに対応したほうがいいということで
「お母さん、明日、学校のほうに検査の連絡を入れてください。早いほうがいいですから。学校、抜けていただいても大丈夫ですか?1学期中には絶対検査しておきましょう。」
という話だったので、即、学校に伝える。
待てども待てども連絡がない。
6月、
「学校のほうは、早退の許可もいただいているんですけど、いつになりますか?」
と訊ねる。
「ごめんなさい、お母さん。すごく人がいっぱいで… 早退でもいいんですね。わかりました。すぐに手配します。」
7月、
「検査は。。。?」
「お母さん、ごめんなさいね。8月中には必ずお入れします。」
8月、
「検査。。。」
「すみませ~ん。まだ決まってないんですよ。とにかく人がいっぱいで。決まり次第○○先生のほうからお電話が入ると思いますよ。」
「8月中ですよね?」
「できるだけそうします。」←できるだけって(-"-) 
              ここでブチッ。

こちらは5月の時点で学校の先生方にもすぐに連絡し、
先生方も心づもりでいてくださったのに!

今までも平気で検査をすっぽかされたことだし、今回こそはって思ってた。
そういえばお願いしている子どもの書類、
依頼したのは確か2005年の秋頃。
まだ受け取っていない。
遅れてる説明もない。
ズルズルズルズル後回しにされた挙句、絶対忘れてるはず。

もしこれで8月中に検査入れなかったら、今までのこと、全部上にぶちまけよう。
10年間、いろいろありすぎ。
ここまで続いたら体質に問題ありだ。

人の面談すっぽかして、どこぞの幼稚園でのんびりお茶してたことも知ってるぞ。
園長先生が困るくらい根を生やしてたと。
ダブルブッキング&すっぽかし、当たり前。
しかも連絡は無いほうがはるかに多かった。

私の小さな器はもう怒りであふれかえってる。
ふんっ(-"-)

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

07 * 2007/08 * 09

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。