entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2007/01/31 (水) 09:21

学校土産

ぴんく、時々、学校からお土産を持ってきてくれる。
最近は四葉のクローバーが多い。
養級の先生によると、“四つ葉の株”というのがあるようで、
その株からはたくさん四つ葉のクローバーが生えてくる。
四葉のクローバー
四葉のクローバー

ぴんく、ありがとう(*^^*)

 ↓は。。。虫嫌いな人は見ちゃダメ。

続きを読む↓

スポンサーサイト
entry_header

2007/01/30 (火) 22:33

質問ノート

繰り返しに安心する。

その為なのか、
ぴんくはいつも同じ質問を何度も何度も繰り返す。
いい加減に答えたら、後が大変(訂正が効かない)ので、
私なりに誠意を持って答える。
辞書で確認してから答えることもあるし、
確実な答えがわかるまで保留してもらうこともある。

そんな中、
一応きちんと答えたはずの質問であってもまた繰り返される。
「前にも言ったでしょ」なんて言いたくないが、
相手にいつもゆとりがあるわけじゃない。

今日、また同じ質問をされた時に、
質問ノート』を作ってみた。
一緒に「どうだったっけ?」と確認しながら、
「いつでも確認できるようにノートに書こう。」
と小さなメモ帳をプレゼント。
ぴんく、気にいったようで、
早速その質問と答えをメモ帳に書きとめる。

どうかな? 安心できたらいいんだけれど。
entry_header

2007/01/30 (火) 07:47

発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第5弾

『ハートをつなごう』

発達障害第5弾

教育テレビ 2月7日(水)、8日(木) 午後8:00~8:29
再放送 2月14日(水)、15日(木) 午後1:20~1:49

学校編のパート2として、普通学級での支援をどうしたらよいか、を考えます。番組では愛知県の小学校で、発達障害の子どもを普通学級で支えているケースを紹介。さらに校長や教員、関係者をスタジオに招き、発達障害の子どもを支えるためのクラス運営や学校運営のヒントを探ります。


※放送予定が変更
entry_header

2007/01/30 (火) 00:00

自閉っ子は、早期診断がお好き

自閉っ子は、早期診断がお好き 自閉っ子は、早期診断がお好き
藤家 寛子 (2007/01)
花風社

この商品の詳細を見る








☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

1 サイは投げられた
  自閉っ子、上京する!?/中野区/たんこぶ騒動/
  湘南の海/フラッシュで凍てついて

2 さよなら、ちゅん平ワールド
  世界観が変わっていく
  先生からセンコーへ/自閉脳がとらえた家族像/
  自閉脳がとらえた学校/新しい仕事/
  やっかいな世界観/大混乱の引っ越し/
  かもしらない病/世界が崩れていく!/帰郷

3 新しい世界
  幻覚は続く/それでも仕事がしたい/
  自閉っ子も友達を求めている/家の工事でまた混乱/
  メディアの怖さ/私は誰?

4 ふり出しに戻る
  生活感がない?/自分で気づけるようになる/
  人とかかわるということ/自立支援プログラム

5 三回目のスタート
  記憶を塗り替える/北海道で生きる実感を取り戻す!

6 リアルワールドへようこそ
  経験するから実感できる/生活していく/
  いろんな見方がある!

7 ちゅん平、空を飛ぶ
  とにかく伝えていこう/不安が減っていく/
  体力のなさと折り合いをつける

8 新しい生活
  ルールブックを作っていく/
  世の中は分業、人には意思がある/早期発見が大切/
  目標ができた!

9 目標
  人より学ばなければならないことが多い/
  将来に向かって
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2007/01/29 (月) 07:39

コンセント

その1『グリム童話』

掃除中。

廊下に掃除機のコンセントを挿して、
階段をのぼってゆく。
ガー、ガー。
上のほうまで行くと、下からぴんくの声が。

「ラプンツェル、ラプンツェル、
 お前の髪を垂らしておくれ。」

何、やってんだ?
ガー、ガー。

「ラプンツェル、ラプンツェル…」
ガー、
 ぶちっ 
   …掃除機が止まった。

髪をばっさり。。。
じゃなく、コンセントをぷっつり抜かれた(-_-;)

共通点、
あるような、ないような。



その2『故障』

今朝のぶる~、英語を頑張る。
CDをセットして、スイッチ。。。が入らない。
アタフタするぶる~。

「コンセント、入れてる?」
「あ…」

解決。
entry_header

2007/01/27 (土) 23:59

社会勉強

今日、ショッピングモールを歩いていたら、かばんの売りつくしsaleが。

ぴんくと、
「ちょっと覗いていこうか?」
と、ワゴンに突撃!
ぴんく、ピンク色のバッグを物色している。
ただ、周りはすごい勢い。
かばんが上から下から飛んでくる。
かばん以外の物まで飛んでくる(-_-;)
だんだんぴんく、怖くなってきたようだ。
「怖い」
と弱気。
残念ながらここで引き上げる。

別のお店で。
ここも冬物大バーゲン実施中。
ちょうど、ぴんくのニット帽が欲しかったので、探してみる。
あった、あった!
かわいい帽子がなんと半額。
かぶせてみるとよく似合う。
ぴんく、気に入って
「これにする!」
とご満悦。
レジに並び、帽子を差し出すと、店員さんが、
「これ、かわいいですね(*^^*)」
と言ってくださる。
「娘に。。」
と答えると、
「あ、お嬢さんのでしたか。」
と明らかに動揺する店員さん。
テープを変なとこに貼ってみたり(笑)
私がかぶると思われた。。。?
赤と白で、ハートが編み込まれてて、でっかいボンボリのついた帽子。。。(^^;;
なんかお互い笑えてきてしまった。


関西で生き残るには、買い物も上手に賢く、そして、楽しく♪
人ごみに屈してはいけないのだ、ぴんく!v(゚ー^* )
って、今日は、私でも怖かったけど。。(苦笑)

続きを読む↓

entry_header

2007/01/25 (木) 13:43

わがまま

してきた今日。。。
今日、私に会った方々、ごめんなさい&ありがとうm(_ _)m

すごい構えて向かっていったら、肩透しを食らってしまった。
なにを一人相撲取ってたのやら。。。

ありがたく思う一方で、自分がドの付く最低人間に思えてきた。
自分の情けなさを紛らわすために
「給食費払えよー」
とTV相手に憤る。

あ~、やっぱアホだ。
都合良く思考のすり替え。

学校に立ち寄って、
校庭を走るぴんくの姿を見、
指しかけの将棋盤にぶる~の気配を感じて帰ってきた。

それにしても、小学生ってこんなに優しかったかな。
そのお父さん、お母さん達も優しくて。
器の違いに衝撃だ。

器といえば、ぶる~とぴんくの場合、
器の入り口がちょっと狭くなっていて、そこにこぼさず注ぐところに配慮が要るんだって言われたな。
器の大きさは未知数だ。
今もまだまだわからない。

でも私の器は容量少なかった。。。(/_-。)
だから同じとこクルクルまわってるのかな。
これじゃーまるで行列毛虫だ。
いやいや、同じようにみえて、日毎に糸は太くしっかりしてくるハズ。
あ、でもファーブルの実験では最後に毛虫、死んでたな(苦笑)

まぁいいや。

ぼーっとしてる時の思考を文章にすると、
ちょっと恥ずかし。。。(^^;
entry_header

2007/01/23 (火) 15:25

乱れに乱れて。。

役員をしていると、どうしても家を空けがち。
昨日も帰宅が遅くなってしまった。
7時に戻ると、二人、もうカレーを食べ終えて、入浴も済ませていた。
二人のこんな様子、二年前の役員時には考えられなかったこと。
以前は連日家を空けっぱなしてしまい、ぴんくなんて抜毛症になったほどだ。
今回の役員は、回数も少なめだし、夜出ることが少ないからかな。

昨晩、うっかりリビングで眠り込み、はっと起きたのが3時。
お布団に入るが寝付けない。
やっと寝付けそうになってくると、PCで仕事してるダンナが寝室横の階段を上がったり降りたり。
挙句に5時過ぎに子ども達が起こされた。
本人は涼しい顔で6時前に家を出たけど。。。
私は結局3時から一睡もしていない。

夢うつつ。。。(* ̄。 ̄*)。。。oO

続きを読む↓

entry_header

2007/01/22 (月) 12:53

眠気

くよくよしやすい私。

今、ちょっとしんどいことがあり、
その事で眠れない日が続いている。

家族で買い物に出掛けた昨日、
立っているのが辛くなり、
一人、椅子のあるところで休んでいた。

暇で、しばし人間ウォッチング。

ツンツンッ

「ふあっ!?」

びっくりして思わず声が出る。
目の前に私をつつくぴんくと、笑ってるぶる~。
「ここはどこ? あなた誰??」状態の私だ。
15分ほどの間に眠り込んでいたらしい。。。

「隣に座ってたおばちゃんに大笑いされとったで!」

あらら。。逆に人間ウォッチングされてたんだ。

「眠れない」
とか言いながら、こんなとこで瞬眠(こんな言葉、あるのか。。)できるなんて。。

悩みなんて、こんなもんかな。。(苦笑)
entry_header

2007/01/21 (日) 11:35

苦しい

今日はダメだ。

気分が底。
とことんどん底。

今週は、頑張ってテンション上げていこう。
今週いっぱいは、無理してでも絶対下げない。

まだ踏ん張れ。

続きを読む↓

entry_header

2007/01/20 (土) 00:01

親ばか

学校で“自分史”を作成しているぶる~。

その一環で、赤ちゃん時代の写真などを持って行った。
その写真を見たクラスの子達(男の子も女の子も)が
「かわいい」
と言ってくれてるとのこと。
 そうでしょ!?
 かわいいでしょ!!(*^^*)

「それが。。」
とぶる~。
“ちっちゃい時はかわいかってんなぁ。”
“この頃は純粋な顔してるな。”
“え? これほんまにぶる~?”
“これ、違う子どもの写真とちゃうん?”
“ぶる~、どっかでこの子と入れ違ったんちゃうんか?”
「…って言われるねん。これ、今をけなされてるんやんなぁ。。。」

そりゃ。。
多少、間延びはしたけど。。。(^^;
赤ちゃん時代は本当にかわいかったし!

夜、
「健康診断で体重32キロあったわ。真剣に考えなあかんなぁ。。。」
と、ぶる~。
そりゃ私に対する反撃か(-_-;)

ほかにも
「オレ、体の半分足やんな?」
感じ方、めでた過ぎ(^^;;

続きを読む↓

entry_header

2007/01/19 (金) 23:50

あふれる言葉、みなぎる自信

最近、ぶる~が学校での話しをいっぱいするようになった。
勉強のこと、休み時間のこと、クラブのこと。
帰宅したとたん、スイッチが入ったように話し出す。
算数で解法を見つけられたこと、図書で将棋の本を見つけたこと、クラブで仕上げた作品のこと、休み時間にする将棋対局(同級生や校長先生と)やグランドでの遊びのこと、本当にいろいろ。

以前はこちらから聞いてもわからなかったり、忘れてしまってたり。
先生とのノートや、お友達、そのお母さん達から入ってくる情報が全てだった。
それが自ら次々伝えてくれる。

『伝えたい』と思うことがある。

“存在感のなかった自分”が、“クラスの一員として存在している”と感じられるようになった。
挙手して発言したことがクラスの皆に支持される、将棋で一目置かれる、算数なら負けない。。。苦手なこともたくさんあるし、そのことで辛い思いもいっぱいしてきたけど、好きなことも増えてきた。
好きなことは自分の中だけじゃなく、外へと世界を広げていくことを感じはじめている。
そんな自分を見つけた喜びを伝えたい。

ぴんくは、障害がはっきりしているので、比較的守られた空間で生きてきた。
今のところ、ぶる~ほどの葛藤はない。
その分、伸び伸びと過ごしているし、
“人が好き”っという思いもストレートに表現する。
先生、大好き♪ お友達、大好き♪
学校の話しはいつもいっぱい。
絵の中にも、ぴんくのそんな日常や夢があふれている。
“私が好き”“あなたが好き”
そんな気持ちをいっぱい表現している。

“自分"が“自分”をちゃんと認める。
大切にしないと無くなってしまう自信。
それを失わなければ、
体中でいっぱい感じ、体中でいっぱい表現できる。
受けとめてくれる人がいるならば、
きっとたくさんの気持ちを表してくる。
“もっと!”っていう前向きな欲も出てくるだろう。

続きを読む↓

entry_header

2007/01/19 (金) 09:28

英語の参観

今週は、二人の英語の授業の参観があった。
幼い頃から英語をやってるお友達が多く、スタート地点が大きく違い、我が家の二人とっては苦手意識が強いもの。

ぴんくの先生は、外国人の男の先生。
日本語も話されるし、担任の先生も一緒に入ってくださるので、全くの置いてけぼりではないが、4年生にしては内容がむずかしく感じた。
あまり集中できないぴんく、机に伏せてなにやらやっている。
見ていると、机にはぁ~っと息を吹きかけて、曇ったところを指でお絵描き(-_-;)
一応、本人なりに、大人しく過ごしているつもりのようだ。
わかるところだけ参加している。
全員に回ってくる質疑応答は無難にこなしていた。
一番楽しそうだったのは、英語の遊び歌。
もうノリノリ♪
にこにこのぴんく(*^^*)

ぶる~の先生は、ご近所にお住まいの女の先生。
以前、学校とは違う場所、違う立場で出会ったことがあり、本当に素敵で印象に残っていた方だ。
それが昨年度から学校で子ども達がお世話になることになってびっくり!
先生が教室に入られたとたん、どんどん授業をリズムに乗せていく。
こちらも遊びの時間が設けられ、班対抗の英語クイズで得点を競い合う。
ぶる~の班に回って来た時、なんとぶる~が挙手、英語で答える。
ぶる~は苦手なものほど燃えるのか。。。
“変な汗をかく日”だった参観が、こんな風に裏切られようとは。

続きを読む↓

entry_header

2007/01/16 (火) 10:04

意外な一面

我が家の自宅前の道路、派手に舗装工事をやっている。
事前に説明があり、
「お車は出せませんが、徒歩は全く大丈夫です。」
ということだった。

8時半から5時半。
ダンナは6時台に出勤(電車通勤)するし、
子ども達も8時前に登校するから、朝は大丈夫。
でも、下校はど真ん中。
そのことを今一度確認してみると
「足元は悪いですけど大丈夫です。」
とのことだった。

二人に説明する。
「帰って来る時、家の前の道路は工事で大変なことになってるけど、通っても大丈夫だそうやから、警備の人に言って、通してもらってな。」
「そこの家の者です、って伝えて。」

昨日、工事の様子を見ていると、大きな重機が何台も入り、結構危なげ。
しかも、「徒歩はOK!」のはずが、皆、回り道させられている。
もうすぐ二人、下校してくるのに。。。

混乱したら大変だ。
寒いけど、二人が帰って来るのをいち早く発見すべくベランダに立つ。
15分くらいして遠くにぴんくの姿が見えた。
下に走り、工事の人に
「今、子どもが帰って来るんですが、大丈夫ですか?」
と聞くと、
「わかりました。大丈夫です。」
とのことでホッ。

全体から湯気の上がるアスファルトの上を、ぴんく、
「熱い、熱い」
と言いながら走ってきた。
「ありがとうございます。もう一人居るんですけど。。」
「あ。。もう一人ですか(^^; わかりました。大丈夫です。」

説明に来る人と現場の人とでは微妙にズレがあるような。

ぴんくに大丈夫だったか聞くと、
「うん、大丈夫。でも“回ってください”って言われてん。だから、“前を通って帰るように言われたんだけど”って言ったら通してくれてん。」
と、警備の人に交渉してきたようだ。

絶対、混乱するだろう。。とベランダに立ってたのに、嬉しい誤算。
見てる限り100パーセントの人が回れ右(右じゃないけど)してる中、言われたことを頑張って相手に説明。
警備の人も、それを受けてくださった。

後はぶる~。
ぴんくと同じ6時限同士なのに、どうしてこんなに遅いのか(-_-;)
私がベランダで凍えきってきた頃、工事も一段落し、他の人達の通行も許可され始めた。
これやったら大丈夫、と家に入る。
と! ピンポ~ン♪
ふざけた息子だ(-"-)

一応、大丈夫だったか尋ねると、
「うん、“いいですよ”って言ってたから通ってきた。なんか地面がぶよぶよしてたなぁ。」
「ちょっと前は皆、ぐるっと大回りさせられとったんやで。もし“回って下さい”って言われたらどうするつもりやったん?」
「そしたら回ってくる。」
「工事の真ん中に家があるんやから、向こうに回ってもまた“回ってください”って言われるだけやで(-_-;) そんな時は裏道から帰っておいで。」
「あ。。。! そうか。」

今日も工事してるけど。。どうかな。


二人の意外な部分。
ぴんく、意外にしっかり。
ぶる~、意外にぼんやり。
entry_header

2007/01/16 (火) 00:00

中学・高校におけるLD・ADHD・高機能自閉症等の指導

自立をめざす生徒の学習・メンタル・進路指導―中学・高校におけるLD・ADHD・高機能自閉症等の指導 自立をめざす生徒の学習・メンタル・進路指導―中学・高校におけるLD・ADHD・高機能自閉症等の指導
柘植 雅義 (2007/01)
東洋館出版社

この商品の詳細を見る








☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ

はじめに

Ⅰ章 理論編

1 学校教育の今
  現在の教育動向と個に応じた指導

2 特別支援教育とは?
  基本的な考え方とシステム

3 LD・ADHD・高機能自閉症等の理解
 ①定義、判断基準(試案)、全国実態調査、効果的な指導法
 ②LD・ADHD・高機能自閉症等の医学

4 校内支援体制の構築と関係諸機関との連携
 ①モデル事業、ガイドライン、整備状況
 ②中学校における指導と支援体制、管理職の役割
 ③高等学校における指導と支援体制、管理職の役割

Ⅱ章 学校生活編

1 校内支援体制の実際
 ①校内委員会の設置
 ②特別支援教育コーディネーターの役割
 ③実態把握
 ④ケース会議における協議
 ⑤個別の指導計画の作成と活用

2 養護教諭との連携
  養護教諭が果たす役割

3 集団活動への参加
 ①行事
 ②部活動・委員会
 ③校外での体験活動

4 環境づくりの工夫
 ①学校全体の環境づくり
 ②リソースルームの活用

5 人間関係づくり
 ①友人関係
 ②教師との関係づくり
 ③親子関係

6 障害理解と自己理解
 ①自己理解
 ②障害について知らせる
 ③カミングアウト
 ④クラスメイトへの障害理解促進

7 二次的な課題への対応
 ①不登校への対応
 ②いじめ・虐待の防止
 ③カウンセリング

Ⅲ 教科指導編

1 中学校における教科指導
国語 
 ●<作文>作文をかくことができない生徒
  -ポストイットを利用した作文指導-
 ●<個別学習>単語の意味理解があいまいな生徒
  -安心感を与えるシンプルな教材-
社会
 ●<歴史>歴史の授業の流れをつかむのが苦手な生徒
  -目標と内容を明確化した歴史の授業-
数学
 ●<図形>図形問題が苦手な生徒
  -視覚的な情報を有効に活用する-
理科
 ●観察・実験の手順や目的の理解が難しい生徒
  -視覚的な情報で見通しをもって学習する-
保健体育
 ●<器械運動・球技>鉄棒・集団での球技が怖い生徒
  -スモールステップで目標を示し、緊張感をとり
   のぞく-
 ●<体つくり運動>イメージ通りに体を動かすことが
  できにくい生徒
  -エアロビクスで「体への気づき」を深める-
音楽
 ●<諸活動全般>配布物の管理ができない生徒、忘れ物が
  多い生徒、活動内容の区切りが把握できない生徒、
  集団の中での諸活動を行うことが苦手な生徒
  -授業に集中できる環境づくり-
英語
 ●スピーチなどが苦手な生徒
  -英語学習によるコミュニケーション指導-

2 高等学校における教科指導
数学
 ●<2次関数とそのグラフ>ノートをとるのが遅く、筋道を
  立てて考えるのが苦手な生徒
  -プロセス・カードを活用した指導-
 ●<2次関数>指示や説明の理解が遅く、見通しをもって
  考えることができない生徒
  -時間配分や視覚情報の活用による集中力のUP-
 ●<分数の計算>苦手な計算があると授業に積極的に参加
  しない生徒
  -スモールステップで自信をつける-
英語
 ●集中力が不足し、単語をまとまった形として認識でき
  にくい生徒
  -個別指導の工夫-
 ●<人称の指導>人称の理解力が低い生徒
  -視覚情報を用いた人称指導-
情報
 ●<ローマ字変換による日本語入力>ローマ字を覚えていな
  いために日本語入力が苦手な生徒
 ●<文書デザイン>漢字やローマ字が苦手でパソコンを扱え
  ない
  -入力練習ソフトを活用したローマ字学習-
農業
 ●<野菜づくり>説明を理解し、実行するまでに時間を要す
  る生徒
  -実体験を通した指導-

Ⅳ章 進路指導編

1 就労支援
 ①就労支援の在り方
 ②専門的な相談機関の活用
 ③ジョブコーチによるサポート

2 進学支援
 ①進学支援の在り方
 ②中学校から高等学校への進学支援
 ③高等学校から大学への進学支援

Ⅴ 中学・高校時代を振り返って-本人・家族の事例-

本人の立場から
 ●算数障害と共に生きて
 ●自分の人生を振り返って、今思うこと
 ●今の栄理子さんから・・・「中学・高校時代のえりこ
  さんへの手紙」
 ●今、心から幸せを感じる私に学校生活が与えた影響
 ●環境改善からの出発
 ●アスペルガーの世界からのお手紙です

家族の立場から
 ●障害名にとらわれず、先を見据えた子育て
 ●やっとたどり着いた「学校、楽しい!!」のひと言
 ●自立を支える

執筆者紹介

*本文中の特別支援学級、特別支援学校は、(改正)学校教育法が施行される前の平成19年3月31日までは、特殊学級、盲、聾、養護学校である。
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2007/01/15 (月) 11:49

ドラマの選び方

二人とも高学年になったので、
普段は9時に就寝のところを、週末だけは遅くなってもいいことにした。
そこで一番に飛びついたが『エンタの神様』。
小学生には人気がある番組。
ずっと話題に上がっていて、ぶる~、気になっていたらしい。

その間、9時から10時はどうしよう。
「テレビつけ忘れて、スタートが遅れたらあかんから、10chつけとこう」とぶる~。
ぶる~、普段は
「もったいないから」
と時間直前になるまでTVをつけず、終われば即消す。
それが、この気合の入りよう。。。(^^;

そう、選び方の基準やきっかけは“間つなぎ”。

昨年度は、『たったひとつの恋』。
ずっとドラマから離れていた私も、数回見るうちに楽しみになった。
ぴんくにはまだむずかしい内容だったけど、菜緒の持っている携帯をチェックして、ショップで確認したりとそれなりに楽しんでいた。
ぶる~にとっては、“人生の参考書”(笑)
少々ドラマチックすぎるかな。

昨年末で『たったひとつの恋』が終わり、
新年を迎えて、新たに我が家が観ることになったドラマは、
『演歌の女王』。
これまた濃い人生が。。。(笑)
ぴんく、これにはすっかりハマり込み、
「信じる」「信じない」の分かれ道には大笑い。
ぶる~も、「あ、お金、渡したらあかんのに。。」と必死。
こっちの参考書は役立ちそう!

続きを読む↓

entry_header

2007/01/15 (月) 00:00

勉強面等。。ぴんく ~S先生(Dr.)から~

勉強面

【国語】
日本語の基礎的な部分について。。。
対策本として、日本語検定(小学生なら4級程度)、絵の叙述(こぐま会)
例)
・AしたりBしたりしてはいけません。
 A-×
 B-×
・右から3つ…○○○○●●●
 右から3つ目…○○○○●○○
・□は■のお兄さんです。
 ■は□の弟です。
・△は▲に◎をあげた。
 ▲は△から◎をもらった。
・絵の叙述 選択肢から選ぶ。
 ・・・が・・・しています。
・口頭→絵を選ぶ。
・ST カード→主語・述語
    文章読解

【算数】
パターンを覚える。
例)
・1+1=2
 1+1+1=3
 1+1+1+1=□
・2+1=3
 2+2+1=□
・下の文が正しくなるように□から記号を選んで( )をうめなさい。
 
他、機関紹介、参考書籍紹介、等。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

参考書籍

アスペルガー症候群への支援 小学校編

アスペルガー症候群への支援 思春期編

ガイドブックアスペルガー症候群

コミック会話

お母さんと先生が書くソーシャルストーリー

ソーシャルストーリーブック 書き方と文例

こんなサポートがあれば!

これは便利!! 5段階表

三省堂ことばつかいかた絵じてん 三省堂ことばつかいかた絵じてん
金田一 春彦 (1998/02)
三省堂

この商品の詳細を見る
entry_header

2007/01/11 (木) 22:48

心境の変化

最近、よく感じるようになった。
二人を見ていて、なんだか今までとは違うような。。。

これが『思春期』なのか。

そろそろ思春期に突入のぶる~。
マイペース、マイワールドでやってきたのが、
最近、意識が大きく変化してきた。

多分、最初の大きな壁は一年生の頃。
「どうして僕はこうなんだ?」
「残念な脳みそに生まれてきた」
という思いに激しく荒れた。

その後、今までのように、人に思いをぶつけていくことは減ったが、まだまだ余裕が無い状態で、友達とトラブルもあった。
「オレは一人でいるのが好きやねん。」
「休み時間は教室で本、読んでたいねんけどなぁ。。。」
誘われれば付いて行くが、消極的に回避。
トラブルがあっても表に出さなくなり、ぶる~が見えにくくなった。
巻き込まれていくような、ちょっと複雑な友達関係に疲れてもいた。

それが最近、友達と過ごすことが、本当に楽しく感じられるようになってきたようだ。
ぴんくに向かって、
「友達、作っといたほうがええで!」
なんて言っている。
私にも、学校であったことを次から次へと話してくれるようになった。
中学校に関しても、
「クラスに誰か知ってる人、おるかなぁ」
「友達できるか心配や~」
という言葉が聞けるようになった。

幼い頃は自分の世界だけ。
その場的に関係を持てることもあったけど、
継続できるものではなかった。
小学校に上がり、
最初の頃は、勢いやノリでグループに混ざっていたのが、
だんだん一人を好むようになってくる。
そして、大人しい子同士でなんとなくつるむようになり、
そこにボスタイプの子が入ってきて仕切りはじめ、
上下の関係に。
疲れ、頑張って意識して距離を取るように。
また一人に戻った時間を好きなことに費やし、
趣味が増え、自信を持ち、
そこからまたちょっと視点の違った友達関係が築けるようになった。

自分を、少し客観的に見られるようになった。
ぴんくのことも、客観的な視点で見ることが増えた。

「ぴんく、ちょっと声が大きすぎるで。」
「ここで他所のお店の話しをするのは失礼や。」
「その顔はやめといたら? お笑い系やで。」
今まで、
悪意のない笑いに傷ついたり、
視線が突き刺さったこともあったのだろう。
じゃ~ん、
プチ保護者、誕生(苦笑)

苦しかったことが、
いつの間にか違う形に変わっていく。



同じく思春期が近づきつつあるぴんく、
勝ち負けにこだわり、兄に対してライバル心を持つようになってきた。
今までジャンケンの意味もわからず、負けることにも譲ることにも、悔しさを感じることが無かったのだけど、この頃は違う。
「負けたくない。」

そして、いろんなお話しやアニメなどのキャラクター性に注目するようになった。
それが、ぴんくのモデルになっているようだ。
「しっかり者で、ちょっと勝気」
ぴんくの目指すキャラ。
人から見るそれとはちょっとギャップがあるけれど。。。(苦笑)

ずっと友達の“妹分”のようなポジションだった。
それは今でもそうだろうけど、本人の意識は変わってきた。
ただただ皆と一緒に居たくて、輪に加わることで安心していたぴんく。
この頃は“一人で頑張る”意識が強い。
できないことは
「苦手」
と表現する。
「できない」
と言うことは少なくなり、
「わからないから教えて」
「難しいから手伝って」
と前向きに。

人間関係の中でも、
自分を押し出す面、引く面のバランスを計っている。
天秤が揺れるようにゆらゆらと。
少々の失敗にめげない、
経験は先へとつながっていく。

外へ外へ、
気持ちは外へ向かってる。


今、追い風。
entry_header

2007/01/11 (木) 09:25

りりちゃんとともくん

ぴんくには妹がいる(らしい)。
名前はりり。

ぶる~に「人形」と言われたら、
「りりは人形じゃない!」と怒るぴんく。
かわいがっている。
(けど、いじめてもいる(-_-;) )

何年もずっと赤ちゃんだったのだが、
昨年の5月15日、やっと1歳になった。
今年度から、保育園に通っている。
そこでできたお友達の一人がともくん。
アリ。。。なんだそうだ(^^;
普段は人間のキグルミを着ている。
お隣に住んでいて、土曜日になると泊まりにくる。

話しがどんどんとリアルになっていって、
園でのお友達が増えてきた。
りりちゃんの一番の仲良しはゆりかちゃん。
本当のお友達には“ゆりかちゃん”はいないので、
ぴんくが考えた名前なんだろう。
この頃は、空想と現実が区別がつくようになり、
だれかれなく空想の話をするようなことは少なくなった。

ちょっと画像が悪いけど、ぴんくが描いた空想の世界。

riri
1歳になったりり。
口煩く、やんちゃに。
保育園
りりのクラスの様子
ゆりかちゃん
りりの仲良しゆりかちゃん(赤いリボン)と
その友達(名前は忘れた)
ケーキ屋ゆりか
どっかで見たような制服
憧れ?
ゆりかの部屋
ピンクのベッド&ドレッサー
将来はぴんくもこんな部屋に住みたいらしい



続きを読む↓

entry_header

2007/01/09 (火) 14:09

新学期!

長く長く感じた冬休みが終了し、今日から学校スタート♪
やっと私にもゆとりある時間が戻ってきた。

休み中も早起きだった二人、今日もすんなり起床。
いつものように、各々朝娩までしている。
こういうところはすごいなぁ。。。
私はどうにも間に合わなかった時の考査以外、早起きして勉強できたためしがない。

宿題や道具箱を引っ提げて登校。
養級の先生からお電話をいただき、学校でもすんなりとスタートできた様子に嬉しくなる。

ぶる~にとっては最後の学期。
全部わかってくださってる先生、安心できるこの場で、楽しいことでもトラブルでも、やり残したって思うこと全て経験してくれたら嬉しいな。

ぴんくも集団に溶け込み、集団での指示も通るようになった。
“しっかり者”のキャラでありたいらしい。
頑張れ~(笑)


続きを読む↓

entry_header

2007/01/04 (木) 23:30

三が日

 ☆一日目☆彡

二人、お節も年々楽しめるようになってきた。
お雑煮も大きなお椀なのにおかわりまで。
ぶる~11歳、ぴんく10歳。
10年経てば、もう大人。。。早いな。
初詣でおみくじを引けば、
ぴんくと私が大吉、ぶる~とダンナが中吉だった。

その後はドライブを兼ねて食事・買い物へ。

 ☆二日目☆彡

おばあちゃんの家に行くのも恒例行事。
人数分のケーキを買って持っていくのも楽しみの一つ。
ぴんくはイチゴ、ぶる~はチョコかチーズがお気に入り。

おばあちゃん家では、まずはお節をいっぱい食べて、
その後、凧揚げをしに行ったりするのだが、
今年は残念ながら雨。。。
外で遊べないので、家でトランプ。
全員揃っての大富豪。
私は順調に成り上がっていく。
そして、私:大富豪、ぴんく:ど貧民、に。
ぴんくから2枚のカードを受け取ってみれば、
なんと「6」と「3」。
あり得ない!
ぶる~情報によればジャック2枚を隠し持っていたらしいが、手放したくなかったらしく、しかめ面をこちらに向ける。
眼力に負ける私。。。(-_-;) 
最近、勝ち負けがわかってきて、すごくこだわっているのだ。
仕方ない。。。と諦める。
それにしても、大富豪なのに絵札が一枚もないなんて。
そんな中、2枚揃った「4」は切り札だったのに、一番弱いカードだった為、ぴんくのもとへ。。。(涙)

ど貧民に転落するも、再び大富豪に駆け上がる!
その後の神経衰弱も勝ち、七並べも優勝♪
罰ゲームで、一番上にあるダンナの手に思い切りしっぺを喰らわせ、気分良く締める。

その後も、いとこたちやおじ・おば相手に嬉しそうにおしゃべりする二人。
幼児期は、誰がいようが、何をしてようが、自分の世界で一人ぽつん。。としてたのに、今や自分中心に地球を回している二人(苦笑)

 ☆三日目☆彡

昨日、雨でできなかった凧揚げをするために広場へ行くが、サッカー小僧たちに占拠されていた。
残念。。。!
ということで、宿題の書初めやなわとびをすることに。
今日は、一日とは違う方面へ車を走らせる。


あっちこっち、
うろうろしてばかりの三が日。

続きを読む↓

entry_header

2007/01/01 (月) 10:28

おめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします(*^^*)

続きを読む↓

entry_header

2007/01/01 (月) 00:00

スペクトラムとしての軽度発達障害 Ⅰ 現代のエスプリ (No.474)

スペクトラムとしての軽度発達障害(1) 現代のエスプリ(No.474) スペクトラムとしての軽度発達障害(1) 現代のエスプリ(No.474)
石川 元 (2006/12)
至文堂

この商品の詳細を見る









☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
座談会/「軽度発達障害」は教育と医療のインターフェース
    になりうるか●上野一彦●横山浩之
    ●中根 晃●石川 元
スペクトラムと呼ばれるファントム
統合失調症スペクトラム障害の「スペクトラム」とは何か●阿部隆明
自閉症スペクトラム障害説●佐々木正美
-援助対象が「スペクトラム」でなければならない理由
スペクトラムとしてのチック障害●斉藤卓弥
重ね着症候群と軽度発達障害●衣笠孝幸
微細脳損傷-言語性・非言語性学習障害-軽度発達障害は纏綿たる奔流か
微細脳損傷・微細脳機能障害の今日的意義●星野仁彦
DAMP症候群と軽度発達障害●平林伸一
「軽度発達障害」という「診断」を設定することで発見されるもの、隠蔽されるもの●生地 新
ADHDは発達障害か?●原 仁
いわゆる軽度発達障害に境界知能/軽度知的障害を加えるかどうかと言う背景●小枝達也
LD・ADHDを発達障害に含めない見解について●磯部 潮
なぜ軽度発達障害と言う名称が用いられないのか●島 治伸
発達障碍とは何か-関係発達の視点による「軽度」の再検討●鮫岡 峻
インターネットにおける軽度発達障害●吉川佳奈
マージナルな知力
通常の学級において不適応を来す境界知能・軽度知的障害(1)●長尾圭造
-学業上の問題
通常の学級において不適応を来す境界知能・軽度知的障害(2)●長尾圭造●北畑 歩
-クラスメートとの問題
高校・短大・大学での軽度発達障害の現状及び対応策●佐藤克敏
通常の学級を卒業し運転免許も取得している●市橋香代
-成人後に顕在化した発達障害について
関連障害と近接領域
子どものうつと軽度発達障害●傳田健三
てんかん/異常脳波と軽度発達障害●川崎葉子
摂食障害と軽度発達障害●井口敏之
軽度発達障害と児童虐待との微妙な位置関係●田中康雄
反抗挑戦性障害/行為障害と軽度発達障害●原田 謙
不登校と軽度発達障害-アスペルガー障害を中心に●塩川宏郷
青年期のひきこもりと発達障害●小林真理子●近藤直司
矯正から学ぶ
少年犯罪と軽度発達障害-家裁調査官の視点から●藤川洋子
発達的な視点を導入した矯正教育の取り組み●品川裕香
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2007/01/01 (月) 00:00

自閉症スペクトラムPinkStage 2007 INDEX

自閉症スペクトラムPinkStage

我が家の日記 2007 一覧

1月

おめでとうございます
三が日
新学期!
りりちゃんとともくん
ドラマの選び方
意外な一面
英語の参観
親ばか
眠気
乱れに乱れて。。
社会勉強
コンセント
学校土産

2月

節分祭
再会
気が合わない相手
St. Valentine's Dayに寄せて。。
文章力
お釣り
天使と悪魔
一つずつ〆
自分で自分の首を絞め。。
学校週間♪

3月

苺大福
お別れ遠足
いろいろな人
後わずかな日々
持て余し気味
おしい
卒業式
“瞳”
飛び交うメール
春雷

4月

忘れてた!
新しいこと 楽しいこと
一抹の寂しさ
まずますなスタート!
中学校がスタートして。。
飛ばし気味?
slow tempo
二代目てる
ゴールデンウィーク 一日目
ゴールデンウィーク 二日目
ゴールデンウィーク 三日目

5月

失速
ゴールデンウィーク 四日目
ゴールデンウィーク 五日目
ゴールデンウィーク 六日目
直球
感傷
家庭訪問!
母の日、それぞれ
勉強。。。
いろいろあるさ。。
柏餅

6月

日常に戻る
なんとなく。。
病院×2+病院な週
ぴんくの作品(5年生・春)
集中
今日は二分の一

続きを読む↓

entry_header

2007/01/01 (月) 00:00

ブログ紹介☆各カテゴリーINDEX



自閉症関連の本棚 一覧 

その他・関連書籍の本棚 一覧

しつけ・教育関係の本棚 一覧

BlueStaegの入り口(最新から)




2005年の日記 一覧

2006年の日記 一覧

2007年の日記 一覧

2008年の日記 一覧

2009年の日記 一覧

2010年の日記 一覧

2011年の日記 一覧

2012年の日記 一覧

PinkStageの入り口(最新から)




MEMO帳 一覧

YellowStageの入り口(最新から)




発散 一覧

BlackStageの入り口(最新から)

続きを読む↓

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

12 * 2007/01 * 02

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。