entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/12/31 (日) 23:07

どうぞ良いお年を。。。

素敵な年になりますように。。。
スポンサーサイト
entry_header

2006/12/28 (木) 13:07

実況中継

今日はエントランスを集中攻撃!
デッキブラシでゴシゴシこすり、
乾いたところで石用のワックス掛け。
外に出された靴たちに、雨が容赦なく降り注ぐ。
あぁ。。
いつも天は味方してくれない。
こんな小雨、へっちゃらさ!と、門扉をピカピカに磨き上げる。
玄関ドアは。。上部が届かない(-_-;)
ピョンピョン跳ねながら磨けばムラだらけ。。
そうだ!といいこと、思いつき、
クイックルワイパーにボロ布巻き付け、
拭いてみたらば、あら簡単♪
子どもたちのお昼の用意とワックスが乾くの待ちで、
一旦家に入ってみたら、なんだか青空見えてきた。
まったく!

その間の二人。。
今日分の宿題をやった後、
お昼の野菜の下ごしらえをする。
その後、録画しておいた『ホーム・アローン』にハマり中。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/27 (水) 23:57

歳末夜警

今日は、自治会の歳末夜警。
今年は役員ではないけれど、二人だけで出すのも気になるので付き添う。
子ども会が担当する一回目は、大人の人数が少ないので私もお手伝い。
防犯のため、自治会の、蛍光色のウィンドブレーカーを着る。
どうもこのウィンドブレーカーは、年々小さくなっていくような気がする。。。(-_-;)

「火の用心」
「マッチ一本火事の元」

町内の、全部の通りをまわる。
ぶる~は同級生の男の子と一緒に歩いている。
ぴんくも、お友達にくっついて、拍子木を鳴らしている。
公園に戻ると、先日の町内餅つき大会でつかれたお餅が振舞われる。
大人から子どもまでほっ。。とくつろぐ一時。

晩御飯を食べてから参加してるのに、お餅は別腹な子どもたち(^^;
それにつられて私もパクパク。
明日はもっとウィンドブレーカーが小さくなっているかもしれない。

いつまでも黙々とお餅を食べるぶる~に、
子ども好きのパパさんに遊んでもらうぴんく。

夜の公園もなかなか楽しい(*^^*)

続きを読む↓

entry_header

2006/12/25 (月) 21:55

良い子

サンタさん、来たよ♪

続きを読む↓

entry_header

2006/12/25 (月) 00:00

AD/HD・高機能広汎性発達障害の教育と医療

AD/HD・高機能広汎性発達障害の教育と医療  -どこでつまずくのか、どう支援するのか- AD/HD・高機能広汎性発達障害の教育と医療 -どこでつまずくのか、どう支援するのか-
竹田 契一、若宮 英司 他 (2006/12/25)
日本文化科学社

この商品の詳細を見る








☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに

第1章 この本の見方
1 この本の特徴
2 AD/HD、広汎性発達障害は医療と教育の連携が
  必要な障害
3 認知心理学・神経心理学的見方
4 認知、行動、社会性の見方-子どもを見る視点

第2章 AD/HD(注意欠陥/多動性障害)
1 AD/HDとは
 (1)診断基準
 (2)AD/HDと似ている状態について
2 頻度
3 経過
4 診断に用いられる検査
 (1)質問式検査
 (2)CPT(Contenuous Performance Test)
 (3)その他の検査
5 投薬
6 併存する問題点
7 不注意優勢型AD/HD-見逃されやすいサブタイプ
8 今後の展開

第3章 高機能広汎性発達障害
1 わかりにくい子どもたち
2 広汎性発達障害と自閉症について
3 広汎性発達障害の基本を理解する
 (1)社会的・対人的な関係を結ぶ能力(対人相互反応)
   の障害
 (2)コミュニケーションの能力の障害
 (3)思考柔軟性の障害(こだわり)
 (4)その他の問題
4 広汎性発達障害ってわかりにくい?-さまざまな
  表れ方をする広汎性発達障害
 (1)スペクトラム(連続性)障害とは
 (2)高機能広汎性発達障害とアスペルガー障害
 (3)高機能広汎性発達障害-誤解される子どもたち
 (4)状況と経過によって変化する症状
5 広汎性発達障害(とその症状)に対処する
 (1)広汎性発達障害の子どもに共通する対応の仕方
 (2)二次障害について-心の中で起こっていること
6 心の理論・中枢性統合の障害と意味・語用論での
  つまずき
 (1)心の理論とは
 (2)心の理論障害説から中枢神経統合障害説へ
 (3)高機能広汎性発達障害の子どもの
   コミュニケーションの問題
 (4)理解と援助の基本

第4章 行動・社会性のつまずきの見方
1 社会性の見方
2 テストとその結果の見方
 (1)生育暦
 (2)臨床観察チェックリスト
 (3)知能検査-WISC-Ⅲ
 (4)情報処理のタイプをみる-K-ABC
 (5)言語能力・視覚認知能力をみる検査
 (6)注意機能の検査
3 評価診断事例
 (1)AD/HDと診断がつくケース
   97ページの答え
 (2)不注意優勢型AD/HDと診断がつくケース
   106ページの答え
 (3)アスペルガー障害と診断がつくケース
   116ページの答え
 (4)知的障害と診断がつくケース
   127ページの答え

第5章 行動と社会性と学習へのアプローチ
1 AD/HDの行動へのアプローチ
 (1)行動療法による問題行動への対処方法
 (2)集団場面での行動療法
 (3)ペアレントトレーニングとは
2 社会性へのアプローチ
 (1)子どもが学ぶべきこと
 (2)メタ認知能力
 (3)ソーシャルスキルトレーニング
3 学習へのアプローチ
 (1)認知の偏りによって起こる学習の問題
 (2)読み書きの問題について
 (3)注意の問題に目を向けた指導法

第6章 評価と個別の指導計画
1 個別の指導計画の立て方
 (1)個別の指導計画とは
 (2)実態把握
 (3)目標を立てる
 (4)手だてを考える
2 AD/HDの子どもの事例
 (1)対象の子ども
 (2)担任の子どもの理解
 (3)保護者の理解
 (4)診断と検査
3 アスペルガー障害の子どもの事例
 (1)対象の子ども
 (2)担任の子どもの理解
 (3)家庭での対応
 (4)診断と検査
4 AD/HDと読み書き障害の生徒の事例
 (1)対象の生徒
 (2)診断と検査
5 不注意優勢型AD/HDの子どもの事例
 (1)対象の子ども
 (2)担任の子どもの理解
 (3)診断と検査

第7章 アメリカのLD・AD/HD等の教育の紹介
1 はじめに
2 法的根拠に基づく教育
3 カリフォルニア州エルクグローブ学校区の特殊教育見学
 (1)学校区の概要
 (2)発見から指導まで-3段階によるスクリーニングと
   指導システム
 (3)特殊教育サービスの内容
4 LDのための私学教育
 (1)ディスレキシアのための学校
 (2)ディスレキシアとギフテッド・ディスレキシアの
   ためのアセッツ・スクール
5 自閉症スペクトラムのためのNPOによる学校
 (1)歴史と組織
 (2)高機能自閉症のための学校
6 これからの日本の特別支援教育

索引

コラム
成人のAD/HDの悩み
DAMP症候群-注意集中障害と運動知覚障害を伏せもつ
 子どもたち
不器用への対策
AD/HD不注意優勢型のCさんに聞く-不注意な状態
 とはどんな感じなの?
家事をするのは難しい その1-カレーの作り方-
家事をするのは難しい その2-洗濯-
実行機能とは
ワーキングメモリー(作業記憶)とは
指示が聞けないのは?
4つの軸から考える広汎性発達障害のタイプ
成人のアスペルガー
比喩表現は難しい
高機能広汎性発達障害の子どもたちが理解しにくいことば
ト書き発言による援助
この人は誰?-相貌認知の弱さをもつI君-言語性IQと
 動作性IQの違い-言語性IQ80、動作性IQ110
 の人と、言語性IQ110、動作性IQ80の人の違い-
分類してみよう
ソーシャルスキルを系統的に教える
ソーシャルスキルを教える-ジェスチャーゲームをして
 みよう-
教室のルールを教える
漢字と英語の難しさ
英語学習の仕方
日曜日(にちようび)となぜ読める?
九九を覚える-7の段は特に難しい?-
個別の指導計画の判断を失敗すると
会話の中の要素-教えられるものと教えられないこと-
話し方を教える
会話の指導-聞き方の指導-
             装丁・本文デザイン:上武順子
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2006/12/24 (日) 22:23

Merry Christmas!

特別なことはなかったけれど、
それでも素敵な一日。

朝、予約していたケーキを取りに。
お昼は、おばあちゃんも一緒にランチ。
おなかがいっぱいになって、
散歩がてらにwindow shopping。
夕方帰宅し、みんなでケーキ(*^^*)
Birth Dayのようにロウソクを吹き、
デコレーションのチョコレートを奪い合う。
日が落ちたらご近所をイルミネーションツアー。
幻想的な光を楽しみ家路をたどる。
我が家。。。リビングでの団欒。
付いてるTVはM-1グランプリ2006(^^;
笑いながら寝床に入り、
本を読んだらおやすみなさい。

後はサンタさんを待つばかり。。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/22 (金) 20:00

二学期、終了

あぁ。。終わってしまった。。(^^;
変化が苦手なのは二人だけじゃなかった。
私も苦手だ。
特に長期休暇に入る時の気分は下降気味(苦笑)

今日も、養級の先生が
「何かご心配なことや宿題などでわからないことはありませんか?」
とお電話くださった。
ついつい長電話してしまって。。(^^;;

二人がおっきな荷物を抱えて帰ってくる。
お道具箱の中はぐちゃぐちゃ。
宿題をチェックすると。。
大変そうなのは“書初め”か。
墨は落ちないからなぁ。。

 二人の通知簿

ぶる~一学期二学期
できた2831
もう少し
がんばろう


ぴんく一学期二学期
できた3030
もう少し
がんばろう
 

ぶる~↑、ぴんく→。
ぶる~は皆と同じ授業で、同じように評価を受けているが、
ぴんくのほうは、ぴんくの課題で見ていただいている。

ちなみに、ぶる~の“がんばろう”は、
六年間通して
『身のまわりの整理整頓』&『文字を丁寧に書く』。
筋金入りだ(-_-;)
ということで。。一生の課題か。。(苦笑)

続きを読む↓

entry_header

2006/12/21 (木) 11:46

一足早く、

サンタさんが二人のもとにやって来た。
(クリスマス会にて)

サプライズ!
かと思いきや。。無表情な二人(^^;
プレゼント(本)を淡々と受け取るも笑顔はなし。
あらら。。。

しばらくしてそれぞれ開けてみる。
「あぁ」「おもしろそうね」
その声に喜びが感じられない。。
なんか南海キャンディーズのしずちゃんが喋ってるよう(笑)
ぼそっと。

でも、帰宅後は二人揃ってずっとその本を楽しんでいた。
寝るまでずっと。
「もっと読みたいのに!」「まだ見るのーっ」と言いながら。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/20 (水) 09:03

年忘れっ♪

昨日は、養級の先生と今学期を振り返る面談。
ぴんくの抽出の授業を参観後、
引き続き同じ教室で、お茶やお菓子を前にゆったり話す。
ぶる~の進路のためのしんどい話し合いがやっと落ち着き、
(本当は“まだこれから”だったりするけど)
とりあえずは“ほっ”と一息。

この件で、一年の半分以上は悩んでたような気も。。(苦笑)
ひとやま超えたし、まずは楽しむ♪

続きを読む↓

entry_header

2006/12/19 (火) 10:12

捨てゼリフ

ぶる~とぴんくのケンカ。

ぶる~の助言が気に入らず、暴走するぴんく。
我が道を行きたいぴんくなのだ。
見ていると、手も出るし、足も出る(-_-;)
ぶる~は慣れたもので、適当にいなしている。
それがまた、癇に障るようで、
闘争心に火がついたぴんくとしては、
このケンカ、勝って終わりたいところ。
ぶる~に向かって、

「その性格、病院で治してもらってきな!」

思わず笑ってしまったぶる~。
ぴんく的には“勝負アリ”。

これでいいのか。。。(-_-;)
entry_header

2006/12/18 (月) 08:44

レジにて

買い物。
いつも支払いはぴんくがやりたがるので、一緒にレジに並ぶ。

店員さん、ピッ ピッと打ちながら、
「あら、これとこれはどこが違うのかしら?」
と商品を楽しそうに見比べる。
私も最初、どこが違うのかわからなくて、
二つを手に取り、見比べていた商品だ(笑)
誇らしく
「こっちはフレッシュミントなんですよ。」
答える。
「あぁ、ほんとだ(笑)」
すると今度は、冬限定の『初摘みいちごのクリアクリーン』を見て、
「あ、こんなん出てるんですか? 
 私も前回限定の『ぴちぴちピーチ』と『つみたてベリー』
 は買ったんですよ。後で買おっと♪」
と言うではないか。
( ̄□ ̄;)!!
ぴちぴちピーチは押さえてたけど、つみたてベリーがあったなんて!
「え。。 つみたてベリー?」
「はい、限定で出てたんですよ♪  
 良かったですよ~( ̄ー ̄)ニヤリ」
なんかくやしいな。。(笑) 

そうこうしている間、ぴんくも嬉しそうに
「いちご大好きなの。」とか言っている。
人と話す時、緊張して構えすぎてしまうか、
一気に距離が狭まりすぎるかどっちかなのだ。
その基準は、どうやら
『お母さんが話しをしている人は安心』
と思うところにあるらしい。
他愛ない世間話だけど、これも社会勉強?

店員さん、楽しい方でした(*^^*)
entry_header

2006/12/17 (日) 10:25

片付けながら。。 ちょっと脱線

二人の教科書は、今も全てとってある。

国語。。
一年生の最初のページをめくってみる。

ぶる~。。。
『あおいうみ。しろいくも。』

ぴんく。。。
『あおいそら。おかのうえ。』

微妙に違ってる。

確か、私の時は。。。
『はしる はしる 
 きりんが はしる』

だったと思う。

先日、母がおもしろいものを持ってきてくれた。
昔の“小学国語読本”を複製したもの。
小学国語読本

当時母が使ったのは、こんな綺麗な本ではなかったけど、
中は同じで、懐かしそうにしている。

母のは。。。
『ハト マメ マス
 ミノ カサ カラカサ』

カタカナだ。

祖母の時は、
『サイタ サイタ
 サクラガ サイタ』

左の青い本のほう。
尋常小学校時代のもの。

中の様子↓
国語

※ 31万画素の携帯電話のカメラしか持ってないので
  わかりにくくて。。ごめんなさい

続きを読む↓

entry_header

2006/12/15 (金) 22:26

今日の一こま

紅葉

ぴんくからのお土産。
最後の秋が頑張っている。


一方のぶる~。
テレビのCMを見て。。。
「えっと、これ誰やったっけ?フォーさま?

それはヨンさま。。。(-_-;)
ふざけてるのかと思ったら本気だった(-_-;)


entry_header

2006/12/12 (火) 14:07

二人の部屋

本当にブルーでピンクな二人の部屋。
blue
pink

あまりにも汚いので、机周りは写せない。
教科書、プリント、工作、道具類がめちゃくちゃに散乱。

ここに引っ越してきた時、
二人は3歳&1歳。
持ち物は、二人の好きな色で管理していた。
だからこんな部屋に。。。(^^;

同じ間取りで西と東に分かれるこの部屋、
お互い「こっち」と別々に選んだので、即決定。
そして、この色となった(笑)

当時は『構造化』という言葉が頭にあった。
“ここは、勉強に集中できる部屋にしよう!”
と、二人の部屋にはおもちゃなどを置かなかった。
その代わり、他の一室を完全に“おもちゃ部屋兼子ども部屋”としてボールプール、ジャングルジム&滑り台、いろんな玩具に絵本をまとめて置いた。
(おかげで、友達が遊びに来た時も、みんなここを気に入ってくれたので、他の部屋が散らからずに助かった。)
今も、気がつけばこの部屋に居たりする。

小学校にあがって。。
ぶる~だけの時は、リビングでも充分勉強できた。
ぴんくが入学してからも、しばらくは学年差で帰宅時間がズレていたので、それぞれリビングでも落ち着いて勉強できた。
どちらも最初は横に付かないと宿題できなかったから、私もそのズレに助けられていた。

それが夏休みになると、お互い刺激し合って勉強にならない。
“うるさい”とか“気が散る”とかケンカばかり(ーー;)
そこで、初めてそれぞれの部屋を利用することに。
お互い気に入った様子で、黙々と宿題をしていた。

そんな利用もそのひと夏だけ。
今は、多少の物音は平気。
ぴんくがぶつぶつ言う時だけ、
ぶる~のほうが(^^; 自室に逃げる。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/12 (火) 14:04

決めた。。中学との話し合い

二度目の中学訪問。
校長先生と養級の先生とお話しさせていただいた。
お互いの立場からの、率直な思いが話せたと思う。

日常の、慣れた生活では特に困ることがないし、
理解できる範囲では、ぶる~自身、“より良く”振舞おうとする。
ただ一歩離れて慣れない世界では、とたんにゆとりがなくなり、許容範囲が狭くなる。
そこで理解ない対応をされると、即混乱したり、拒絶したりとなるだろう。

やはり支援が欲しい。
「養級で。」
とお願いしてきた。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/11 (月) 09:42

欲しいもの

皆の都合の合う日で、ぴんくの誕生祝をした。
本当の誕生日とは違うけど、こういうズレは平気になった。

「何が欲しい?」
 と聞けば、
「ドレッサー!」
 と答える(-_-;)

自分の部屋に、
ピンク色のベッド&ドレッサーを置きたいらしい。

「無理」
 ってことで、ミニコスメBOXをプレゼント。

そこに、せっせと自分の髪ゴムやアクセを詰めていた。
二分の一成人式を迎え、お年頃。。。(^^;

続きを読む↓

entry_header

2006/12/08 (金) 23:59

診断名のイメージ。。私 ~S先生(心理)~

「診断名は一人歩きする。」



☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

「診断名の持つイメージ。
 受け取り方は一人ひとり違う。

 受け取った人が誰かに伝える時、
 姿を変える。
 末端では全く別の姿になっていることもある。

 そして、
 いつの間にか“その人”が見えなくなることがある。」


本当は。。
逆なのに。。。

続きを読む↓

entry_header

2006/12/07 (木) 23:59

エール。。私 ~心理N先生~

今まで悩んできた時間は無駄ではないはず。
これだけ考えて決めることは、きっと最善。
いろいろな可能性、最悪の事態も想定してきたのだから、
決めたら進めばいい。
entry_header

2006/12/06 (水) 23:59

現時点の支援。。二人 ~O先生(Dr.)~

ぶる~

中学での籍を決めるにあたって。
できないから移りましょうでは上手くいかない。
本人にもプライドがある。
最初から、本人と周囲が苦手についての共通した認識を持ち、
そこを手伝ってもらおうというスタンスのほうが上手くいく。
障害名は伝えなくて良い。

ぴんく

意識の持ち方が変化してきている。
自分でする、できなくて悔しい、と思えるのは大事なこと。
そこを伸ばしていくと良い。
抜毛は、わかりやすいサイン。
サインを出してくれるのはありがたいこと。
entry_header

2006/12/06 (水) 23:09

ありがとう

ネット上で、長いお付き合いさせていただいてた場所が、
今日、消えた。

二人が自閉症とわかった後も、
なかなか“きょうだい揃って自閉症”という人に出会えなかった頃。。
たまたま流れ着いた場所で、
同じ思いをしている人を見つけて、
嬉しくて飛び込んだのが約5年前。
その時、慌てて作ったHNが“ろこ”だった(笑)

子どもたちも一緒に大きくなった。
そして、それぞれ忙しくなって、
いろんなことを抱えるようになって。。
お話しする頻度は減ったけど、
ずっとずっと大切な場所だった。

今までありがとう!

続きを読む↓

entry_header

2006/12/01 (金) 07:32

暦語録

「10月は半袖。」

「11月は長袖。」

「12月は冬。」

     。。。ぴんく


どんなに寒くとも10月までは半袖を貫き、
11月には「寒い、寒い」と言う。
12月になったとたん、冬が来た♪

カレンダーで感じる季節もまた素敵。

続きを読む↓

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

11 * 2006/12 * 01

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。