entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/05/31 (水) 23:00

うがい

ぴんくが帰宅してまずやることがうがい&手洗い。

今日は音声付きで
「ガラガラガラガラ~」
とやっている。
「ぺっ」
としたら、大きな声で私に、
「がらがらうがいしてるよ」
と言い、再び、
「ガラガラガラ グガッガッ」
ん? 
「失敗もしたよ」
飲んだんだ。。。

スポンサーサイト
entry_header

2006/05/31 (水) 08:17

懐かしいな

私は在宅時、PCを立ち上げっぱなしにしていることが多い。
そのままにしておくと“スタンバイ”になるけれど、それがイヤで小窓でテレビを流しておいた。
何気なくその画面をみると、見覚えのある絵が。
音声を出してみる。
思い出した!
これは。。。
二人が幼かった頃に読んでいた絵本だ!
『りんごがひとつ』
絵本と同じ絵(動きはつけていたけど)や文で、
渡辺美里が朗読していた。

二人も気づいて、覗き込む。
「これ、見たことある!」
「うちにある絵本やっ」
「あれっ、カタツムリっておったっけ?」
「ミドリガメ、いいな~ ゾウに乗せてもらてる!」
「かば、頑張ってるなー」

当時とはちょっと違う反応。。
当時は気づいていなかったこと。。
やっぱり絵本は幾つになってもいい!

もうそろそろ出掛ける時間だったけど、
ぴんくがその絵本を見つけ出してきたので、
お友だちが来るまでの時間、三人で楽しんだ。

この絵本でまたこういう時間が持てるなんて!!

続きを読む↓

entry_header

2006/05/30 (火) 10:04

あやしい二人

ぴんくは、『人物年表』にハマっている。
いろんな人の没年齢が知りたくて、
ここのところ毎日、年表を見て調べている。
おかげで電卓が上手に使えるようになってきた。
そして、歴史上の人物に強くなりつつある。
どんな功績を残した人か。。。というのは添え物で、
『死』関係が主要だけど。。。(-_-;)


ぶる~は、手持ち無沙汰になると、物を弄ぶ。
先日、腕の内側に5センチくらいの切り傷を付けてきた。
「これ、どうしたん?」
「さぁ。。。?」
「あ、思い出した。水曜日に授業中居眠りしてて、手に持ってたはさみで切ってしまってん。」
それ、おかしすぎ。
全くあり得なそうな話(-_-;)
entry_header

2006/05/29 (月) 13:34

参観&懇談

今日は、ぴんくの養級での抽出の授業の参観と、養担と私との面談があった。
2時間目から4時間目まで。

ぴんくは安定期。
そして、吸収してきたものを表出し、活かせるようになってきた時。
団体行動や行事、社会性の面でも(ぴんくなりには)絶好調。
初めての場所や人、場面でも、集団の中の一人として、先生が付かなくても頑張れることが増えてきた。
お姉ちゃんらしく振る舞うことが今のこだわりなのかも?

ぶる~のほうは、本人の弱い部分が、全て学校生活に表れているよう(苦笑)
物の管理はできるものとできないものの差が大きい。
授業中手持ち無沙汰になると、はさみやシャーペンを触ってしまう。
言動面は、春をピークに少し落ち着いた様子だけど、気長にみていくことに変わり無し。
今はちょっと先が読めない感じ(^^;

それにしても。。。
花粉症の薬のせいなのか。。。
途中でものすごい睡魔に襲われてしまった!
一対一で話してる途中に眠くなるなんて。。。(^^;;
まさか「眠いです」とも言えず、せっかくたくさん時間いただいたのに、もったいない。。。

帰りは幼稚園の先生が園庭にいらっしゃったんで、声を掛けた。
すると、今日、登校途中のぴんくと出会ったそうだ。
「学校楽しい?」
「うん、楽しいよ。」
「幼稚園も楽しかったやろ?」
「うん、幼稚園も楽しかったけど~、学校楽しいねん!」
ドライなぴんく。。。(^^;;;

だめだ。。眠い。。。(* ̄。 ̄*)。。。oO
entry_header

2006/05/28 (日) 00:00

悪循環

どうもダンナは無意識にパターンを作っているようだ。
そこにぴんくが振り回されてしまってる。

ぴんくを叱る。。。を通り越して、脅し、威圧する。
     ↓
ぴんくが怯える。
泣ける時は泣く(怖くて固まって泣けないことも)。
     ↓
その様子に父親が満足すればそこで終わるが、
ヒートアップすると更に激しい言動になっていく。
     ↓
ぴんく、必死で父親に許してもらおうとする。
     ↓
その様子に父親は満足して、優しい顔を見せる。
     ↓
ぴんく、父親の機嫌を伺いながらも安心し、
許してもらえたことに喜ぶ。

大雑把だけど、こんな感じ。

これは問題があるんじゃないだろうか。
内容はともかく、いつもいつもこんなような形に持ち込むというのはどうだろう。。。
とても些細なことまでも。

ダンナからのこういう関係の築き方に疑問を感じるし、
ぴんくにしてみたら、かなり精神的に振り回されていることだろう。

『伝えたかったこと』という意味では、まずその思いは伝わっていない。
怯えてしまって、そのことで頭がいっぱいだ。
それも困ったことだけど、それ以上に
ぴんくに、『叩かれる』『脅される』以外の選択肢があることを教えたい。
『言いなり』になって、相手の機嫌を取ることの怖さを伝えておきたい。
たとえ責められる出来事があったとしても、
どんな責められ方をも受け入れなければならないということではない、と。

割って入ることで、ダンナとは大喧嘩になるけれど。。。
日常的な事柄だけに、受ける側には思っている以上に深いこと。
発達障害を持つ我が子は、この連鎖の断ち切り方を知らない。

ダンナには。。。
叱るのは何のため、誰のためなのか、
もう一度考えて欲しい。 

怯えた心を感じて欲しい。
精一杯の「NO」に、答えて欲しい。。。
entry_header

2006/05/26 (金) 12:42

ぶる~の世界、広がれ~

今日は、朝から心理の先生と話をさせていただいた。
このところ、ずっと気になっていたぶる~の一面。

毒薬、武器、爆弾の図面。。。
今すぐどうこうというものではないけど、そういったモノへの興味が、どっちの方向へ進むのかは気にかけておいたほうが良さそう。
今、学校でもさりげなくその辺りも見守っていただいているし、学校と家庭で連携を取らせていただいているので、しばらくはこんな感じだろう。

こういうことも視野に入れ、
ぶる~がくつろげる世界、違う人間関係、そういったものがあればいいだろう、というアドバイスをいただいた。
学校での人間関係はむずかしいところもあるだろうし、何はなくとも思春期には誰でもややこしくなる。
こういう不安定な時期を乗り切る一つの方法として、学校以外の世界を持つことを勧められた。

ぶる~は将棋が大好き。
好きなものなので話題にも困らないし、将棋を介して年代を問わず人間関係を広げられる。
そして、大人になっても無理なく続けていくことができる。
将棋ができる場を外に見つけてみようかな。

学校で嫌なことや辛いことがあっても、『これ』があるから楽しみに頑張ることができるかもしれないし、学校での人間関係で行き詰ることがあっても、また違う世界を持っていると気持ちの逃げ場になる。

そして、好きなことを深めていって、自分に“自信”を持つ。。。これが一番大切なことかもしれない。
entry_header

2006/05/26 (金) 12:36

“やまだ”、遠足へ。

今日は生憎の曇天。
にも関わらず、
我が家の“やまだ”たちは遠足へ行くそうだ。

いつの間にかこんなに増えてる“やまだ”たち。
“やまだ”の遠足
手前の箱入りは“ケーキやまだ”。

ぴんくが帰宅するまで、ここに触れてはいけないらしい(-"-)
なんかすごい気になる。。。
entry_header

2006/05/25 (木) 00:00

自閉症教育の実践研究




☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
CONTENTS

子どもの作品●宮園 裕二

[構造化のアイデア・1]
分かりやすい、動きやすい空間作り
~構造化と指導者のかかわり~●有家由佳子
特集について●上岡 一世

特集 不適切行動への支援と対応
①提言・不適切行動の原因と課題
 支援者に求められる理解・配慮・支援●納富 恵子
②実践事例
 Ⅰこだわり
  Ⅰ-①朝の会 ピタッと入って ピタッと着席
     ~物にこだわりがある子どもの事例~
     ●山口 美和
  Ⅰ-②学習の順序や学校生活の流れにこだわる
     子どもの事例●木原 隆夫
 Ⅱパニック
  Ⅱ-①指示や言葉が理解できずにパニックを起こす場合
     ~言葉に頼らずに「具体的。視覚的・肯定的」
     に伝え、交渉する そして待つ~●長谷川直子
  Ⅱ-②場面の状況が納得できずパニックになる
     子どもの事例●森脇 泉
 Ⅲ自傷
  Ⅲ-①腕や手を噛む子どもの事例~情緒の安定を
     目指した自立活動の実践~●清岡奈津子
  Ⅲ-②

特集 不適切行動への支援と対応
①提言・不適切行動の原因と課題
 支援者に求められる理解・配慮・支援●納富 恵子
②実践事例
Ⅰこだわり
Ⅰ-①朝の会 ピタッと入って 
   ピタッと着席~物にこだわりがある子どもの事例~
   ●山口 美和
Ⅰ-②学習の順序や学校生活の流れにこだわる子どもの事例
   ●木原 隆夫
Ⅱパニック
Ⅱ-①指示や言葉が理解できずにパニックを起こす場合
   ~言葉に頼らずに「具体的・肯定的」に伝え、
   交渉する そして待つ~●長谷川直子
Ⅱ-②場面の状況が納得できずパニックになる子どもの事例
   ●森脇 泉
Ⅲ自傷
Ⅲ-①腕や手を噛む子どもの事例~情緒の安定を目指した
   自立活動の実践~●清岡奈津子
Ⅲ-②床に頭を打ちつけたり(あざができるほど)顔を
   叩いてしまう子に対する支援~不適切行動のその子なり
   の昨日を探りながら~●菅原 弘
Ⅳ他害
Ⅳ-①特定の人に対して他害をする子どもの事例~家庭との
   連携が功を奏したF男の場合~●河野真知子
Ⅳ-②家事労働と行動目的を促し、生活リズムを作ることで
   他害を軽減した事例●玉井由美子
Ⅴ常同行動
Ⅴ-①紙への常同行動を作業学習に生かしたM君
   ●鈴木 康予
Ⅴ-②手をかざし、人やものにほとんど興味を示さない
   子どもの指導~VOCAやBDアダプターなどの
   AT機器を使った指導の事例~●槇場 政晴
Ⅵ多動・徘徊
Ⅵ-①いつも動き回り落ち着きのない子どもの事例
   ●柴田 靖子
Ⅵ-②飛び出し行動の背景を考える●三小田米華
Ⅶ偏食
   家庭以外では食べ物を食べない子どもの事例
   ●真鍋 晶美
Ⅷ奇声
   大きな声により外界からの刺激を遮断しようと
   していた生徒の事例●青木 洋子

常設欄
1.自閉症のこどもに効果的な教材・教具
  ●認知発達を促す教材・教具の工夫…村上 琴美
2.自閉症の子どもに効果的な授業の工夫
  ●マカトン法を用いた指導…水上 久照
3.学校と家庭の効果的な連携の実際
  ●生徒の地域生活を豊かにするために保護者や
   関係機関と連携した取り組み…樋口 陽子
4.こんな余暇の利用の仕方がある
  ●チャンチャン劇団
   ~個性をみがけば誰もが主役~…神田美栄子
5.こんなパソコンの利用の仕方がある
  ●高等部・印刷作業班でのパソコンの活用
   ~パソコンを使った製品作りが一人で担当できる
   ための工夫~…高市 幸造
6.こうすれば不適切行動は改善できる
  ●無賃乗車の二人の例
   ~「不適切行動は必ず起こす」を前提の支援~
   …青木 智春
7.実践研究
  ●学習特性に応じた授業作りのあり方
   ~「障害特性に応じた指導内容・方法」と
   「授業改善につながる形成的な評価」の
   実践的検証~…渡邉 倫
8.何でも教育相談室
  ●自閉症の子どもに対する教師や親の教育、
   指導の悩みに応えます…百田 信一
9.わが校の自閉症教育
  ●課題意識を持ち、障害特性を理解することから
   …松本 健郎
10.本の紹介
   ●『自閉症の子への「学び」支援』
    (北海道教育大学附属養護学校特別支援教育研究会)
    …上岡 一世

連載
生きる力をみにつける指導・支援
直接的な指導のための計画作り 渡部 匡隆
高機能自閉症の子どもへの対応法
「見本」がいるクラス 吉松 靖文
自閉症の子どもたちとのコミュニケーション改善法
音声コミュニケーション獲得に向けたアプローチ 
                   肥後 祥治
リレー連載・企業で働く人たち
明るく働き続ける~充実した仕事と余暇~ 井上 信彦
リレー連載・自閉症の子どもを育てて
こんな日が来るなんて! 伊藤佐代子
就労を実現する自閉症教育
就労できない原因 上岡 一世

編集後記
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2006/05/23 (火) 09:05

声を拾う&会話を考える

●声を拾う●

たくさんの音声の中から必要な音や声だけを拾う。。。

今まで考えてみたことがなかったけど、子どもたちと過ごすようになり、自閉症を知るようになってから、そういうことが苦手だった自分に気付いた。

たくさんの人でザワザワしている場所に居ると、
一人一人の声が聞き取れない。

そして電話でも苦労する時がある。
普通に話している分には大丈夫だけど、
私の横に誰か来て、横から何やら私に対してモーションが掛かるともうダメで、途端に電話の声がシャットダウンされ、聞き取れなくなってしまう。
同時に横の人の伝えたがってることもわからず、私は混乱状態になる。

ざわついた中から必要な音だけに反応するのは、出来ない場面では全く出来ない。
そこに意識を集中してみるけど。。。出来ない。
自分でそのことに気づいていないうちは、不必要に疲れるわりに上手くいかなくて、何でこんなにダメなんだろう。。。と落ち込んだ。

二人を通して、自分のそういう部分に気付いてきたので、講演会や勉強会に行く時には、前に席を取ったり、雑音が少なくて集中できそうな席に着くようになった。

意味がわからないのか、聞き取れないのか。
上手くいかないこと。。。
何が困難になっているのか。。。
当事者じゃなくとも身近な人が気付いてくれれば、工夫してみることができる。


●音●

雑音にはいらつく。
くつろいでいる時も気になるけど、
会話中のように“聞き取りたい”時の雑音はとても辛い。。。
情報量を少なくされてしまう。

そして聴覚が過敏な人にとっては、拷問のような音もあるだろう。
たとえば黒板を爪でキィーッ、のような。
私は、乾いた、こするような音がダメで、ぴんくがインクの少ないペンでカサカサと色塗りしていると耐えられない。
私とぶる~がもがいている横で、楽しそうに色を塗り続けるぴんく。。。
この点については一生理解し合えないだろう(苦笑)

続きを読む↓

entry_header

2006/05/22 (月) 09:11

風船で遊ぼう♪ 29日追記

昨日、お店でもらった風船。

★昨晩★

もう二人も眠ったようだし。。。
ちょっとイタズラしたみた。
顔を描いて、食卓に座らせる。
ぶる~風船

と。。。
眠ったと思っていたぶる~が、

「風船、すごい大きく膨らませることできたやろ~」
(*この風船は、貰ったのを一旦しぼませて、ぶる~が再び膨らませたもの。ぶる~もぴんくもいつもそうする。)

と言いながら来てしまった!
風船を見たぶる~、

「あーっ!」

ごめん。。。明日の朝、驚くかな~。。。と、つい。。。

「俺の風船が~!」

と言いながらもゲラゲラ笑うぶる~の声に誘われ、
ぴんくもやって来る。

「あ~、ぴんくもする~!!」

私の手からマジックを取り、自分の風船にも顔を描き込む。
ぴんく風船

赤いリボン付き(笑)


★今朝★

朝勉の終わった二人は、それぞれぶる~先生、ぴんく先生となって、この風船たちに授業をしていた。

朝っぱらから賑やか。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

5月29日

水色の風船はすぐに割れてしまったけど、
ピンク色の風船はしぼんで小さくなったもののまだ元気。

その風船を見つめていたぴんく、
「風船、年取っちゃった?」
と言いながら、またマジックを手に取り、描き足していく。
風船、その後
すっかりおばあちゃん風船に。。。(^^;

続きを読む↓

entry_header

2006/05/20 (土) 22:47

雨があがって。。。

森林公園に散歩に出掛けたら。。。

地面はいもむしだらけ!
だけど、せっかく来たのだからと下を見ながら頑張って歩く。
黄緑の、っぽいの、っぽいの。
普通のものや、尺取虫、お尻にトゲがあるの。
1センチほどの大きさから7センチくらいありそうなの。

怖々と、必死の思いで歩いてるのに、ぶる~が横で
あっ!」と言う。
え~~~~っ びっくりするやん。なにっ!? 変な声出さんといて!」
と飛びあがりながら答えると、
「お母さんの目の前にいもむしぶら下がってるで。」
いやぁ~~~~~~っ
ゆらゆらいもむしだらけ!。。゛(ノ><)ノ

何でこんなことになってるのやら。
ぴんくは大丈夫かと振り返れば、
うわっっっ
なんと胸元にいもむしブローチを付けている!!
5センチくらいの色っぽいやつ。
おとーさんに取ってもらい~~~~っ
と、ぴんくを残して全速力で逃げる。
だめだ、娘を見捨てるなんて。。。
でもごめん、無理!

私にくっついて一緒に走ってきたぶる~がまた、
あっ!」と言う。
「だから~、怖いねんから変な声出さんとって!!!」
「でも。。お母さん、今、いもむし踏んでいったで。」
うそぉ~~~~、踏む前に言うてえや~(泣)

上も下もいもむしだらけ。
周りはすっかりいもむし
初夏なのに。。。というか初夏だから?
今までの人生の中で、こんな経験はじめて。

子どもの頃から毛虫は許せてもいもむしが許せない私。
なのに意外と平気な後三人。
絶対感性おかしいと思う。

続きを読む↓

entry_header

2006/05/17 (水) 11:26

人と自分と ~場面の中で~

そこそこ会話も出来るけど、状況に合わせた適切な言動というのはやっぱり難しいぶる~。
その言葉が過ぎて、人に誤解を与えるような場面がある。

例えば、新一年生の名札を胸に付けてあげる時、針がその子に突き刺さらないかということが不安で、どんどんと話を突き詰めていってしまう。
「針、ささらへんかな。」
「もしも針がささったらどうしよう?」
「針がささって折れて、体の中に入ったらどうしよう?」
「ささって折れた針が、体に入って心臓にささったらどうしよう??」
ここまで言われたら、最初は「大丈夫」と思っていた人も不安になってくる。。。(-_-;)

“相手がその言葉をどう感じるか?”と心に留めながら話すことができない。
そして狭い範囲のことしか見えずに、そこだけを深めていってしまう。
思いついたら相手構わずすぐ話してしまうことも。

脱線していても、なかなか自分では気づけない。
相手の意図するところを捉え損ねる。
なのに、思い込みで話を進めていってしまう。
場違いな発言にも気づかない。

ある程度経験して先が読めるような場面や、自分に不利益にはならないことだと多少ゆとりある対応ができる。
そうではない場面で失敗することが多い。
また、“こうしたほうがいいだろう”とわかっている時でさえも、自分に不利益があると感じれば、反応が激しくなりすぎたり。。。

今は、周囲の子たちがあまり目くじら立てずにいてくれるので助かっているが、この先そういう人ばかりと出会っていくわけではない。。。

一生の課題だろうし、予想しきれないほど限りなくそんな場面には出くわすだろうから、もっと根っこのところで工夫できたらいいんだけど。。。 やっぱり限界あるな(^^;

見守られている今のうちに、“上手に失敗”してみるのもいいかもしれない。

続きを読む↓

entry_header

2006/05/16 (火) 08:24

発達障害関係の番組 福祉ネットワーク ハートをつなごう

『福祉ネットワーク』

5月16日(火) 20:00~20:29

こくっぱ家の人々 ~発達障害の子どもと共に~

発達障害のある子どもを持つ親の間で評判になっているホームページがある。タイトルは「こくっぱ家の人々」。広島県尾道市に住む****さんが、子育て日記を公開したホームページだ。そこには、自閉症で「こくっぱ」というあだ名の次男と、アスペルガー症候群の長男の成長を辛抱強く見守る家族の姿が明るくユーモラスに描かれている。この春、新たな学校生活へと一歩踏み出した兄弟と家族の日々を追った。

再放送 5月23日(火) 13:20~13:49



『ハートをつなごう』

5月29日(月)   

20:00~20:29

ハートをつなごう  

 発達障害(1)

5月30日(火)   

20:00~20:29

ハートをつなごう  

 発達障害(2)

5月31日(水)   

20:00~20:29

ハートをつなごう  

 発達障害(3)

6月1日(木)   

20:00~20:29

ハートをつなごう  

 発達障害(4)

entry_header

2006/05/15 (月) 09:34

ぶる~の宿題

初挑戦の朝食作り。

なので、簡単な物を。。。と思い、目玉焼きとハッシュドポテトを提案。
作り方を聞き、緊張しながら頑張るぶる~。

真剣そのものの顔で1時間。
完成!
朝ご飯
見た目は“ちょっと。。”だけど味は見た目以上!

黄色と白のツートンカラーが目玉焼き。
目玉ないけど、かえっておいしかったかも?
向かって左がハッシュドポテト。
じゃがいもの皮剥きはピーラーで、千切りはスライサーで。
ムラ焼けだけど味は大丈夫。

台所に立つぶる~を見てぴんくも大喜び。
「手伝う~」と言うので、“宿題だしなぁ。。。”と思いつつ、トースト&ヨーグルト担当してもらう(笑)

慣れないもんで1時間。
今まで何もさせてこなかったのがよくわかる(^^;;;
野菜がないけれど、野菜が入ったら2時間は掛かったかも?
そうなってしまったらお昼ご飯(^^; 
朝ご飯は時間との戦いでもあったんだ(苦笑)

見てるだけ。。というのも疲れたけど、
コレを機に、どんどんお願いしてみよう。
entry_header

2006/05/13 (土) 10:22

家庭訪問、無事修了♪

昨日は、二人の家庭訪問。

まず2時に、ぶる~とともに養級の先生が。
思わず「おかえり~」と言いそうになる。

ぴんくとぶる~は2階のリビングで宿題を始める。
お茶など出してバタバタしていると、ぶる~の担任の先生もお見えになる。
そして先生方二人と私、三者でお話。

ぶる~の課題は社会性。
後は修学旅行に向けての話し。

ぶる~の担任の先生が帰られると同時に今度は
ぴんくの担任の先生がいらっしゃる。
そしてまた、先生方二人と私の三者で話す。

ぴんくの行動面はぐ~んと落ち着いてきたので、
今の課題は個人的な能力面。

ぴんくの担任の先生が帰られたあとは、
養級の先生と。

ぶる~とぴんくの課題って真逆だなぁ。。など思いつつ、
いろいろとお話しての2時間ちょっと。
以前に比べたらかなり短くなったか。。。(笑)
だけど2時間あっても、自宅だと二人が聞き耳立てていそうでじっくり話せなかった(^^;

続きを読む↓

entry_header

2006/05/12 (金) 19:32

それは。。。(困)

先日の旅行で立ち寄った『アルプスあづみの公園』。
そのパンフを見ていたぴんく。

そこで見かけたかわいいキャラクター↓
アルプスあづみの公園
このキャラクターの名前は『草太(そうた)』。

そして、なんともう一人のキャラクターが居たのだ!
その名は『木子(もっこ)』。
草太(そうた)&木子(もっこ)


ぴんく、「かわいい~ また今度会いに行こう!」と言い出した。
えーっ、何時間掛かると思ってるの!?
もっこちゃん、どうして目立つところに居てくれなかったの。。。(泣)

なので私、「え~っ、もっこはかわいくないよ。」と牽制。
(もっこちゃん、ごめんなさい。)
entry_header

2006/05/11 (木) 22:41

遠足の明暗

雨で延期になってしまった遠足が今日だった。

昨晩ぴんくは、前回ティッシュペーパーで作った“てるてるぼうず”の『てる』を連れてきて、「これ、下げて」と私に頼む。
室内物干しに吊るしながら、「今度こそ。。。」とお願いする。

ぶる~は「てるっ!こないだは間に合わんかったから、今度は朝から晴れにしてや!!」と言い、
ぴんくは「テッルーーーーッ!!(怒)」と“てるの声真似”で応戦する。

そして今朝、
あぁ。。。また雨が。。。

教科書とお弁当が入った重たいランドセルを背負い、傘をさして登校。
おまけに肌寒い一日だった。

夕方、ぶる~が帰宅する。
「なかった」
やっぱり。。。仕方ないか。
なんともう一度だけ予備日を設けてくれたらしい。
でも、“二度あることは・・・”とちょっと心配。。。(笑)

少し遅れてぴんくが帰宅。
「遠足、楽しかった~!!」
あ、こっちは行けた(笑)

行き先によって、行けた学年と行けなかった学年と。

そしてやっぱり『てる』をかわいがった人とかわいがらなかった人の差。。。かな(笑)
entry_header

2006/05/10 (水) 13:47

ありがとう

ぴんくの学校での楽しみの一つが、
昨年度から養級の先生と種から育ててきた草花の世話。

私も参観の折りにその育ち具合を見せていただいて、
“冬を越せるかな?”
“春休みは大丈夫かな?”
と過ごしてきた。

その中に四葉の株があったようで、
次々と“四葉のクローバー”が顔を出し、その幾つかを、先生が連絡ノートに貼り付けて私に届けてくださっていた。
その素敵なお便りが、このところかわいいシロツメクサ&レンゲの花に。
シロツメクサ&レンゲ
小さな小さな花だけど、厳しい冬を越し、長期休暇も無事に乗り越えて、元気にしっかり花を咲かせた。
これらの草花たちは、ちょっと枯れてきたけど、今もずっと我が家のリビングの壁に飾っている。

もうずっと長いこと、そんな小さな草花を気に留めることもなかったのに、そんなちょっと低い目線からの風景にも、改めて気づくようになった。

素敵な世界をありがとう(*^^*)

続きを読む↓

entry_header

2006/05/09 (火) 13:42

朝帰り

連休が明けた!と思ったらコレだ。。。
いつもながら行きあたりばったりで無責任なダンナの行動。
疲れる。。。

花粉症かと思っていたイマイチな体調も、昨晩から体中の節々が痛むようになってきて、どうやら風邪らしい。
私が風邪をひくなんて! 
やっぱり疲れてるんだ、きっと(笑)

夜、いっぱいおしゃべりしたそうな二人だったけど、とても相手してられなくて、早めに「おやすみ」とする。

朝、二人が登校の仕度をしていると、玄関の鍵の音が。
するとぴんく、

「こらーっ!!おとーさん!!!
どーゆーことやの!?」


と一喝。
ひたすら謝るダンナ。
さすがに娘の一言は突き刺さるらしい。
ぶる~はダンナが居ようが居まいが気にしておらず、マイペース。
まるでさっきまでそこに居たかのように、
「あ、おとーさん、シャーロックホームズはな・・・」
なんて話してる。

この二人の存在が、私の力だ。

それにしても痛いな。。。
食欲がないなんて、私にしたら重症かも?
entry_header

2006/05/07 (日) 02:35

GW 5連休

●第1日目●

今日はハイキング。
森。。。ハイキング

いつも気候がよくなると出かけるコース。
今シーズン最初なので、ショートコースで。
「え~」と言ってるぶる~も、
いざ出発するとパワー全開、あっという間に見えなくなる。
ぴんくも当然ついて行き、これまた、あっという間に一番最後に残される私。。。(-_-;)
こんなハズでは。。。

●第2日目●

今日は、ぶる~のための一日。
リーガロイヤルホテルで開かれた第24回朝日オープン選手権を記念してのイベント、子ども81面指しに参加。
ぶる~の参加は昨年に引き続き2度目。 
81面指し
81面指し


●第3日目●

突然決まった一泊旅行で長野へ。
400キロ弱のドライブだ。
車で向かうので、渋滞を考慮して深夜1時半頃出発。
この夜逃げのようなパターンの旅行に、二人はすっかり慣れたもの。
ぱっと目覚め、トイレを済ませ、毛布を持って乗り込み、車中で再び眠り出す(笑)
渋滞にぶつかることなく長野に到着。
こちらは今、桜がとても綺麗。(菜の花の写真も)
おもちゃのような携帯画像でちょっと残念。。。
安曇 桜安曇 桜
長野 桜長野 桜
信州
長野 菜の花

どこを観光しようかと適当にウロウロし、『アルプスあずみの公園』に決定!
ここでかわいいキャラクターに遭遇、思わずパチリ。
アルプスあづみの公園
(うちの子じゃーないです 笑)

道中で、すごい滝も発見!
長野 滝
迫力満点。
(名前は思い出したら書きます 苦笑)

会社の保養所の宿なので、4人で夕・朝食付きで1万円掛からず、期待していなかったのだけど食事がおいしい!
ぴんく以外は皆、残さず全部いただいた(ぴんくには、わさび風味のものはちょっと辛かったよう)。
部屋はイマイチ(苦笑)

●第4日目●

朝食は食堂。
帰りの荷物をまとめていたので、私だけちょっと遅くなった。
食堂に着いた時、私以外のお客さん全員がもう食事中で、三人も食べ始めている。
と、ぴんく、私を見て「おかーさん、おはよう!!」と大声を。。。
さっき部屋で挨拶もしたし、一緒に遊んでたのに~。
これじゃーまるで“すごい寝坊なお母さん”と全員に思われたことだろう。。。(-_-;)

前日がとても暑かったので、この日は涼しいところを目指し、高いほうへ(笑)
ということで、美ヶ原高原へ向かう。
高度1950メートル!
こんなメーター、はじめて見た!
大台ケ原より高いかも?


長野 雪山
美ヶ原
1950メートルのサッポロポテト&雪
高度1950メートルのサッポロポテト!
美ヶ原
美ヶ原
美ヶ原
美ヶ原
美ヶ原
美ヶ原
美ヶ原

高度が上がるにつれ、ぱんぱんに膨らむスナック菓子。
そこら中に、まだ溶けずに残っている雪。

満開の桜、気持ちいい青空、涼しい風、雪。。。となんだか不思議な気分(笑)

すごく気持ちがいいけれど、そろそろ帰らねば。
そうそう、お土産にこんなものも。
信州限定 きのこの山

嬉しいことに、帰りも渋滞に巻き込まれることなく、順調に。
とはいえ、遅くまで遊んでいたために、家に着いたのは0時を過ぎた。
車中で眠っていた二人もぱっと目が覚めたので、ささっとシャワーを浴びて、今度はお布団で就寝。

お疲れさま~~~

続きを読む↓

entry_header

2006/05/02 (火) 19:41

衝撃の99%

チョコレートのこと。

お店で見つけて
CACAO『99%』『86%』『72%』
のものをそれぞれ一つずつ購入。

それを今日、初体験。

最初はやっぱり『99%』から。
一カケ、口に入れてみる。
VAN HOUTENのココアのような風味で、いい感じ。
噛む。
うっっ!
噛まなきゃ良かった。。。
パッケージには
『口で少しずつ溶かしながら・・・』
との注意書きがあった。。。失敗。
苦くて、もっさりしていて、粉っぽくて、どろっと濃い。

『86%』。
99のダメージ大!だったので、今回は恐る恐る口に。
と、おいしい!
13%+砂糖でここまで違うのか。。。

ということは『72%』なら。。。
かなり甘い(笑)
これだってビターチョコレートなのに。

ぶる~とぴんくを呼んで、それぞれ勧めてみる。

二人、イキナリ『99%』から。
「お! おいしいことない苦い~!!!」とぶる~。
そう、一瞬期待させる風味なのだ、こやつは(^^;
ぴんくを見ると口を押さえて吐きそうになっていて、話せる状態ではなかった。
無理か(苦笑)

では『86%』。
声を揃えて「おいしい! 甘い~」
私と同じ感想だ。

じゃー、『72%』。
「甘っっ」
86と比べると不評。
きっとこれを最初に食べたらおいしかったハズ。


ということで、ろこ家のお勧めは86%です(^^)v
 
entry_header

2006/05/01 (月) 08:53

GW 出だし好調

ゴールデンウィークも始まり、いいお天気だった昨日、
私は役員での動員があり、講習会へ。。。(苦笑)

ということで、二人の予定を考えていた。
家で父親と過ごすのは危険。
絶対、人目のある外じゃないと(爆)

先日、子ども会からいただいたボーリングの無料チケットがあったんで、一つはコレだ!
そうそう二人、ずっと「映画、観に行きたい!!」って言ってたな。
実は、二人は映画館未体験。
これはもう。。。映画館デビューをさせよう!(笑)

ということで、ダンナにスケジュールを伝え、
お昼代を含めたお金を渡す。
機嫌もOK!
行きは、運動不足解消とのことで、徒歩で出掛ける。
だいたい1時間くらいかな。

この同じ道のりを、二人の自転車の練習で(私は伴走)3~4年前に走ったことがある。行きは良かったのだけど、帰りは疲れたのと、車が増えたことでパニクり出したぴんくを抱っこし、ぴんくの自転車を引っ張って帰る破目に。一度なんてトラックを見て動けなくなってしまい、トラックの人が止まって「大丈夫、どうぞ」としてくださり、やっと動けたことも。。。昼頃出て、夕方やっと帰宅。。。体中ボロボロとなり、もう二度とイヤ!!!と思ったもんだ。
それが、今や何の不安もなくその距離を歩ける!!

そして、「映画でも。。。」って言えるくらい言動も落ち着いてきた。
いくら子ども向けの映画でも、“騒いでしまうんじゃ。。。”と思うとなかなか行けずにいた。

幼稚園や小学校のいろんな行事を経験し、USJの暗闇に鍛えられ?、プラネタリウムに挑戦し。。。 少しずつ試してきて、少しずついろんなことへの耐性もついてきたようだ。
そのうちの幾つかは最後まで経験できて、
その中から“楽しい”と本人が感じられるものも。
最後に“良かった”って思えると、今までの経過が生きてくる。

一つ、何かを頑張ったら、
自分の楽しめる世界が少し広がる。。。

時間が掛かるけど、記憶力のいい二人。
振り返れば、経過をたどることもちゃんとできている。
「あの時はこうやったな。今はこんなに楽しいのにな」と。
自分で、そこがつながって感じられることは、とても大切だと思う。

続きを読む↓

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

04 * 2006/05 * 06

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。