entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2006/01/31 (火) 09:14

父子関係と取り組むこと

家庭内での立場はいろいろだけど、
時々、親子関係で「度を越えてるかな?」と思える場面がある。

一番、圧力を受けてしまうのがぴんく。
いきなりブチギレるのが父親。
自分の思い通りじゃないと許せない。。。

年齢的にも精神的にも一番幼いので、行いもそれに伴う。
人を攻撃したり、危ないことなどはしないが、
姿勢を良く。。。とか、お箸を綺麗に。。。とか生活面でのスキル、社会的マナーなどは同年齢の子よりも遅れている。
勉強に至っては限界もある。

父親は、一日中その姿を見るわけではない。。。というのもあるだろうが、一緒に居る時はとても気になるようで、一緒に居る時間の80%くらいは注意や禁止や命令や否定となっている。
そこに“怒鳴る”や“叩く”ということがもれなく付いてくる。。。

最近、それに対するぴんくの反応が激しくなってきた。
「叩かないで!!!」という叫びが連日のように響き
(今までは黙って石のように耐えていた)、
そして叩かれたり蹴られたりすると、同じことを父親に返さなければ居られない。。。というような面が出てきた。
そんな時は、もうこだわりに近くて、自分ではコントロール不能の状態だ(ぴんく)。
父子で興奮状態となり、悪循環にはまっていく。
連日これでは。。。とも思うが、夫婦関係も似たようなもので、いい方向へはなかなか進めずにきた。

ただ、ぴんくのことは考えてやらなくてはならない。
療育先の先生にも相談してみた。

まずは、叩かれる・怒鳴られる。。。ということに対して、
聴覚過敏や触覚過敏もあり、ぴんくにはかなり辛い状況では?という点。
さらに、自閉の子に「ダメ」などの禁止で伝えると、何をすべきかまで思いが向かず、混乱してしまうという点(まったく改善にはつながらない)。
そして、父親と母親の対応や考え方の大きなズレ。
。。。これらをまず夫婦で話し合う必要がありそうだ。

ノートなどに叱る事柄やその順位付けをリストアップし、二人で対応を考え、統一し、すっきり整理させること。
紙に書くことで、行き辺りばったり的な父親の意識にも残るかもしれない(ダンナは自分の決意をすぐ忘れ、コロコロ気も変わるので、私も一緒に混乱(^^; )。
気分で相手への対応が激しく変わるところは、多少自分で調節してもらいたい。
怒る・キレるのではなく、叱る・注意するのレパートリーや段階も持って欲しい。

実は、私も少々参っているのだ。。。
本当に、しんどくて。

ぴんくのための取り組みであり、私のための取り組みでもあったり(爆)
スポンサーサイト
entry_header

2006/01/29 (日) 22:47

買い物。。。それぞれ

最近までお小遣いを遣うことがなかった二人。

ぶる~は、貯めることばかり考えていたし、
ぴんくは、自分お小遣いで何かを買う。。。と思ったこともなかった。

それがこの冬、ぶる~は初めてプラモデルを買うために、悩んで悩んでやっとお小遣いで購入。
ぴんくの方も、私のように自分でカバンを持ち、そこに財布を入れ、携帯を入れて(ぴぴっとフォンだけど。。(笑))、管理したがるようになった。

今日、ぶる~は
「これが、どうしても最後に欲しかったプラモデルやから思い切って買う!!」
と2000円を超えるモデルを購入。
本当に“最後に・・・”なのかは不明だけど(笑)

ぴんくは、大きなモールの中で、一度だけ行ったことのあるお店を思いだしたようで、私の手を取りぐんぐんと引っ張り出した。
ぐる~~~~っと回ってやっとお店を発見。
迷わず髪ゴムの棚へ行き、「これこれ!!」と手にする。
ずっと覚えていたらしい。
ポシェットから財布を取り出し、慣れない手付きでレジで支払い。
お釣りとレシートと商品をぎこちなく受け取って、一生懸命一つずつ財布やポシェットに入れていく。

帰宅後、ぶる~はもちろんプラモデル作り。
ぴんくは髪ゴムでヘアスタイルのアレンジ。

自分の好きなことなら、どんどん動くんだ。。。(^^;
entry_header

2006/01/27 (金) 08:58

子どもの下校

子どもの下校時の安全確保のための取り組みがPTA総会で決定した。
先日、その取り組みが試験的に行われたのだが、かなり疑問が。

保護者たちは、下校前に学校に集合。
(その日の下校時刻によって、保護者の担当を分ける。)
     ↓
そして、それぞれ決められた地区の子を送っていく。
     ↓
送った後、その地区を巡回。
     ↓
異常がなければ再び学校へ戻り、意見交換。
     ↓
さらに、高学年の下校スタート。
(この日は、低学年担当とは分けられていたが、
連続で。。というのもあり得そうだ。)



私はてっきり、自分の子どもの地区へ付き添い、
我が子と共に自宅に戻るのだと思っていた。

だが割り振りはその日に決められ、我が子とは帰ることができない。
そして、先の取り組みでは、たくさんの子どもが居る方向へ付き添っていくことになるので、途中で一人になってしまう子が出てくる。
さらに、保護者が家を長時間空けることになるので、
鍵を持たせるか、家の前で1時間近く待っていることになる。

その日、動員で参加しなければならなかった人の話を聞けば、まだ低学年の我が子に鍵を持たせ(その為に、その日ご主人は鍵を持たずに出勤)、たまたま我が子の地域に割り当てられたはいいけれど、最後、自分の子だけが違う方向へ進む時には、そこで我が子を見送り、他の子どもたちに付き添うわなければならなかったそうだ。
そして、その子は自分で鍵を開けて家に入り、親がその当番を終えて戻るまで一人で過ごしていたのだ。

この取り組みの決定前に、総会でそんな意見も出たのだが、「承認多数」ということであっさりと決まってしまった。
その、承認した人たちは本当に皆、参加していたんだろうか。。。

こういう取り組みをするのなら、そして保護者への強制ならば、最後の一人が家の中に入るまで見届けるべきと思う。
その為には保護者の大部分が参加するしかないが、いろんな事情があるし、現実として不可能だろう。
地区で分けるにしても、自分の子を一人放置しておいてまですべきじゃないと思う。
それが出来ないのなら、「親が自分の子に責任を持つ」ことが一番いい。
今まで安全に下校できていた子を、かえって危険にさらすようなこの取り組みにどうしても納得できない。
最後まで守られる子と、途中で切り捨てられる子ができてしまうのも無責任すぎる。

春から本格的にスタート。。。だそうだ。
entry_header

2006/01/26 (木) 09:32

結晶!

朝、例の食塩水を覗いてみたら。。。

結晶1
出来てる!
昨日見たら、水面の淵のところから固まり始め、そのまま水もなくなってしまいそうだったんで綺麗な結晶は出来ないかと思ってた。

全て真ん中が×印となっていておもしろい。
↓古い携帯からの画像しかなくて、綺麗に取れないけど。。。
結晶2


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

実験第2弾へ!

続きを読む↓

entry_header

2006/01/25 (水) 13:06

三学期、まとめに向けて。。。

年が明けて、最初の養級での面談日。
あっという間に、一年間のまとめの時期に。

ぶる~
大きな行事が一段落し、
“今だからこそ”の課題が見えてきた。
やっぱり整理整頓。。。
物の管理が甘い。
使ったら使いっぱなしで次の行動に移ってしまう。
そんなとこから物をなくしたり。。。
というようなことへとつながってしまう。
行事や課題、人間関係を中心に取り組んだ1、2学期から、
3学期はこの点に絞ってやっていこうということに。

他は、6年生を見送り、新1年生を迎えるための活動をどこまで納得し取り組んでいけるか。。。だ。
他学年のお休みの日に学校へ行き、準備等で下校も遅くなる。
自分の時間を大切にするぶる~の気持ちの持っていき方が大事だ。

ぴんく
家でのやんちゃぶりとはうってかわって、
素直にすんなりとやっているらしい。
10の課題や指示のうち9はすんなり、
後の1つも話し合いで納得。。。といった感じのようだ。
趣味・余暇活動も充実してきて、その趣味をお友達と共有できたりも。

集団の中で、足並みを乱すことなく落ち着いている。
学習面は、ぴんくの進度を尊重してもらってるのでこの調子で。

統廃合
あっという間に決定してしまった。
(話し合いは形だけで、結果は最初から決まってたようなもの)

PTAとしては、この統廃合が子どもたちにとって不利益なものとならないよう最善をつくしていくことと、子どもの安全確保に取り組んでいくことが決まった。

特に、安全面についての活動は早急に取り組まなければならないもの。
子どもたちの登下校を保護者が見守っていくことに。
皆、自分の都合もあるけれど、やはり子どもの安全の責任は親にあるので、このご時世にはやむを得ない選択だろう。。。
全保護者で割り振っていくことになりそうだ。

いろんな動きのある“春”に向け、準備もしつつ、
この一年の意味もしっかり確認したい。
entry_header

2006/01/24 (火) 11:54

ぶる~、○○育成中

食塩

これは、昨日からぶる~が大切に?育てて??いる食塩水。

「バーナーで熱したら、小さな結晶しかできないから」と、
自然蒸発で、大きな結晶を育てるのだそうだ。

といってもほったらかしでOKということで、
愛情はこもってないけど。。。(^^;
entry_header

2006/01/23 (月) 23:51

微調整

夜、寝る前にテンション上がって大騒ぎしていたぴんく。
ぶる~はもうウトウトしているのに、ぴんくはまだまだ遊びたそう。
そうこうするうちに旦那の逆鱗に触れる。。。

布団にもぐったぴんくを覗き込むと、しくしくと泣いていた。
声を掛けると
「お父さんが、ぴんく何もしてないのに怒ってん。。。
うぅぅ。。。


あ。。。自分では、何もしてないつもりだったんだ。。。(^^;

ふざけて遊んで眠らないぴんくに怒った旦那と、
楽しくて盛り上がってるのに叱られたぴんく。。。

お互い、もうちょい。。。
entry_header

2006/01/23 (月) 00:00

キャッチボールで。。。

ここ数日の我が家のブームは、寝る前のキャッチボール。
家の中なので、ボールはやわらかな素材の物。
これは、掴みやすくて扱いやすいからぴんくでもOK。

まずは、ボールが苦手なぴんくと投げ合いっこをする。
「ぽん・ぽん・・・」と掛け声に合わせて、ふざける間を与えずに続けていき、
「落としたらお仕舞い!」で更に気合が入ってくる。
5分くらい続いて、とうとうぴんくは落としてしまったけど、やめることをすんなり納得。

それを横で見ていたぶる~、突然の参加。
ぶる~とは英単語の掛け合いで。
one・two・three・・・とやってみたらsixty-oneまで続く。
キャッチボールの勢いだと、まるで早口言葉のようで意外と大変。。。(笑)
まだ物足りず、お次は曜日で。
Sunday Monday Tuesday Wednesday・・・

と、そこへぴんく乱入。
ぶる~、ボールを落としてしまう。。。
もう9時だし「そろそろ寝よう」と片づけ始めた。

と。。。ぶる~が泣いている!
「もっとしたかったのに、ぴんくが入ってくるから。。。おまけにぴんくがぶつかったから壁で指を挟んだし!あぁ、やりたかった。。。」
そろそろ疲れてやめたかったから、そこで切り上げたけど。。。ぶる~の言うことも尤もだ。

そんな様子を見ていたぴんくも、慌てて片づけたボールを持ってきて兄に渡す。
改めて、
Sunday Monday Tuesday Wednesday・・・(笑)
Saturdayで落っことして、今度は本当にお仕舞い~
entry_header

2006/01/21 (土) 22:32

ぴんくワールド

ぴんくが朝、空っぽのお財布を見つけて持ってきた。

「お母さん、ここにお金入れて。」

「え?」

「買い物したいねん。ここにはお札も入れて欲しいねん。」

「は?? 誰のお金を入れるの?」

「お母さんの!」

よくそんな都合の良いことを。。。(-_-;)


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆


夜は、『バカ殿ごっこ』。

「ぴんくは優香!お兄ちゃんはバカ殿!! お母さんは?」

「お母さんは。。。御付かなぁ。。。?」

「じゃ~、ぴんくはおほし!!」

「?? なにそれ???」

「お母さんがお月やから、ぴんくはお星になる!」


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

マイワールド、炸裂中。
entry_header

2006/01/19 (木) 15:16

ぶる~、参観日

昨日に続き、今日はぶる~の英語の参観日。

今日は、教室での授業。
ぴんくの時と先生は変わり、内容も3年生とはまた違った雰囲気で、テンポ良くポンポンッと軽快に進んでいく。

BINGOゲームでは私も「ビンゴ!」(笑)
次のゲームは親もグループに分かれて“アルファベット早並べ”。
その辺りから、もうぶる~を見ている余裕もなくなり、
ついついヒートアップ(^^;
子どもたちを差し置いて、保護者チームが1、2位独占(^^;;
子ども達から「手加減してや。。。」とボソッと聞こえてきたり。。。

ぶる~は参観前に、頭痛で職員室で休んでいたそうだけど、
参観の時には教室に戻っていたし、もう調子が悪そうな風には見えなかった。
ゲームも、チームに馴染んで頑張れてたように見えた。

続きを読む↓

entry_header

2006/01/18 (水) 11:59

ぴんく、参観日

今日は、ぴんくの英語の参観日。

教室ではなく、ちょっと広めの多目的ホールへ。
ホールに入るともうぴんくも来ていた。
いつもなら飛んできてふざけたりするのに、今日はおとなしい。
緊張してそうだけど大丈夫かな。。。と見ていた。

授業といっても、英語を使って簡単なゲームを行う。
今日は養級の先生も「付かずに見ていることにしてみます」とのことだったんで、私もドキドキ。
おまけにぴんく、先頭に並んでいる。。。(-_-;)

先生が見せる絵カードに答えたあと、AチームとBチームに分かれ、
両側から絵カードのコマを読み進み、出会ったところでジャンケンポン!
最初は。。。ぴんくだ。。。
一人で立ち上がり、スタートの合図で一枚目のカードを。。。
読んだ!
一つ読んでは一つ進み、ゆっくりコマを進めていく。
その間に相手チームのお友達がぴんくのスタート地点の近くまで攻めてきていた。
ジャンケンポン! 
(ノlll゜▼゜)ノおぉぉぉぉぉぉ、ぴんくが勝った
........グーとパーしか出さないのに

その後、英語の質問で、好き嫌いを挙手で答えるのも、皆に合わせるんじゃなく、自分の意思で答えていた。
   ★好きな人は挙手★
     juice........(^O^)/
     cabbage......(^O^)/
     milk.........(-_-;)
     fruit........(^O^)/
     bread........(-_-;)

授業後、養級の先生とちょっとお話。
一つ一つの経験を積み重ねてきた。。。と感じる。
先生の細やかな配慮のもとで、“初めての場面”での拒否感が薄れ、抵抗はすっかりなくなり、安心してまた新しいことを迎える。

一年目は授業の一時間を座って過ごすこともできなかった。
昨年の英語の授業では“そこに居る”ことが精一杯だった。
そして、今日。
緊張していたが、先生を頼らず、“自分で!”の意思を感じた。
わからないことは、「わからない」と言える。。。
ぼんやりと受身で過ごしてきたぴんくには大きな変化。

さすがに終了後は腑抜け状態となったけど。。。(笑)
養級の先生も心得てくださっていて、
「もう今日はゆったり過ごします」と。
助かります。。。(*^^*)
entry_header

2006/01/17 (火) 22:00

だんだんと。。。

ぶる~は、一人で過ごす時間が増えてきた。
遅れて幼児期がやってきたような時を過ごしていたけど、
気がつけばちょっとずつ私との距離感が出てきた。
私抜きでぴんくの相手が出来るようになり、世話も焼けるようになった。
最近、リビングで過ごす時間の3分の1~2分の1くらいは別の部屋で一人で過ごす。
その場所で大好きなゲームや読書、プラモデルに熱中している。
そろそろ思春期の入り口かな。。。
自分の世界を持ちつつある。


ぴんくは、妹であり末っ子。
それがこのところ“お姉ちゃん”になりたくて仕方がない。
それは『妹』で、名前は『みいちゃん』ともう決まっている。
みいちゃんの服を着替えさせたり、お風呂に入れたり、髪を結んだり。。。
やってあげたい思いが募ってきて爆発しそう。
この辺りを気をつけていないと、
現実と空想の世界がごちゃまぜになってしまうぴんく。。。
思い込みには配慮しつつ。。。
お姉ちゃんらしくなってきた。

続きを読む↓

entry_header

2006/01/17 (火) 00:00

アスペルガー症候群の子育て200のヒント

アスペルガー症候群の子育て200のヒント アスペルガー症候群の子育て200のヒント
ブレンダ ボイド (2006/01)
東京書籍

この商品の詳細を見る


表紙に、なんだか見覚えのある男の子!と思ったら、
ぼくのアスペルガー症候群のケネス・ホール君でした。
その隣の女性は、ケネス君のお母さんでブレンダ・ボイトさん(だと思われます。。。)です。
専門家ではなく、母親の視点で書かれたこの本には、
ケネス君を育てた経験から得た、子育てのアイデアがいっぱい詰まっています。
最初から読む。。。というよりも、今、必要な情報を項目から探してヒントを得るという使い方の方がぴったりかもしれません。


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ

 謝辞
 訳者まえがき
 すぐに対処が必要なときの使い方
 はじめに
  本書の構成
  きょうだいのために/周囲の方々へ/
   子どもの表記について

1 まず、基礎を固めましょう
  自分自身を振り返ってみましょう
   ヒント 1:蓄えをたくさん持ちましょう(冷蔵庫のたとえ)
   ヒント 2:人の力を借りましょう
   ヒント 3:感情的にならないようにしましょう
   ヒント 4:自分の生活をおろそかにしないようにしましょう
   ヒント 5:直面している課題から取りかかりましょう
   ヒント 6:す・ま・あ・と・な目標を立てましょう
   ヒント 7:療育のアイデアは、いつでも引き出せるようにして
         おきましょう
   ヒント 8:子どもを甘やかしすぎないようにしましょう
   ヒント 9:話し相手を見つけましょう
   ヒント10:お母さん方へ-自分を大事にしましょう
   ヒント11:よけいな神経をとがらせないようにしましょう

 受容と理解
   ヒント12:診断を受けましょう
   ヒント13:ASをもっとよく知りましょう
   ヒント14:他の子どもと比較しないようにしましょう。
   ヒント15:ASの人のかたくなさを理解しましょう
         (車と電車のたとえ)
   ヒント16:トラブルの原因を探りましょう
   ヒント17:問題点を指摘(注意)するためには、
         信頼関係が前提になります
   ヒント18:子どもの味方になりましょう

 健全な自尊心を育みましょう
  私たちにできること
   ヒント19:正しい行いを見逃さない
   ヒント20:しかるよりほめましょう
   ヒント21:ポジティブなものの考え方を教えましょう
   ヒント22:恥をかかせないように気をつけましょう
   ヒント23:一緒に行動を計画しましょう

 不安を減らしましょう
  ASと不安
  不安が起きるわけ
  “ASの不安”
  私たちにできること
  理解し、許容すること
   ヒント24:表に表れない不安に気づきましょう
   ヒント25:原因を探りましょう
   ヒント26:不安レベルを適切に保ちましょう

  順序、構造、見通し
   ヒント27:いつもと違う時は気をつけましょう
   ヒント28:「掲示板」を利用しましょう
   ヒント29:タイマーやストップウォッチを使いましょう
   ヒント30:情報は視覚的に伝えましょう
   ヒント31:ラミネーターを使いましょう

  その他
   ヒント32:体を動かしましょう
   ヒント33:気を逸らすように誘導しましょう
   ヒント34:「ぐうたらデー」を設けましょう


2 ベストをつくしましょう
 社会性と感情のギャップを埋めるには
  正直に言う?言わない?-人づきあいの葛藤
   ヒント35:ASの正直さを長所と認めましょう
   ヒント36:何が欠けているのか確認しておきましょう

  自覚を促しましょう:そのためのちょっとした
  テクニック

   ヒント37:お手本と話し合い
   ヒント38:“感情のギャップ”を埋めるフィードバック

  自覚を促しましょう:いくつかの方法
   ヒント39:「感情ノート」
   ヒント40:比喩的表現
   ヒント41:ロールプレイ
   ヒント42:探偵ごっこ
   ヒント43:感情のレベル
   ヒント44:“感情を表す語彙”を増やす

  遊びとソーシャルスキル:いくつかのアイデア
   ヒント45:世話係をつけましょう
   ヒント46:安心して遊べる日を計画しましょう
   ヒント47:得点係にしましょう
   ヒント48:まねまねゲーム
   ヒント49:かわりばんこ(じゅんばんこ)
   ヒント50:インターネットを活用しよう

  療育的アプローチ
   ヒント51:力を抜いて穏やかに
   ヒント52:味方になる
   ヒント53:コミュニケーション
   ヒント54:ほめて育てる
   ヒント55:優しくきっぱりと
   ヒント56:フィードバックしましょう
   ヒント57:融通をきかせましょう
   ヒント58:事前によく考えましょう
   ヒント59:一貫した対応をするようにしましょう
   ヒント60:取り組むべき課題かどうか見極めましょう
   ヒント61:タイミングを見計らいましょう
   ヒント62:ユーモアを忘れずに

 大人の言うことを聞くようにするには
  動機の問題
  指示に従わせるには
   ヒント63:どのようにすべきか分かるようにしましょう
   ヒント64:基本的な決まりを作りましょう
   ヒント65:ものごとの是非は明確に伝えましょう
   ヒント66:選択肢を与えましょう

  動機づけをするには
   ヒント67:チャレンジしてみましょう
   ヒント68:「がんばりカード」
   ヒント69:にこにこマークとしょんぼりマーク
   ヒント70:ごほうびコイン

  トラブルへの対処
   ヒント71:サインを決めて使いましょう
   ヒント72:ちょっとしたゲーム
   ヒント73:相手のペースにはまらないようにしましょう
   ヒント74:怒りにまかせて脅かさないように
   ヒント75:「AをしたらBをする」の公式
   ヒント76:要望→命令→罰
   ヒント77:険悪なまま会話を終わらせないこと


3 よくあるトラブルとその対処法
  怒りと攻撃
   ASらしい極端さ
   短期的な対策と長期的な対策
   ヒント78:幼児期から始めましょう
   ヒント79:怒りを無難に表現し、上手に処理する方法
   ヒント80:危険な状況を回避するためのステップ
   ヒント81:我慢できたらごほうび
   ヒント82:口汚い言葉にはおどけてしまいましょう

   危険な状況になってしまったら
   ヒント83:危険な状況になっていしまったらどうするか
   ヒント84:爆発する前に怒りの芽を摘み取りましょう
   ヒント85:落ち着いていましょう
   ヒント86:脅しに負けないようにしましょう
   ヒント87:一人にしてみましょう

  注意に関する困難
   ASらしい極端さ
   トラブルを分析してみましょう
   トラブルへの対応
   ヒント88:具体的に指示しましょう
   ヒント89:負担をかけすぎないようにしましょう
   ヒント90:紙に書いたり、目で見て分かるように工夫しましょう
   ヒント91:スケジュールや予定を管理するツールを与えましょう

   課題に集中させるためのアイデア
   ヒント92:気が散るものを取り除くようにしましょう
   ヒント93:「AをしたらBをする」の公式を使いましょう
   ヒント94:時間を決めましょう
   ヒント95:「どこまでできたかなカード」を作りましょう

  睡眠と就寝に関するトラブル
   家族への影響
   解決への取り組み
   ヒント96:日中の不安を減らしましょう
   ヒント97:眠りにつくための手順を決めましょう
   ヒント98:寝る準備の進め方を掲示しておきましょう
   ヒント99:寝る部屋を明るくしすぎないようにしましょう
   ヒント100:“前向きなお話”をするようにしましょう
   ヒント101:寝かせるために目覚まし時計を使いましょう
   ヒント102:特性テープを作りましょう
   ヒント103:ラベンダーの効用

  うつ
   ASとうつ
   ヒント104:用心を怠らないようにしましょう
   ヒント105:愛されているという心のよりどころを築きましょう
   ヒント106:一緒の時間を作りましょう
   ヒント107:共感的に聞きましょう
   ヒント108:成功感を感じられるようにしましょう
   ヒント109:守るべき時には守ってあげましょう
   ヒント110:必要に応じて医療の助けを借りましょう

  食事に関するトラブル
   食に関する問題を理解しましょう
   親の思い
   食が細い場合
   ヒント111:調理をシンプルにしましょう
   ヒント112:量を少なくしましょう
   ヒント113:食後のお楽しみを用意しましょう
   ヒント114:ピューレスープにしてしまいましょう
   ヒント115:サプリメントを活用しましょう

   食べ過ぎる場合
   ヒント116:食品構成を守りましょう
   どちらの場合でも
   ヒント117:運動
   ヒント118:食事の時間を一定にしましょう
   ヒント119:プレッシャーをかけないようにしましょう
   ヒント120:継続しましょう
   ヒント121:食事のしたくを一緒にしましょう
   ヒント122:食べた物のリストを作りましょう
   ヒント123:献立表を作りましょう
   ヒント124:専門家の支援を受けましょう

  字を書くこと
   「字を書くのは嫌いだ!」
   字を書くのが嫌いなのはなぜ?
   解決への取り組み
   ヒント125:ちょっとずつ何度も練習しましょう
   ヒント126:目標を見つけましょう
   ヒント127:書く気にさせるような道具を使いましょう
   ヒント128:ゆっくり丁寧に書くお手本を示しましょう
   ヒント129:「いろはうた」で練習する
   ヒント130:ページを空けて書いたり1行空けて書くように
          しましょう
   ヒント131:必要なら専門家の支援を受けましょう

   書字に役立つゲームなど
   ヒント132:できるかなコンテスト
   ヒント133:知育ブック
   ヒント134:紙と鉛筆のゲーム
   ヒント135:伝言ゲーム
   ヒント136:宝探し

  宿題の監修
   解決への取り組み
   勉強に取り組める環境にするために
   ヒント137:準備しましょう
   ヒント138:監督しましょう
   ヒント139:環境を整えましょう
   ヒント140:「AをしたらBをする」の公式を使いましょう

  運動機能と協調運動
   子どもの困難を見抜きましょう
   ヒント141:できることを伸ばしましょう
   ヒント142:楽しくやりましょう
   ヒント143:挑戦させるようにしましょう
   ヒント144:必要に応じて専門家の支援を受けましょう

   ゲームと遊び
   ヒント145:お手玉遊び
   ヒント146:障害物サーキット遊び
   ヒント147:ししゅう遊び

  完全主義
   この問題の影響
   どうしてなのか理解しましょう
   無気力と完全主義、失敗への恐れ
   解決への取り組み
   ヒント148:失敗に対して“賢明になる”ように教えましょう
   ヒント149:結果よりも努力をほめましょう
   ヒント150:試合の勝ち負けにこだわらなくなるように指導
          しましょう
   ヒント151:失敗をしてみせましょう
   ヒント152:失敗を打ち明けあいましょう
   ヒント153:家訓を作りましょう
   ヒント154:健全な自尊心を育みましょう

  かたくなさ
   変化への抵抗
   強情でひとりよがり
   強迫的
   ヒント155:ASの子どもは融通を利かせるのが難しいことを
          わすれないようにしましょう
   ヒント156:情報はこまめに、でも誤解を与えないように
   ヒント157:不安を減らしましょう
   ヒント158:少しずつ柔軟性を高めるようにしましょう

  学校でのこと
   学校は楽しいところ?
   子どもの視点に立ってみましょう
   いじめの問題
   学校の価値
   前向きに考えましょう
   解決への取り組み
   ヒント159:子どもに合った学校を選びましょう
   ヒント160:学校生活に向けて準備と指導をしましょう
   ヒント161:警戒を怠らないようにしましょう
   ヒント162:家を安心できる天国にしましょう
   ヒント163:コミュニケーションのパイプを繋げておきましょう
   ヒント164:専門家と連携しましょう
   ヒント165:専門的な検査を受けましょう
   ヒント166:いじめの問題に対処するには
   ヒント167:いじめの問題を学校に持ちかけるには
   ヒント168:学校からの“タイムアウト(一時避難)”

  感覚敏感性の問題
   子どもの視点に立ってみましょう
   よくみられる感覚敏感性の例
   感覚敏感性を理解しましょう
   ヒント169:不安を減らしましょう
   ヒント170:許容しましょう
   ヒント171:敏感性を下げるよう努めましょう
   ヒント172:感覚統合

   ちょっとした遊び
   ヒント173:サンドイッチごっこ
   ヒント174:へなちょこタクシーごっこ
   ヒント175:椅子ごっこ

  特別な行事やお出かけ
   “特別な”行事
   解決への取り組み
   ヒント176:どんな内容なのか率直に言いましょう
   ヒント177:“予備のプラン”を作っておきましょう
   ヒント178:早めに行きましょう
   ヒント179:フィードバックし、ほめ、励ましましょう
   ヒント180:サインや合図をしましょう

   車で出かける時の工夫
   ヒント181:座席表を作りましょう
   ヒント182:地図を作って行きましょう
   ヒント183:日程表を用意しましょう
   ヒント184:休憩をスケジュールに入れておきましょう
   ヒント185:テープを持って行きましょう
   ヒント186:本を持って行きましょう
   ヒント187:“しゃべったらアウト”ゲーム
   ヒント188:「○○調べ」をしましょう
   ヒント189:“20の質問”ゲーム
   ヒント190:パズルの本を持って行きましょう

  話すこと・会話すること
   話すこと
   会話のスキル
   解決への取り組み
   ヒント191:会話は明確に
   ヒント192:考える時間を与えましょう
   ヒント193:“お助けフレーズ”を教えましょう
   ヒント194:けじめをつけましょう

   役に立つゲームと遊び
   ヒント195:お手玉を使ったゲームをしましょう
   ヒント196:早口言葉でやってみましょう
   ヒント197:大きな声で本を読みましょう
   ヒント198:留守番電話にメッセージを録音しましょう
   ヒント199:テープレコーダーを使いましょう
   ヒント200:“はっきり話す”ゲーム


4 親御さんたちへ
  すてきな贈り物
  ASの子育てから学んだこと
  アスペルガー星

巻末資料
   資料 1 応用行動分析(ABA)
   資料 2 ABAの療育プラン
   資料 3 ごほうびコイン
   資料 4 我が家の決まり
   資料 5 感情ノート
   資料 6 怒った時にやってよいこと・
        いけないこと

   資料 7 感情が表れる言葉
   資料 8 にこにこマークとしょんぼりマーク
   資料 9 スモールステップに分ける
   資料10 はっきり話すゲーム
   資料11 そのつもりはなくても人を傷つけて
        しまうこと

   資料12 悪意のあるからかいと悪気のない冗談
   資料13 いじめってなに?   
   資料14 いじめにあった時にやってよいこと・
        いけないこと

   訳注
   役に立つサイト
   参考文献
  本書を読んで     高橋和子
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2006/01/16 (月) 00:10

新ブログ、スタート!

ブログ、引越してきました。

今までアメブロで、

   我が家の本棚 BlueStage
   我が家の日記 PinkStage
   我が家の記録 YellowStage

と、3つのブログでやってきましたが、
一つにまとめて管理したくなりました(笑)
ここには、この3つのブログの過去記事もまとめてあります。
その流れで、カテゴリー名を今まで通りの色分けでやっていこうと思っています。

どうぞよろしくお願いします。
entry_header

2006/01/15 (日) 00:00

自閉症 私とあなたが成り立つまで

自閉症―私とあなたが成り立つまで 自閉症―私とあなたが成り立つまで
熊谷 高幸 (2006/01)
ミネルヴァ書房

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに-自閉症がふえている-

1章 どうしてやりとりができないのか?
   -三項関係の成り立ち-
    ・ギビング・テイキング 
    ・自閉症者のモノ・トラックな世界
    ・三項関係の成り立ち
    ・二項関係から三項関係へ
    ・人に対する関係と物に対する関係
    ・自閉症の診断と三項関係
    ・「心の理論」への長い旅路
    ・大人にとっての三項関係
2章 どうしてことばが消えるのか?  
   -折れ線現象-
    ・ことばが消えていく
    ・折れ線型自閉症
    ・自閉症一般に見られる折れ線現象
    ・一歳台の危機
    ・タッくんのビデオテープ
    ・不完全だった三項関係
    ・三項関係の危機
    ・ことばと三項関係を呼び戻すもの
3章 どうしてことばが必要なのか?  
   -<いま・ここ>にないものの表現-
    ・ことばを話さない子どもたち
    ・ことばの発達曲線
    ・「もの」の世界から「こと」の世界へ
    ・<いま・ここ>に対する出入り
    ・三項関係の第Ⅱ段階
    ・ことばが生まれる理由
4章 どうして文字や機械が好きなのか? 
   -認知のアンバランスとその利用-
    ・ことばを取り戻す子どもたち
    ・文字の世界と音の世界
    ・一義的な世界と多義的な世界
    ・自閉症者と機械の相性
    ・仮名文字の構造
    ・視覚優位の特性
    ・サヴァン症候群と感覚過敏の世界
    ・文字と意味とのつながり
5章 どうしてこだわりを示すのか
   -ルーティンづくりとルーチンくずし-
    ・こだわりが生まれるとき
    ・発達成果としてのこだわり
    ・こだわりづくりとしてのルーチン形成
    ・共同行為ルーチンの仕組み
    ・持つこと誘うことの学習
    ・TEACCH教室の構造
    ・ルーチンづくりとルーチンくずし
6章 どうして会話が成り立たないのか?  
   -過去や未来への視点合わせ-
    ・ことばの段階
    ・受動的な子どもたち
    ・要求や質問ができる条件
    ・「イヤ」を連発する子どもたち
    ・三項関係の第Ⅲ段階
    ・遠い世界への案内人
    ・わかる世界・わからない世界
    ・「わかる・わからない」の学習
    ・WHクエスチョンの学習
    ・私とあなたの出会い
    ・アスペルガー障害の子がつまずくとき
7章 どうして時間的見通しを持てないのか?
   -前頭葉機能障害仮説-
    ・待つことのできない子どもたち
    ・順序としての時間と長さとしての時間
    ・過去・現在・未来・をつなぐ感覚
    ・EQと前頭葉
    ・前頭葉機能障害仮説
    ・前頭葉シンドローム
    ・テーマ画の中の過去・現在・未来
    ・ドナとテンプルの世界
    ・感覚過敏と時間認知の障害
    ・時間を空間に置き換える方法
8章 どうして人の心が読めないのか?  
   -私・あなた・彼・彼女の視点-
    ・自分の姿を遠くから見るとき
    ・透明人間のように振る舞う彼ら
    ・「あげる・もらう」「する・される」のむずかしさ
    ・同時並行的な行動ラインの読みとり
    ・「する・される」と「心の理論」の関係
    ・「心の理論」テストのトリック
    ・さらにむずかしい「行く・来る」の世界
    ・私やあなたが彼・彼女になるとき
    ・彼・彼女たちと私たち
    ・ソーシャル・ストーリーという方法
9章 私とあなたが成り立つまで
   -四段階発達モデルの提案-
    ・私とあなたが成り立つとき
    ・過去・現在・未来の行動見通しの発達
    ・三項関係の視点で発達段階を捉えなおしてみると
    ・段階Ⅰ(健常児で八ヵ月頃から)
    ・段階Ⅱ(健常児で一歳半頃から)
    ・段階Ⅲ(健常児で三歳頃から)
    ・段階Ⅳ(健常児で四歳半頃から)
    ・私だけで成り立つ三項関係の段階
    ・自閉症児に見られるつまずきと支援の方法
    ・段階Ⅰのつまずきと支援
    ・段階Ⅱのつまずきと支援
    ・段階Ⅲのつまずきと支援
    ・段階Ⅳのつまずきと支援
    ・三項関係の視点による自閉症児の発達評価
    ・「心の理論」のその後

あとがき
三項関係の各段階にもとづく発達評価     逆丁
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2006/01/15 (日) 00:00

どう関わる? 思春期・青年期のアスペルガー障害

どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害―「生きにくさ」の理解と援助のために どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害―「生きにくさ」の理解と援助のために
京都ひきこもりと不登校の家族会ノンラベル (2005/12)
かもがわ出版

この商品の詳細を見る


☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ

刊行にあたって

第1章 アスペルガー障害と求められる家族援助
     -ひきこもりと不登校の家族会の
     取り組みから-

 [1]なぜ家族援助が必要なのか
 [2]アスペルガー障害と「ひきこもり」「不登校」
 [3]アスペルガー障害の特性-私たちにできること

第2章 アスペルガー障害の生きにくさを支える
     ・・・定本ゆきこ

     -障害特性の正しい理解と
     望ましい支援のあり方-

 はじめに-少年鑑別所で出会う子ともたち
 [1]発達障害という視点で理解する
 [2]アスペルガー障害の特性
 [3]アスペルガー障害の人の生きにくさ
 [4]ライフサイクルと発達課題
   (1)乳幼児期の特徴
   (2)学童期の特徴
   (3)思春期・青年期の特徴
 [5]アスペルガー障害の人への援助
   (1)援助とはなにか
   (2)ほめられたことのない青年たち
   (3)橋渡し・薬物治療・自己認知
   (4)家庭と学校と医療、そして居場所の
     ネットワークで支える
 [6]不可欠な家族支援
おわりに

第3章 わが子のアスペルガー障害を受け入れて
     -当事者の親たちが語る-

第4章 アスペルガー障害の世界を知る
 [1]アンケートから見えてくること
 [2]こんな生きにくさをかかえています
 [3]伸ばしてあげたい得意なこと

おわりに-思春期・青年期・成人期の援助とネットワーク
     の必要性

 [資料] 発達障害者支援法

                [イラスト]ふるはしひろみ
                  [装丁]川本 浩
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2006/01/12 (木) 02:10

やっと、

明日から給食が始まる。
この冬休みはいつもより長かったので、今もまだ少々バテ気味。。。

そんな中、先日は雪遊びへ。
この寒い時に、「雪遊び~!!」と譲らない二人に根負けしてしまった。。。
ソリやシャベルを購入し、雪を求めて北へと向かう。
こういうところはいつも大雑把。。。(笑)
雪を見つけ、早速飛び込む二人。
今年のヒットはソリ。
最初はバランスが取れなかったけど、滑っているうちにどんどん上手くなってきた。
その合間に雪玉をぶつけあったりしながら思いっきり遊んできた。
毎年のことながら、ブーツの中に雪が入ってしまって
「足、冷たい。もう帰ろう!」と突然騒ぎ出すぴんくに急き立てられて帰宅。
ぶる~はぶつぶつ言ってたけど。。。

昨日は始業式。
抜かりなく送り出したはずが、上靴&体育館シューズをそれぞれ忘れてた。
最初からこれでは。。。(苦笑)
帰宅時は、養級の先生が自宅まで送ってくださった。
なんだか嬉しくて、ほっとする。

その後、市民健診へ。
今年は病院通いも始めたからきっと大丈夫だと思うけど。。。
ぶる~が赤ちゃんの頃にお世話になった保健士さんと久しぶりに会うことができた。
「自閉症かも?」と一番苦しかった時。
当時はダンナも夜遊び三昧で、連絡もなかなか取れなかった。
家に居るのは明け方ぐらいでとても相談どころではなかったから、
障害を持ってるかもしれない二人のことで、当時の私を支えてくれていたのはそういった方々だった。
「大変やったもんね。もう今はゆっくりしたらいいのよ。」
「ゆっくりしすぎてて。。。(苦笑)」
「それでいいのよ。無理しないでゆっくりしなさい。」
頑張りきれない自分についイライラしてたけど、この言葉がじわ~っと胸にしみ込んできた。
帰る時、「元気でいてね」
と、なんだかお母さんのような暖かな言葉に、ほっ。。。と和む。

今日は、臨床心理の先生との面談日。
この先生とも、もう10年近いお付き合いだ。
ちょっと昔を振り返りつつ、あの頃はとても想像できなかった今の二人の様子を頼もしく感じる。
いくら今「疲れた。。。」と言ったって、ちゃんと睡眠を取ることもできるし、抱っこしなくても泣き喚かずに過ごせ、毎日の一つ一つの変化に泣かずに居てくれる。。。
許容できることが広がって、過敏さも随分と和らいで、ぐんと生活しやすくなってる今を改めて感じる。

ダンナの新しい仕事のリズムにまだ慣れずに少々体がキツイけど、ゆっくりやっていこうかな。

続きを読む↓

entry_header

2006/01/11 (水) 19:13

家族のバランス

夫婦でぶつかることが多かった我が家。
まだ子どもが居ない頃はあまり無理をせずに居られたし、
適当にストレスも発散しながらやっていた。
でも、子どもが生まれた頃の我が家はめちゃくちゃ。
ぶる~は、乳児の頃から父母の争いを見て、怖い思いをしてきたと思う。
そして、二年と開かずにぴんくが生まれ、ますます大変に。
夫婦喧嘩もますます激しく。。。

そんな中で、自然と家族のバランスを取ろうとしているぶる~に気がついた。
喧嘩が始まると、上手く離れたり、ぴんくの相手をしてくれながら気を逸らせたり。
時には爆発する前にガス抜きをしてくれたり。。。

こんなこと、決して良いことではないのはわかっている。
だけど、その小さな体で踏ん張ってるぶる~に、どれほど助けられてきたのか。。。

二人が幼い頃から、ずっと相談をさせていただいている臨床心理の先生が居る。
その先生に、こんな我が家の状態を聞いてもらってきた。
そこで言われたのは、
「子どもはどんな環境でも学んでいきます。お母さんのところの環境が良かったとは言えませんが、そんな中でもぶる~くんは自然と人間関係を体得してきたのかもしれません。“これ以上はヤバイ”とか、“大変そうだけど、落ち着いたらまた元に戻る”、そんなことを経験を通してわかってきて、そして家族のバランスを取る役目を負うことができるまでになったんでしょう。」
と。 また、
「夫婦喧嘩も良くないし、虐待もあってはならないことですが、そんなことよりも無視が一番子どもには辛いんです。何も学ぶこともありません。」
とおっしゃっていた。

それを、全てに当てはめてしまうのは危険だし、期待することでは決してない。
子どもは子どもらしく、安心して、守られて子ども時代を過ごすのが一番だと思ってる。

いろんな問題があった我が家だけど。。。
そんな子どもたちのおかげで、少しずつ上向きになってきている。
私たち大人の気持ちの持ち方が変わりつつある。
努力し続けるのは難しいんだけど。。。
ここまで踏ん張り、頑張ってくれた子どもたちのために、私も応えていきたい。

続きを読む↓

entry_header

2006/01/07 (土) 02:06

お年玉

毎年、特に遣おうともせずただ貯めていくだけだったお年玉。
お小遣いもそうだった。

ぶる~は、それをどうしても遣いたがらず、お誕生日やクリスマスに欲しい物はプレゼントしてもらうと決めていた。
消しゴムや鉛筆を失くした時は“自分で買う”と決めてみても、
学校中を探し回り、最後には先生が、
「“見つけないとお小遣いで買わんとあかんねん。だから絶対探す”って頑張ってます。今回は許してあげてくれませんか?」と電話がきたりする。
自分のお金を遣わないための、努力や忍耐だけはあった(笑)

それが!
迷って悩んだ挙句、「お小遣いでプラモデルを買う!」と。
余程欲しかったらしい。
早速、お店に行って、商品を選ぶ。
真剣に、長い時間かけてやっと、「これ!」とニコニコ嬉しそうに抱えてきた。

お小遣いを貯めるのも大切だけど、
上手に管理し、遣っていくことも必要だ。

これだけの収入の中で、
ここまでは遣っていい、これだけは必ず貯めていく。。。

しばらくは、遣い過ぎるかもしれないけど。。。
それで困る経験があったほうが、お金の大切さがわかってくるだろう。

お小遣い帳はずっと付けてきたので、ワンステップアップを目指して!

続きを読む↓

entry_header

2006/01/05 (木) 23:44

行事に思う

自閉症の子どもたちを育ていて、
すぐには見えてこない成長が行事の折にはとても感じられることがある。

お正月。
今はすっかり流れがわかっている子どもたちも、
ここまで来るのに数年掛かった。

言われるままに移動し、見えない都合に振り回され、たくさんの刺激に興奮し、疲れてますます悪循環に。。。
一年一年、毎年繰り返すうちに「お正月はこういうもの」とわかったきた。
本当は、その時に伝える術を知っていたら良かったんだけど。。。
時間を掛けて、やっと親子共にこんな機会をを楽しめるようになった。

楽しみなひと時。
自分なりの思いがあふれてくる。
そして、今度は「○○のハズだ!」という思いが出てきた。
“こうありたい!”という自己主張。
すき焼きに白菜が一度でも入ったら、次の年も白菜であるべきとなる(笑)
人生ゲームの車が、去年ピンク色だったら、今年もピンク色であるべきなのだ。。。

その場が楽しくて、帰りたがらなくもなる。
「帰りたくない!お泊りする!!」と大騒ぎすることもあったけど、
今は、“9時には帰るもの。。。”とイヤながらもどこか納得。
お泊りは、別の機会を作る。

すぐには見えないものも、行事を通して見えてくることがある。
一年一年、大切に。。。

そして、良い一年に。。。

続きを読む↓

entry_header

2006/01/02 (月) 23:32

おばあちゃんの家へ

今日は、朝からおばあちゃんの家へ!

毎年恒例の行事は、二人共しっかり押さえている。
12月からずっと、
「1月、おばあちゃんの家行く?」と何度も確認し、
やっとで今日を迎えた。

まずはお土産のケーキを買いに行く。
人数分のケーキを「あーだこーだ」言いながら選ぶ。
二人はしっかり自分の好みのを注文。

おばあちゃんの家に着くと、「あけましておめでとうございます!」
その後は我が家のようにゆったりくつろぐ。

いとこ達と一緒にまずはお節をいただく。
ぶる~はローストビーフを発見し、一皿食べてしまった。
その間、大人達を相手に、
ぶる~は、
「将来、いい仕事に就けるか心配で。経営状態が悪化したらどうしたらいいのかな。」
ぴんくは、
「それは高カロリー!食べたら太る。油を使ったお料理はカロリー高いよ。お肉もカロリーあるよ。」
などと言っている。。。(-_-;)
そんな会話、家でしている訳ではないのに。。。
まるで、私がいつも言ってるように思われそうだ(/_-。)

一休みしたら、これまた恒例の凧揚げ。
今日は、穏やかな風でなかなか高く上がらない。。。
が、ぴんくは初めて凧揚げらしい凧揚げができた。

遊んで帰ってお楽しみのケーキ。
「チーズだ!」「イチゴだ!」という二人に、
皆それらを避けながら選んでくれる。。。(-_-;)

そして、これは外せない『人生ゲーム』。
毎年、誰かが怒ったり悔しがったり(泣いたりも。。。)するのにやめられない。
「仕返し」のマスに止まると緊張感が走る。。。
選ぶ車の色も、昨年から決めていた。

夜はすき焼き。
ぴんくは、すき焼きを作りたくてたまらない。
これまた12月からずっと、
「すき焼きは、脂をジューッてするの?お肉とお砂糖?」
「ぴんくがやりた~い!」と言い続けていた。
で、本日のなべ奉行はぴんくに決定(笑)
熱した鉄鍋に牛脂をジューッ。
お砂糖をまぶし、おしょうゆも。
と、その辺りから鍋さばきを放棄!
“食べ”に集中。。。無責任な仕事振り。

朝から晩まで一日楽しく過ごして満足な二人。
数年前を思えば、かなり落ち着いた。。。(゚ー゚*)

続きを読む↓

entry_header

2006/01/01 (日) 22:32

2006年スタート!

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

新しい年!

昨日と今日、大晦日と元日。
つながってるのに全く違う。
どっちの雰囲気も大好き。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

誰にとっても素敵な2006年になりますよう。。。!

続きを読む↓

entry_header

2006/01/01 (日) 00:00

自閉症スペクトラムPinkStage 2006 INDEX

自閉症スペクトラムPinkStage
 
我が家の日記 2006 一覧

1月
2006年スタート!
おばあちゃんの家へ
やっと、
新ブログ、スタート!
だんだんと。。。
ぴんく、参観日
ぶる~、参観日
ぴんくワールド
キャッチボールで。。。
微調整
ぶる~、○○育成中
三学期、まとめに向けて。。。
結晶!
買い物。。。それぞれ
節分

2月
理系!
壁|ー゚)
○印
ルーズ
5年生最後の参観日
覚書
3年生最後の参観日
養級&スクールカウンセラーとの面談
ぶる~的表現
ぴんくのビーズ作品
ぴんく、校外学習
疲れた時の過ごし方

3月
雨の一日
ひなまつり♪
この冬最後の雪遊び
激論
朝勉
養級、今年度最後の面談
クラブ
ぴんくワールド。。。
ブレーキの効かない好奇心
ゆったり
SHARKS
お得な日
ボーリング
噂の種蒔き
小さな歴史録
春の味(^¬^)
修了式
雨を呼ぶ。。。
ぶる~vsぴんく
スタミナ切れ
お泊り!!!
夏休みから持ち越しの宿題

4月
マクド○ルド
ぶる~、瀬川認定問題に挑戦
春♪
新年度スタート!
たくさん。。。
大家族
参観&懇談
ぶる~的思考
クラブ活動、決定
一緒の時間
ちょっとずつ残念
明日から。。。&成分解析

5月
GW 出だし好調
衝撃の99%
GW 5連休
遠足の明暗
それは。。。(困)
家庭訪問、無事修了♪
ぶる~の宿題
雨があがって。。。
風船で遊ぼう♪
“やまだ”、遠足へ。
ぶる~の世界、広がれ~
参観&懇談
あやしい二人
懐かしいな
うがい

6月
平成女流文学
二人のために。。。
今年の海
ぶる~、修学旅行へ!
ぶる~、帰宅
ぴんくの作品
採血と検尿
精神年齢
付録が。。
汁物
気の緩み
ダブル参観&心理面談

続きを読む↓

entry_header

2006/01/01 (日) 00:00

自閉症スペクトラムYellowStage INDEX

自閉症スペクトラムYellowStage

 ところどころ工事中アリ。。。m(..*)m

二人の経過
ぶる~。。。出産
ぶる~。。。赤ちゃん時代
ぶる~。。。幼児期
ぴんく。。。出産
ぴんく。。。赤ちゃん時代
ぴんく。。。幼児期
ぴんくが生まれた直後のぶる~
心境の変化

ぶる~について
兄、ぶる~について

ぴんくについて
妹、ぴんくについて

我が家の気付き、取組み
ぶる~と将棋
ぴんくの空想の世界(現実との線引き)
裁縫を楽しむ ~ぴんく~
交換ノート
二人の為のヒント集
ティッシュケース作り ~ぴんく~
ティッシュケース完成!
大切な『最初の一回』
場面の読み方、伝え方に思うこと
走ること(それぞれの課題)
“感覚”に思うこと
繰り上がり・繰り下がりのある計算
時間割を一人で
お弁当も練習
なわとび
父子関係と取り組むこと
やっぱり視覚
人と自分と ~場面の中で~
声を拾う&会話を考える
隠して守る
作り笑顔
ビデオで遊ぶ
走ろう!
前ボタンのパジャマ
聴き取ること
質問ノート
怒りの対処
夏休みの実験 その1 ドライアイス
夏休みの実験 その2 スライムを作ろう
夏休みの実験 その3 食塩の結晶
夏休みの実験 その4 樹氷
ぴんくの本の楽しみ方
夏休みの実験 焼そば
夏休みの実験 バター作り
教えておくべきこと
5W1H
ネタは毎日仕入れる
言葉選び

随想・雑感
出口が見えなかった頃
出口。。。そして思うこと
虐待。。。
行事に思う
お年玉
家族のバランス
思いを重ねて。。。
“わかる”
『夜』
考えることに意義がある!
決めた。。中学との話し合い
あふれる言葉、みなぎる自信
共感

隣のトトロ
子どもの時間
人間関係と心の部分と

私のこと
白と黒と。。。
めぐる
わがまま

ありがとう
希望
王様の耳はロバの耳
ありがとう。
ありがとう

ブログ
先輩方のお話を聞いて。。。
等身大での頑張り

便利グッズ
我が家のお役立ちグッズ
にじいろ手帳
お役立ちグッズ~時計~
届いた、届いた♪ SSTボードゲーム&表情カード

情報
発達障害関係の番組 福祉ネットワーク
「ETVワイド発達障害の子どもたち」~福祉ネットワーク
小学生の支援~福祉ネットワーク
中学生の支援~福祉ネットワーク
発達障害Q&A~福祉ネットワーク
発達障害関係の番組 福祉ネットワーク ハートをつなごう
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第2弾
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第3弾
発達障害関係の番組 ドキュメント胸の痛み
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第4弾
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第5弾
番組情報 『僕はここにいる』 ~広汎性発達障害がある青年の物語~
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第6弾
発達障害関係の番組 ハートをつなごう 発達障害第7弾

MEMO帳 アドバイス等
二人 ~家庭児童相談室~工事中
吃音への対応。。ぶる~ ~家庭児童相談室~
2001年の様子。。二人 ~家庭児童相談室~工事中
構造化のススメ。。ぶる~ ~K先生(Dr.)~
検査結果からわかること。。ぴんく ~家庭児童相談室~
視覚援助。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
2002年の様子。。二人 ~K先生(Dr.)~
2003年の検査。。二人 ~O先生(Dr.)~工事中
生活技能スキル&余暇。。二人 ~O先生(Dr.)~
PEP-Rからわかること。。ぴんく ~T先生(療育)~
課題として。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
抜毛症への対応。。ぴんく ~T先生(療育)~
新版K式。。ぴんく ~O先生(Dr.)~
新版K式。。ぴんく ~K先生(心理)~
主部と細部を考える。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
思春期の迎え方、過ごし方 ~O先生(Dr.)~
現在の課題として。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
WISC-Ⅲ。。ぶる~ ~O先生(Dr.)~
現時点の支援。。二人 ~O先生(Dr.)~
エール。。私 ~心理N先生~
診断名のイメージ。。私 ~S先生(心理)~
勉強面等。。ぴんく ~S先生(Dr.)から~
最近の二人 ~S先生(心理)~
思春期の二人へ ~O先生(Dr.)~
性 ~S先生(心理)~
心の動き
アドバイス ~S先生(Dr.)~
WISC-Ⅲ。。ぴんく ~S先生(心理)~
二学期 中間
感覚統合の視点から。。ぴんく ~N先生(OT)~
OT。。ぴんく ~T先生(OT)~
K-ABC。。ぴんく ~S先生(特別支援)~
アドバイス。。二人 ~O先生(Dr.)から~
WISC-Ⅲ。。二人 ~O先生(Dr.)~
現在の課題として。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
新版K式。。ぴんく ~K先生~
現在の課題として。。ぴんく ~S先生(Dr.)~
新版K式

記録 
二人の絵本館
二人の本棚
学習モノの本棚
ぶる~の本棚
ぴんくの本棚
ぶる~のおもちゃ箱
ぴんくのおもちゃ箱
ぶる~美術館工事中
ぴんく美術館工事中

病歴・検査等 記録
病歴・検査等 記録工事中

発達・知能検査 記録
発達・知能検査 記録工事中

療育
親子教室
プレイセラピー
通園施設
療育強化事業工事中

講演会
実践報告・講演会工事中
こだわり・固執・同一性保持など様々な発達障害から自閉症の子ども達の教育課題・教育指導を考える工事中
服巻智子先生工事中
「障害」を理解するということ工事中

勉強会 
支援費制度について工事中
自閉症の特性工事中
自閉症の人への伝え方工事中
自閉症の子ども達とわかりあう工事中
行動上の問題の理解と対応工事中
自閉症とは?内側から見た世界工事中
身辺自立・家事スキル工事中
身辺自立・お手伝いについて工事中
スケジュールについて工事中
自分を守る
entry_header

2006/01/01 (日) 00:00

自閉症スペクトラムPinkStage 2005 INDEX

自閉症スペクトラムPinkStage
 
我が家の日記 2005 一覧

二人の経過
カウンセリングの日
家庭児童相談室の面談日
結果とアドバイス~ぴんく~
面談日 ~趣味~

兄。。。ぶる~のこと
アクシデント ~ぶる~、2歳~
将棋、十一手詰めに挑戦!
ぶる~、井上慶太八段と!
びしょぬれ!?
また!頭からびしょぬれ。。。
「俺は存在感がない」
モヤモヤ
負けた。。。
福崎文吾八段の将棋講座
「よっしゃ~」。。。将棋世界
将棋、「小学生の部」代表選考会
つい先程
帰宅
将棋の日
今日も、福崎八段と!
水泳 進級テスト
ないっ!
私のPCデスクに
将棋講座終了
将棋大会
ぶる~のつぶやき。。。
JT将棋日本シリーズ こども大会
プラモデル
病院通い、一段落
ぶる~、参観日
二宮金次郎
交渉成立
感じてる
頑張り、継続中
終わり良ければ全て良し!?
頼もしく。。。
極寒
二学期、最後の給食
今年の頑張り

妹。。。ぴんくのこと
年をとること、死んでゆくこと
ぴんくのお願い
死者は蘇る!?
また、カウンセリングの日
犬と記憶
ぴんくの夢
癒しの効果?
人形の役割
ぴんくの絵
出会うタイミング
欲しかったピンクの風船
手抜きの効用?
『お花変身』&『ひげそり妖精』
ぴんくのぴんくによるぴんくのためのスケジュール
ワイワイボール
今まで気付かなかったが、
絵日記
なんですと!?
ぴんくとの約束
ぴんく、参観日
変温動物!?
ぴんくのメモ
ぴんく流 カバンの作り方
赤が好き
歯磨き
ハイキングにて
色、いろいろ。。
初作品!  の一歩手前。。。
公園で。。。
療育手帳 判定
いつの間にか日課
「いいから、いいから」
ひとこま
夏休みの宿題が♪

自分のこと
びわの枝
家庭児童相談室
ランチ~
ふらふらの理由

家庭&家族
我が家のスタート
自閉なふたり。。。休日の朝
GW、スタート
ハイキング
三連休&三連休
GW終了。。。
今日は家庭訪問
トランプ
七夕かぁ~
夏休みスタート!
出発!
旅行。。。夜中の出発
旅行。。。二日目
旅行。。。家へ
花火大会
出発

学校関係
今日は参観
ぶる~。。。クラブ活動
ぴんく。。。遠足
ぶる~。。。遠足
結局、家庭訪問3時間!
学校で面談
4冊の連絡帳
割り算
クラスでのポジション
W参観日
抽出での参観&懇談
養級の集い
揃って終業式
後半、水泳指導スタート
養級の個人面談
運動会!
養担の先生と個人面談
プラスの失敗体験
ぶる~のトラブル
試み 動き出す
ぶる~の一歩
学習発表会
個人懇談
面談、二連発

ほのぼの (。・ω・。)
カレンダーをめくる日&お小遣い
自閉兄妹。。。結婚観
押入れ
ポケモン  /●・∀・)
散歩

もうっ! (`・ω・´)
家庭児童相談室への怒り
はぁ~ε=( ̄。 ̄;)
通院。。。学校でのケガを振り返る

う~ん (・ω・`。)
二人と宿題
検尿!
たかが消しゴムされど。。。
なくす物、こわれる物
こだわり。。。
突然の大雨に。。。
朝の見送り
また。。。

うぅ。。。 (´;ω;`)
勝手に宣言!勝手に挫折。。。
怒るに怒れず。。。
夏休みの水泳指導、スタート!
勉強最終日に忘れ物

つらいな (´・ω・`)
どこまで悟っているのか
気付けなかった
学校より電話

あぁ、勘違いorちょっと違う
パソコンクラブ入部の訳
きょう。。。?
間違えた(^^;
トイレで。。。
質問と答え
「用意」。。。
やってもた~
寒い、寒い
雨の日の過ごし方
特別。。。
秋鮭の塩焼き

真面目な話
叩くこと。。。自閉の子
筑紫哲也 のNEWS23を見て

その他
『エイブル』鑑賞会
某おもちゃ店にて。。。
ゴミ出し
兄と妹
最近の二人のブーム 1
最近の二人のブーム 2
自転車で美容院
耳掃除
林間学校。。。兄・妹
ぶる~の三択&ぴんくの意欲
セミ捕り
虫にちなんで
面談日
お泊り
帰宅。。。別々に(-_-;)
台風。。。
万歩計
祖母の家でお泊り
祖母宅から戻る
お盆も過ぎて。。。
盆踊り
CUT
ラジオ体操
夏休み。。。
最近の二人
外へ!
面談日~家庭児童相談室~
お腹、いっぱい
睡眠中の二人
土曜の朝は。。。
公園掃除
ゆっくり、ゆったり
インフルエンザの予防接種へ
走る。。。12月!
ブーム、まだまだ
地域とイベント
冬休みと宿題
歳末夜警

ブログ
ウィルスバスター!
JR脱線事故
暑いな~
ナイフ
♪ミュージックバトン♪
模様替え
市議会を傍聴して。。。
疲れた二日間
イメージ★バトン
夢バトン!
朝から雪~と思ったら停電!
今年。。。 2005
entry_header

2006/01/01 (日) 00:00

自閉症スペクトラムBlueStage INDEX

自閉症スペクトラムBlueStage
 
自閉症関連の書籍  

     ★日本評論社
発達障害の豊かな世界
自閉症
自閉症児の学ぶ力をひきだす
そだちの科学 創刊1号 特集 自閉症とともに生きる
そだちの科学no.3 特集 そだちの遅れにどう向き合うか
そだちの科学no.4 特集 学童期のそだちをどう支えるか
そだちの科学no.5 特集 アスペルガー症候群 軽度発達障害とそだち
新しい学びの場2006
そだちの科学no.8 特集 発達障害のいま

     ★東京書籍
自閉症スペクトル
ガイドブックアスペルガー症候群
自閉症の謎を解き明かす
自閉症とアスペルガー症候群
自閉症とこだわり行動
アスペルガー的人生
すぐに役立つ自閉症児の特別支援Q&Aマニュアル
十人十色なカエルの子
ぼくのアスペルガー症候群
アスペルガー症候群と感覚敏感性への対処法
アスペルガー症候群とパニックへの対処法
自閉症へのABA入門
アスペルガー症候群への支援 小学校編
アスペルガー症候群の子育て200のヒント
アスペルガー症候群への支援 思春期編
自閉症者が語る人間関係と性

     ★中央法規
高機能自閉症・アスペルガー症候群入門
高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て
教師のためのアスペルガー症候群ガイドブック
自閉症入門 親のためのガイドブック
「気になる子ども」の配慮と支援
「気になる子ども」のサポートシステム
あなたがあなたであるために
心からのごめんなさいへ
脳科学と発達障害
発達障害の子どもの「ユニークさ」を伸ばすテクノロジー

     ★ブレーン出版
子どもの不器用さ
高機能広汎性発達障害
学習障害
可能性ある子どもたちの医学と心理学
広汎性発達障害の子どもたち
子どもに障害をどう説明するか
アクロニムで覚える自閉症とアスペルガー障害の対応のちがい
なぜ?がなるほど!に変わる本

     ★学研
アスペルガー症候群と高機能自閉症の理解とサポート
アスペルガー症候群と高機能自閉症 青年期の社会性のために
発達障害のある子の困り感に寄り添う支援
特別支援教育のための精神・神経医学
特別支援教育のためのアスペルガー症候群の医学
自閉症児のための絵で見る構造化
自閉症児のための絵で見る構造化パート2
自閉症療育ハンドブックTEACCHプログラムに学ぶ
自閉を砕く
自閉症児教育の実際
自閉症児の集団適応
わかってほしい!気になる子
軽度発達障害のある子のライフサイクルに合わせた理解と対応
本当のTEACCH
見て分かる困り感に寄り添う支援の実際
自閉症児の困り感に寄り添う支援

     ★東洋館出版社
自閉症児の教育と支援
つまずきのある子の学習支援と学級経営
LD・ADHD・高機能自閉症の子どもの指導ガイド
中学・高校におけるLD・ADHD・高機能自閉症等の指導

     ★北大路書房
知的障害の心理学
発達障害の臨床心理学
軽度発達障害のSST事例集

     ★明石書店
アスペルガー症候群がわかる本
アスペルガー症候群と非言語性学習障害
ADHDと自閉症の関連がわかる本
コミック会話
自閉症・アスペルガー症候群の子どもの教育
ねえ、ぼくのアスペルガー症候群の話、聞いてくれる?
軽度発達障害と思春期
家庭と地域でできる自閉症とアスペルガー症候群の子どもへの視覚的支援
ADHD・アスペルガー症候群のある子と親のためのポジティブライフガイド
私と娘、家族の中のアスペルガー
写真で教えるソーシャル・スキル・アルバム
ADHD・LD・アスペルガー症候群かな?と思ったら…
LD・ADHD・高機能自閉症のある子の友だちづくり

     ★エンパワメント研究所
アスペルガー症候群と高機能自閉症
自閉症や知的障害をもつ人とのコミュニケーションのための10のアイデア
こんなサポートがあれば!
働く自閉症者のための作業改善の工夫とアイデア
思いっきり支援ツール
TEACCHとは何か
こんなサポートがあれば!2

     ★花風社
自閉っ子、こういう風にできてます!
俺ルール!
さあ、どうやってお金を稼ごう? 準備編
さあ、どうやってお金を稼ごう? 就職活動編
教えて私の「脳みそ」のかたち
自閉っ子、深読みしなけりゃうまくいく
自閉っ子、自立への道を探る
自閉っ子は、早期診断がお好き
自閉っ子におけるモンダイな想像力
自閉っ子、 えっちら おっちら 世を渡る

     ★松柏社
社会性とコミュニケーションを育てる自閉症療育

     ★金剛出版
軽度発達障害児の理解と支援 子どもと家族への実践的サポート

     ★ぶどう社
自閉症成人期にむけての準備
ぼくらの発達障害者支援法

     ★スペクトラム出版
マイソーシャルストーリーブック
青年期のアスペルガー症候群
自閉症スペクトラムへのソーシャルスキルプログラム
みんなとはちがった人たち 自閉症の英雄のこと
アスペルガー症候群 教師として知っておくべきこと
これは便利!! 5段階表
アスペルガーの偉人たち

     ★クリエイツかもがわ
あなた自身のいのちを生きて
高機能自閉症の子育てと療育・教育
ソーシャルストーリーブック 書き方と文例
お母さんと先生が書くソーシャルストーリー
RDI 「対人関係発達指導法」
自閉症スペクトラム 青年期・成人期のサクセスガイド
自閉症スペクトラム 生き方ガイド
発達障害と大学進学
自閉症スペクトラム 学び方ガイド

     ★かもがわ出版
広汎性発達障害の子どもと医療
どう関わる?思春期・青年期のアスペルガー障害
自閉症字の発達理解と教育

     ★日本文化科学社
軽度発達障害の心理アセスメント
WISC-Ⅲアセスメント事例集
WAIS-Rの理論と臨床
実践インリアル・アプローチ事例集
AD/HD・高機能広汎性発達障害の教育と医療

     ★図書文化
教室でできる特別支援教育のアイデア172 小学校編
教室でできる特別支援教育のアイデア 中学校編

     ★ナカニシヤ出版
新版K式発達検査反応実例集
発達障害のある子どもの自己を育てる

     ★金子書房
「気がかりな子」の理解と援助
怒りをコントロールできない子の理解と援助

     ★金芳堂
自閉症スペクトラムの医療・療育・教育

     ★星和書店
みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症
自閉症の心の世界
虹の架け橋 自閉症・アスペルガー症候群の心の世界を理解するために

     ★黎明書房
自閉症への親の支援 TEACCH入門
高機能自閉症・アスペルガー障害・ADHD・LDの子のSSTの進め方

     ★大揚社
なぜ伝わらないのか、どうしたら伝わるのか
どう活かすあなたの支援「基本のキ」

     ★大月書店
自閉症児の教育実践

     ★ミネルヴァ書房
自閉症の謎 こころの謎
発達相談と援助 新版K式発達検査2001を用いた心理臨床
自閉症 私とあなたが成り立つまで
ふしぎだね!?自閉症のおともだち
ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち
特別支援教育における臨床的心理学的アプローチ

     ★おめめどう
レイルマン
レイルマン2
杖の役割 -障害支援の素-
サポートブックの作り方・使い方

     ★新潮社
自閉症だったわたしへ
こころという名の贈り物 続・自閉症だったわたしへ

     ★講談社
自閉症のすべてがわかる本
アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本
大人のアスペルガー症候群
思春期のアスペルガー症候群

     ★講談社現代新書
自閉症
自閉症からのメッセージ
発達障害の子どもたち

     ★講談社+α新書
発達障害と子どもたち

     ★同成社
高機能自閉症・アスペルガー症候群及びその周辺の子どもたち

     ★福村出版
自閉症の人のライフサポート

     ★川島書店
学習につまずきのある子の地域サポート
こうすればできる:問題行動対応マニュアル ADHD・LD・高機能自閉症・アスペルガー障害の理解と支援
イラスト・まんが教材で「気持ち」を理解

     ★考古堂
アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ
自閉症スペクトラムものがたり

     ★大修館書店
ことばの発達入門
ことばの障害入門
ことばの障害の評価と指導

     ★少年写真新聞社
教師のための高機能広汎性発達障害・教育マニュアル

     ★診断と治療社
ADHD、LD、HFPDD、軽度MR児 保健指導マニュアル
AD/HD、LD、高機能自閉症 軽度発達障害の臨床
みんなに知ってもらいたい 発達障害
アスペルガー障害とライフステージ

     ★教育出版
自閉症スペクトラム児・者の理解と支援

     ★明治図書
普通学級にいるアスペルガー症候群の子への指導
グレーゾーンの子どもと向き合う国語授業の提案
こうすれば伸びる 自閉症児の指導法
特別支援教育 実践 ソーシャルスキル マニュアル

     ★河出書房新社
特別支援教育ではじまる 楽しい学校生活の創り方

     ★ころろリソースブック出版会
子ども達のための『困ったとき事典』

     ★秋田書店
光とともに・・・

     ★ベネッセ
この星のぬくもり

     ★小学館★  
<教室で気になる子>LD、ADHD、高機能自閉症児への手だてとヒント
自閉症の息子ダダくん11の不思議
LD・ADHD・アスペルガー症候群 気になる子がぐんぐん伸びる授業

     ★山海堂
ちゃんと人とつきあいたい

     ★現代人文社
発達障害とメディア

     ★ナツメ社★ 
よくわかる自閉症

     ★子育て協会
佐々木 正美シリーズ1 気になる連続性の子どもたち
佐々木 正美シリーズ3 コミュニケーション障害の子どもたち
佐々木 正美シリーズ5 アスペルガー症候群 高機能自閉症
佐々木 正美シリーズ6 ちょっと気になる子と自閉症スペクトル

     ★SD
やさしい自閉症のススメ

     ★麗澤大学出版会
親と教師のためのADHD・ASを変える環境対話法

     ★国立特殊教育総合研究所
自閉症教育実践ケースブック
発達障害のある学生支援ガイドブック

     ★全障研出版部
自閉症スペクトラムの発達と理解

     ★至文堂
アスペルガー症候群を究める I 現代のエスプリ (No.464)
アスペルガー症候群を究める Ⅱ 現代のエスプリ (No.465)
スペクトラムとしての軽度発達障害 Ⅰ 現代のエスプリ (No.474)
スペクトラムとしての軽度発達障害 Ⅱ 現代のエスプリ (No.476)
アスペルガー症候群 歴史と現場から究める

     ★ヴィレッジ出版
褒め方ガイド

     ★日本自閉症協会
自閉症ガイドブック シリーズ1 乳幼児編
自閉症ガイドブック シリーズ2 学齢期編
自閉症ガイドブック シリーズ3 思春期編
自閉症ガイドブック シリーズ4 成人期編
自閉症ガイドブック 別冊 海外の自閉症支援
自閉症の手引き
アスペルガー症候群を知っていますか?
ぼくのこと、わたしのこと
にじいろ手帳
こんなとき どうしたらいい?

     ★自閉症サポート研究会
自閉症の世界へようこそ -自閉症支援マニュアル-
自閉症サポートマニュアル集 -自閉症者を支援して下さる方々へ-

     ★自閉症eネット
地域で働くことをめざして 自閉症の人たちの就労支援

     ★主婦の友社
ADHDとアスペルガー症候群 -この誤解多き子どもたちをどう救うか-

     ★全国LD親の会
LD・ADHD・高機能自閉症とは?(増補版)

     ★創元社
特別支援教育のための100冊

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

12 * 2006/01 * 02

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。