entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2004/11/25 (木) 00:00

自閉っ子、こういう風にできてます!

自閉っ子、こういう風にできてます!自閉っ子、こういう風にできてます!
(2004/11)
ニキリンコ藤家 寛子

商品詳細を見る


この本は、翻訳家のニキ・リンコさん、作家で大学生の藤家寛子さん(ともに大人になってからアスペルガー症候群と診断される)、そして花風社の社長である浅見淳子さんとの対談形式で書かれています。
どうしてだかなかなかこの本に興味が持てなかった私ですが、“評判いいし。。。”と遂に購入。
読み始めてすぐにその世界に惹きこまれてしまいました。
感覚の異常だとか発達の片寄りなんて言われるよりも余程わかりやすく書かれています。
今まで読んで気持ちが沈む手記は何冊かありましたが、思わず声を出して笑ってしまったのはこれが初めてかも。。。?
本文中には“うん、あるある!”と思えるところもあるし、“???”なところもあります。
実感はできないけど、アスペルガーご本人の言葉で語られているのでその世界が理解しやすいです。
今後、異文化コミュニケーションをもっと楽しめるんじゃないでしょうか。

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ

<マンガ>明るい自閉的毎日1

この本が生まれるまで

<マンガ>明るい自閉的毎日2

第一部 気まぐれな身体感覚
雨ニモマケズ/季節の風物詩/くしゃみに拍手/自閉は身体障害?/コタツの中の脚/身体がなくなる!/自分の体取り戻し用マニュアル(by藤家寛子)/バトルフィールド東京/眠れない幾多の夜を越えて/自閉グルメ談義/ご飯食べに行こう/自閉&BODY

<マンガ>明るい自閉的毎日3
             4

第二部 幸せな世界観(かもしれない)

<マンガ>明るい自閉的毎日5
             6

神様のパシリ/クラスメートは学校の備品/学校に行くのか、学校が来るのか/浅見さんも人間なんだ/モノと人の区別/おすもうさんと啓蟄/春と東京とおすもうさん(byニキ・リンコ)/肌の白い黒人はエラい?/俺ルール/いじめられっ子としての役割意識/親はシナリオを読む人/親とのかかわりを原因と考えた時期(後日メールbyニキ・リンコ)/選択肢以外の選択を思いつけない/親は「出待ち」/親とのつながりが見えてきた/私に「お父さん」ができ始めた事実。(by藤家寛子)/「ずしりと受け止める」ことの危険/新幹線に穴を開ける私/飛行機を墜落させない私/魔女とお姫様/パンが増やせる私は神様/おすもうさん(後日メールbyニキ・リンコ)/想像力の障害?/頭の中の郵便仕分け係/閉じた情報の環っか 俺ルールの世界に生きる人々(byニキ・リンコ)/なぜ講演のたびに謝礼の額が変わるか/抗うつ剤がくれる「すておけ力」/顔を覚えるこつ/罪悪感が生まれるまで/いつでも戦闘配置/不得意なことこそがんばらなきゃ?/かわいがられても怖い理由/他人の目を気にする、ってどういうこと?/異文化コミュニケーション

<マンガ>明るい自閉的毎日7
             8

第三部 自閉の生活法・序論 
     ニキ・リンコ インタビュー
エキゾチック・ペットの飼い方/食いしん坊というモチベーション/本人を信用していいか/自閉のすみか/介入について(後日メールbyニキ・リンコ)すみかへのこだわりについて(後日メールbyニキ・リンコ/睡眠時間/エキゾチックペット用飼料係とペットを兼ねる
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

2004/11/20 (土) 00:00

長所活用型指導で子どもが変わるPart2

長所活用型指導で子どもが変わる〈Part2〉―国語・算数・遊び・日常生活のつまずきの指導 長所活用型指導で子どもが変わる〈Part2〉―国語・算数・遊び・日常生活のつまずきの指導
藤田 和弘、熊谷 恵子 他 (2000/08)
図書文化社

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ

第1章 認知処理様式と長所活用型指導

Ⅰ 認知処理様式を生かす長所活用型指導
  1 本書のねらいと読書対象
  2 本書の構成と内容
  3 長所活用型指導と短所改善型指導
  4 認知処理様式を生かす指導方略
Ⅱ 認知処理様式を生かす指導方略の基本
  1 継次処理的指導方略と同時処理的指導方略の5原則
  2 同時処理様式を生かす指導方略の基本
  3 継次処理様式を生かす指導方略の基本
Ⅲ 認知処理様式の見分け方
  1 知能検査による見分け方
  2 観察や面接による方法

第2章 認知処理様式を生かす国語の指導

Ⅰ 認知処理様式を生かす国語の指導の基礎理論
  1 新教育課程における国語
  2 言語の発達と認知処理
   (1)言語学・認知神経心理学からみた言葉の発達
   (2)言語活動と認知処理
  3 国語におけるつまずき
  4 認知処理様式を生かす国語の指導方略
   (1)継次処理に強い子の指導の基本
   (2)同時処理に強い子の指導の基本
   (3)聴覚的・言語的手がかりと視覚的・運動的手がかり
     の 利用
   (4)部分と全体の関係の利用
   (5)音-文字-意味の結びつき
  5 本書で取り上げた指導内容とそのおもな指導方略
Ⅱ 認知処理様式を生かす国語の指導の実態
  1 音を聞く・発音する
  2 話を聞く・話す
  3 かな文字を読む
  4 かな文字を書く
  5 漢字を読む
  6 漢字を書く
  7 かな単語(清音)を読む
  8 化な単語(清音)を書く
  9 かな単語(特殊な音節を含む)を読む
 10 かな単語(特殊な音節を含む)を書く
 11 助詞の使い方を理解する
 12 助詞に気をつけて文を書く
 13 接続詞の使い方を知る
 14 接続詞を使って文章を構成する

第3章 認知処理様式を生かす算数の指導

Ⅰ 認知処理様式を生かす算数の指導の基礎理論
  1 新教育課程における算数
  2 数(数学的操作と概念)の発達と認知処理
  3 算数におけるつまずき
  4 認知処理様式を生かす算数の指導方略
   (1)継次処理様式に強い子の指導の基本
   (2)同時処理様式に強い子の指導の基本
   (3)数詞(音)-数字(文字)-具体物(操作の対象)の関係
     の 利用
   (4)空間の利用
   (5)遂行手順の把握と意味内容の把握
  5 本書で取り上げた指導内容とそのおもな指導方略
Ⅱ 認知処理様式を生かす算数の指導の実際
  1 10までの数
  2 10までのたし算、ひき算
  3 20までの数
  4 たし算、ひき算(20までの数)
  5 3つの数の計算と文章題
  6 大きな数
  7 たし算、ひき算のひっ算(100までの数)
  8 九九をおぼえる
  9 かけ算、わり算のひっ算
 10 小数の意味
 11 分数の意味
 12 測定(1) 長さを測る、線を引く
 13 測定(2) かさの測定
 14 測定(3) 重さの測定
 15 いろいろなかたち まる、さんかく、しかく
 16 三角形と四角形の性質
 17 三角形と四角形をかく
 18 表とグラフを読む
 19 表とグラフを書く

第4章 認知処理様式を生かす遊びと日常生活の指導

Ⅰ 認知処理様式を生かす遊びの指導と
  日常生活の指導の基礎理論
  1 新教育課程における遊びの指導と日常生活の指導
  2 遊びの指導の考え方
   (1)遊びの分類とその発達
   (2)遊びの構造と集団適応
   (3)遊び場面での具体的なつまずきと指導
  3 日常生活の指導の考え方
   (1)日常生活のスキルとその発達
   (2)社会性の発達と日常生活の指導
   (3)日常生活の具体的なつまずきと指導
  4 認知処理様式を生かす日常生活の指導の基本
   (1)継次処理に強い子の指導の基本
   (2)同時処理に強い子の指導の基本
  5 本書で取り上げた指導内容とそのおもな指導方略
Ⅱ 認知処理様式を生かす遊びの指導の実際
  1 注意集中を必要とする遊び 「文字あてゲーム」
  2 場面理解を必要とする遊び(1) 動物クイズ「私は
    だれでしょう」
  3 場面理解を必要とする遊び(2) 
    「変形いす取りゲーム」
  4 協力する場面を必要とする遊び(1) 
    「アクロバットゲーム」
  5 協力する態度を必要とする遊び(2) 
    「地雷原脱出ゲーム」
  6 ルールの理解を促す遊び 「ビンゴゲーム」
Ⅲ 認知処理様式を生かす日常生活の指導の実際 
  1 整理整頓が苦手な子の指導
  2 要領よく着替えることが苦手な子の指導
  3 身だしなみに無頓着な子の指導
  4 掃除がうまくできない子の指導
  5 忘れ物が多い子の指導
  6 うまくお使いができない子の指導
  7 きまりを守ることが苦手な子の指導
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/20 (土) 00:00

自閉症の人のライフサポート TEACCHプログラムに学ぶ

自閉症の人のライフサポート―TEACCHプログラムに学ぶ 自閉症の人のライフサポート―TEACCHプログラムに学ぶ
梅永 雄二 (2001/07)
福村出版

この商品の詳細を見る




☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに

第1章 自閉症の人のライフサポートに向けて
 1節 従来の自閉症指導法
 2節 TEACCHプログラムとは
 3節 自閉症の人一人ひとりを知る
     -TEACCHプログラムにおけるアセスメント
 4節 言葉をしゃべることができても言葉を理解することが
    できない -自閉症の人のコミュニケーション
 5節 自閉症の人にわかりやすいシステムの構築
     -「構造化」と呼ばれるもの
 6節 まとめ
第2章 自閉症とは
 1節 診断を受けることは、なぜ重要なのでしょう
 2節 自閉症の症状
 3節 「自閉症スペクトラム障害」という考え方
 4節 広く用いられている診断・評価のための道具立て
     :診断・評価ツール
 Q&A
第3章 自閉症と医療
 1節 医療の入り口としての「保健所」
 2節 医療の役割:診断する
 3節 医療の役割:医学的情報を提供する
 4節 医療の役割:医学的治療を行う
 Q&A 
第4章 自閉症児の家庭での療育・生活支援
 1節 はじめに
 2節 日常生活をわかりやすく整える
 3節 コミュニケーション
 4節 おわりに
 Q&A
第5章 幼児期の療育施設での指導
 1節 幼児期とはどんな時期か?
 2節 自閉症の子どものグループ
 3節 おわりに
 Q&A
第6章 学校におけるサポート
 1節 学校選び
 2節 学校に通い始めたら、保護者はどのようなことに
     注意したらよいのでしょうか?
 3節 教師は、保護者とどのように接したら
    よいのでしょう?
 4節 学齢期の指導のポイント
 5節 まとめ
 Q&A
第7章 自閉症の人の就労
 1節 自閉症の人の就労状況
 2節 学校在学者の就労
 3節 一般求職者の就労
 4節 ジョブコーチによる就労支援
 5節 自閉症の人の就労を促進するために
 6節 働いている自閉症の人たち
 Q&A
第8章 自閉症の人への福祉サービス
 1節 生活支援の基本的考え方
 2節 成人期の支援を行う家族とは
 3節 年代による課題の変化
 4節 通所作気確保の時期
 5節 安定した通所先の調整時期
 6節 生活場所の検討時期
 7節 権利擁護者の引継ぎ時期
 8節 ライフプランニングのまとめ
 Q&A
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/13 (土) 00:00

十人十色なカエルの子

十人十色なカエルの子―特別なやり方が必要な子どもたちの理解のために 十人十色なカエルの子―特別なやり方が必要な子どもたちの理解のために
ふじわら ひろこ、落合 みどり 他 (2003/08)
東京書籍

この商品の詳細を見る


最初は何故カエル!?なんて思ったりしましたが、絵本感覚で子どもにも読みやすい本です。
私はまだ子どもに告知していないのですが、いずれは本人に見せてみたい本の一冊です。
後半は解説となっています。
私は、なんだかあの葉っぱから降りない茶色のカエルが気になります(笑)

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

落合みどり
宮本信也医学解説
ふじわら ひろこイラスト

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/09 (火) 00:00

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症

みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症 みんなで学ぶアスペルガー症候群と高機能自閉症
サリー オゾノフ、ジェームズ マックパートランド 他 (2004/11)
星和書店

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
もくじ
まえがき
謝辞

パートⅠ アスペルガー症候群と高機能自閉症を理解する

第1章 アスペルガー症候群と高機能自閉症とは?
       高機能自閉症スペクトラム障害とはどのような
       ものでしょか?
       先には何が?
       みなさんと、みなさんのお子さんは、孤立無援
       なのでしょか?
第2章 診断の流れ
       診断のバイブル:DSM-Ⅳ
       レット症候群
       小児期崩壊性障害
       高機能自閉症
       アスペルガー症候群
       高機能自閉症とアスペルガー症候群の区別:
       両者の違いはあるのでしょうか?
       特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)
       その診断は正確ですか?
       評価の過程
       診断の後で
       子どもには何と言って伝えたらよいの
       でしょうか?
第3章 自閉症スペクトラム障害の原因
       自閉症スペクトラム障害における脳の違い
       自閉症スペクトラム障害における遺伝学的影響
       [空白を埋める]についてはどうでしょうか?:
       他に考えられる原因
第4章 アスペルガー症候群と高機能自閉症の治療法
       では、次は何を?
       就学前の治療の選択肢
       就学前と就学後の介入
       治療マネージャーとしての両親

パートⅡ アスペルガー症候群、
      高機能自閉症とうまく付き合っていく


第5章 お子さんの長所を活かす:指導原則
       真の長所と生まれながらの才能
       長所となり得る子制的な行動
       みなさんのお子さんはどのような長所をおもち
       でしょうか?
第6章 家庭でのアスペルガー症候群と高機能自閉症
       基本:一貫性
       挑発的行動を理解する
       好ましい躾方法
       一日の困難な時間帯への対策
       健康的な家族の態度の維持
第7章 学校におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症
       アスペルガー症候群や高機能自閉症のある人の
       認知面と学問的な側面
       教育に配慮したクラス分け
       結び
第8章 アスペルガー症候群や高機能自閉症のある
    子どもたち、少年少女たちの社会的世界

       「やあ、こんにちは。もう、あっちへ
        いってよ」
       子どもの社会的行動を向上させるための
        対策
       感情を上手に処理する能力を向上させるため
       の対策
       からかいやいじめへの対処
第9章 将来について考える
    -青年期後期と成人期におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症-

       成長に関する朗報
       青年期、成人期における重要な問題点
       大学
       住居の手配
       就職
       最後に 参考図書文献人名索引事項索引
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/08 (月) 23:30

学校でケガ

今日の昼過ぎ、1本の電話。
ナンバーディスプレイを見ると学校!?
どっちだ?何やったんだ??と取ると保健室からだった。
今から病院に行くので保険証をとの事だった。
慌てて保健室に駆け込むと元気のない兄の姿。
お友達にプロレスの投げ技かけられて床に腕を強く打ちつけたらしい。
肘のところが腫れていた。
時間外だけど近くの外科へ。
レントゲンを撮るとやはり骨折。
しかも手術が必要だ。
ここで別の大きな病院に紹介状を書いてもらい、電話をしてもらって即移動。
こちらも時間外。
総合病院なので先生や技師の人を探すのに時間が掛かった。
そして、1週間以内に手術を受けることになった。

どうか元の状態に近いところまで治りますよう。。。
落ち着いて気丈に振舞う兄、変わってやりたい。

続きを読む↓

entry_header

2004/11/05 (金) 00:00

「気になる子ども」の配慮と支援

「気になる子ども」の配慮と支援―学習障害(LD)・ADHD・高機能自閉症児の正しい理解と対応方法 「気になる子ども」の配慮と支援―学習障害(LD)・ADHD・高機能自閉症児の正しい理解と対応方法
松村 多美恵、広瀬 由美子 他 (2004/10)
中央法規出版

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

推薦の言葉
監修の言葉
本書の活用の方法
CD-ROMの使い方

第1部 「気になる子ども」の配慮と支援
    [CD-ROM対応]

     -学習障害(LD)・ADHD・
      高機能自閉症児の正しい理解と対応方法
 1.こんな子どもはいませんか?
 2.学習障害(LD)をもつ子どもの特徴
 3.ADHD(注意欠陥/多動性障害)をもつ子どもの特徴
 4.高機能自閉症をもつ子どもの特徴
 5.学習障害等の児童生徒に対する教育の留意点
 ワークシート① 「こんなときどうする?~授業中に~」
 ワークシート② 「こんなときどうする?
          ~掃除の時間に~」

第2部 特別支援教育への転換と学校教育の課題
     -学習障害児等の特別な教育的ニーズと
      関連する教育問題

 1.特別支援教育とは
 2.何から始めるのか?
 3.特別支援教育に必要な意識改革
 4.複合する特別な教育的ニーズ
 5.特別支援教育と他の教育問題
   (1) 不登校の実態と特別支援教育
   (2) 深刻化する児童虐待の実態と対応
 6.特別支援教育と学校改革の課題

資料 LD、ADHD、高機能自閉症の判断基準(試案)/
    指導方法、個別の指導計画の様式例


 LD、ADHD、高機能自閉症の判断基準(試案)/指導方法
  ◎判断基準
    LD(学習障害)
    ADHD(注意欠陥/多動性障害)
    高機能自閉症
  ◎指導方法
    LD(学習障害)
    ADHD(注意欠陥/多動性障害)及び高機能自閉症等
 個別の指導計画の様式例

 あとがき
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/01 (月) 00:00

こんなサポートがあれば!

こんなサポートがあれば!―LD、ADHD、アスペルガー症候群、高機能自閉症の人たち自身の声
梅永 雄二
4887204329


一章は『ALAAHFA』の分類と困難性についてです。
ALAAHFAとはAdults with Learning Disabilities、
Attention Deficit Hyperactivity disorder、Asperger syndrome 
and High Functioning Autismの頭文字をとった名称で「LD、ADHD、アスペルガー症候群および高機能自閉症の成人」のことをいいます。
二章はまさにALAAHFAの方々の生の声です。
特に、学齢期において欲しかったサポートや、社会に出てからの困難(就労、結婚、育児)などの体験談が語られています。
読んでいて気持ちが苦しくなる場面もありますが、この実態を知らなければ現状を変えていくことはできません。
欲しい支援は違っても、広く一般に理解されることが、ALAAHFAの方々にとって暮らしやすい社会にしていきます。
ページの端々に用語解説もあり、とても読みやすい本ではあります。(気持ちはともかく(^^;)

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

はじめに

一章 ALAAHFAの分類の困難性とALAAHFA
    の人の抱える問題
 梅永雄二
   1 ALAAHFAの分類と困難性
   2 ALAAHFAの人が抱える問題

二章 ALAAHFA当事者たちのサポートニーズ
   1 職リハサポート手帳を! 東條純一
   2 ALAAHFAの先輩の体験談
     を聞ける場を!
 夏目宝石
     はじめに/私の思春期から安定期までについて/
     「障害」についての個人的見解/
     ケアサポートの私案/成人当事者に向けての思い/
     最後に
   3 LDの説明ができるジョブコーチを! 鶴見崇徳
   4 すべての教師にLDの研修を! 本田結子
     教育について/就労について/日常生活について
   5 早期の診断と障害を考慮に入れた
     カウンセリングを!
 井手籠栄理子
     自分ADHDと診断されるまで/
     家族関係について/
     学校生活と仕事をしていた頃のこと/
     必要なサポート
   6 ADHDや自閉症スペクトラム障害の特徴を
     もつ母親への子育て支援
 水谷紀子
     子育てにおいて必要と考えるサポート/
     子育てにおける困難
   7 ライフコーチとピアカウンセリング
     の場を!
 金谷雄一
     大学での生活と職業選びについて/
     大人へのサポート
   8 説教ではなくナビゲートを! 佐々木加奈
     子ども時代/納得のいく診断をうけるまで/
     恋愛と仕事について/
     わかりやすい“言葉”と“態度”でナビゲートを
   9 自閉症を正しく理解して
     もらえる社会を!
 山田礼子
     幼稚園・小学校時代/
     中学校・高校・専門学校時代/
     ウエイトレスとして就職/
     海外のレストランで働く/
     事務職として働く/うつ病となり退職/
     歯科技工士をめざす
  10 マネージメントサポートを
     してくれる支援者を!
 蝙翔明
     はじめに/
     大人の発達障害支援についてのわたしの考え/
     わたしの障害の特徴と就労経験/
     現在抱えている就労上の問題

三章 今後必要なALAAHFAの人たちに対する
     サポート

   1 アンケートの結果
         診断および告知/
         就学前および学校時代に困ったこと/
         必要なサポート/就労/結婚・子育て/
         医療・福祉
   2 就労支援
         教育分野からの
         「こんなサポートがあったら」/
         労働分野からの
         「こんなサポートがあったら

おわりに
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/11/01 (月) 00:00

地域で働くことをめざして 自閉症の人たちの就労支援

☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

編著者 自閉症eネット就労支援専門委員(順不同)
 酒井 大介 社会福祉法人加島友愛会障害者就労支援事業部
 濱田 和秀 大阪府金剛コロニーけやき寮
 東 良太郎 箕面市障害者雇用支援センター
 西村 昌広 社会福祉法人いたみ杉の子ゆうゆう
 中山 清司 大阪府自閉症・発達障害支援センター
                  アクトおおさか
 高橋亜希子 大阪府自閉症・発達障害支援センター
                  アクトおおさか

イラスト   勝部真一郎

表紙デザイン 田淵敦子
     
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

10 * 2004/11 * 12

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。