entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2004/09/30 (木) 00:00

軽度発達障害児の理解と支援 子どもと家族への実践的サポート

軽度発達障害児の理解と支援―子どもと家族への実践的サポート 軽度発達障害児の理解と支援―子どもと家族への実践的サポート
降籏 志郎 (2004/10)
金剛出版

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

序論-軽度発達障害児に理解を- 降籏志郎
 1.軽度発達障害をもつ子どもたち
   の心を支える 木村宜子
 2.発達臨床心理学からみた軽度発達障害児の療育支援
   -感覚と運動の高次化の視点から- 宇佐川浩
 3.落ち着きのない子どもたち
   -ADHDの治療- 原田謙
 4.学習障害(LD)の診断 吉川領一
 5.アスペルガー症候群の診断と対応 木村宜子
 6.アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害
  のための援助 杉山登志郎
 7.これからの軽度発達障害児の教育の進め方       
  -特にアスペルガー症候群および高機能自閉症
  の指導について- 
  東條吉邦
 8.健診における広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害の
   早期発見 斉藤久子
 9.教室の中での軽度発達障害児への対応と援助 水野薫
10. 学校におけるアスペルガー症候群
    と高機能自閉症 降旗志郎
11.地域での集団活動による発達支援の実践から 安川健治
12.当事者からのお願い
   -高機能自閉症児への対応- 落合みどり
13.ライフサイクルに合わせた
   地域発達援助システムづくり 降旗志郎・石川道子 

あとがき 降旗志郎
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆ 
スポンサーサイト
entry_header

2004/09/29 (水) 00:00

自閉症児教育の実際

講座受容による自閉症児教育の実際―いま再びなぜ受容なのか 講座受容による自閉症児教育の実際―いま再びなぜ受容なのか
石井 哲夫 (1983/09)
学習研究社

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

まえがき

第一章 受容的交流療法の基礎
 第一節 治療に関する基礎理論
  一、治療の社会的位置づけ
     治療の社会的意味/治療による発達・成長の意味
  二、発達とはなにか
     分化と統合/レディネス/学習
  三、人間としての発達
     人間の精神代謝活動/自閉症児と精神活動
  四、親子関係と発達
     自閉症児-親のない子/親子の絆の大切さ
 第二節 受容の基礎
  一、出発点としての人間性
  二、自我の働き
  三、障害観について
  四、受容的交流療法の治療者
 第三節 自閉症児に特有な「固執性」の考察
  一、固執の構造
  二、固執についての外国の研究
 第四節 固執行動やその他の問題行動の構造
  一、認知的発達が遅滞していること
  二、認知的な発達をすすめるための配慮
第二章 受容的交流療法の展開
 第一節 受容的交流療法課程
  一、自閉症児の発達の歪みと治療の意味
  二、自閉症児の存在の受容
  三、接触・関係づけ
  四、受容的交流
 第二節 プレイセラピーにおける受容的交流
  一、自閉症児と遊び
     ひとりでいるときの時間の過ごし方/
     遊んであげようとしたときの状態/
     自閉症児が遊べないのはなぜか
  二、自閉症児との遊び方
     視点の転換/遊びながらかかわる/
     遊びを決めてかかわる/遊びから課題へ
 第三節 課題のよる指導
  一、ことばをめぐる交流
  二、課題による指導の意味
  三、課題の内容
     自然発生的課題/意図的課題/集団的課題
  四、教材・遊具による指導
     情緒を安定させるために/
     好奇心・活動を刺そうために/
     人と触れ合うために/
     知的能力を伸ばすために
第三章 受容的交流療法
 第一節 自閉症幼児-めばえ学園の実践
  一、幼児療育のすすめ方
     落ち着ける保育室の設定/
     理解から働きかけへ/治療関係
     を損なわない生活の場/
     子どもが認知し、かかわりをもつことの
     できる生活概念の構築
  二、幼児療育のポイント-治療効果のあがった事例
     事例1 ひきこもりやすい
         子どもの気持ちを開く
     事例2 かかわりをもちにくい子どもと
         かかわりをもてるようになる課程
     事例3 特定なことへの抵抗を克服させる(1)
     事例4 特定なことへの抵抗を克服させる(2)
     事例5 食事場面でのこだわりを解消する
     事例6 人の顔をたたくという行動をとり除く(1)
     事例7 人の顔をたたくという行動をとり除く(2)
     事例8 パニックを起こしやすい子どもに対して
 第二節 学童期にある自閉症
  一、自閉症児の学校教育に関するアンケート調査
  二、自閉症児の学校適応状態
     プラスの変化/マイナスの変化
  三、教師・友だちとの人間関係
  四、学校ごとの適応状況
  五、学校教育に対する提言
     普通教育への注文/親の願いから
 第三節 年長自閉症児-袖ヶ浦のびろ学園の実践
  一、生活の安定をはかる試み
  二、言語指導の試み
     言語の実態/言語指導の実践
  三、技術指導の試み

     軽度の子の指導/重度の子の指導
参考文献
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
entry_header

2004/09/27 (月) 23:30

行事

たくさんの行事が盛り込まれた秋は自閉症の子ども達にとってはつらいものかもしれない。
普段と違う変則的なスケジュール。
それでも1年ごとに二人も慣れ落ち着いてゆく。

慣れないのは私。。。(苦笑)
この仕事の多さ、何とかして欲しい。
ボーっとしてると役員の肩書きがどんどん増えてるような。。。(-_-;)
まだ朝だけどちょっと昼寝しようかな~
entry_header

2004/09/06 (月) 23:30

地震

怖かった。。。
揺れる時間が長く感じて家が壊れるんじゃないかと思うほど。
その割りには被害はなくて何より。
昨日は雷も激しかったので妹がとっても怖がってしまってた。
“雷は ̄(*・ω・*) ̄ぴかちゅ~のせいだ”と思ってるようで
「もうピカチュウやめてちょうだい!!」と怒ってた。

連日、何かの委員会やら勉強会やら参観やら入ってて秋は忙しくなりそうだ。。。( ̄_ ̄|||)どよ~ん
entry_header

2004/09/01 (水) 23:30

二学期スタート!!!

やっと長い長い長い夏休みが終わって学校が始まった。
兄が「学校嫌や~ 行きたくない」と言う横で妹が「私は行くの!!」と喧嘩してる。
兄はいつも場面が切り替わる時が大変だが妹はあまり気にならないようだ。

ほっとしたいところだけど夏休み後半から各委員会活動が動き出した。
地区体育祭実行委員会、広報係、子ども会、自治会、合同役員会、選管委員会。
今日は運動会のポスターを仕上げた。
療育の方も8月の後半から始まっている。
そして9月はもう一つ勉強会が加わる。

秋は忙しいな。。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
entry_header

2004/09/01 (水) 00:00

発達障害のある子の困り感に寄り添う支援

発達障害のある子の困り感に寄り添う支援 発達障害のある子の困り感に寄り添う支援
佐藤 暁 (2004/08/24)
学習研究社

この商品の詳細を見る




☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

第1章 発達障害のある子どもの「困り感」と
    その背景に気づく
 子どもの「困り感」と発達障害
   子どもの「困り感」とその背景
   コラム●「困り感」を見逃さないために
第2章 支援の手立て(1)教室でできる支援の手立て
   担任による個別的配慮
   補助者が加わった個別支援
   ユニヴァーサルデザインを利用する
   コラム●構造化
第3章 支援の手立て(2)教室内のトラブルへの対応
   トラブル解決のポイント
   立ち歩き・エスケープ
   人間関係のトラブル
   パニックのときに
第4章 支援の手立て(3)学びを支える個別支援
   別室での支援を始める前に
   学びを支える個別支援-書くことの指導
   学びを支える個別支援-読むことの指導
   学びを支える個別支援-数を操作することの指導
   コラム●漢字を組み立てる十の画
第5章 支援の手立て(4)生活を支える個別支援
   生活を支える個別支援が必要な子どもたち
   生活を支える個別支援-必要な力を身につけさせる
   生活を支える個別支援-生活の見通しを持たせる
   生活を支える個別支援-教師の期待を伝える
第6章 支援の手立て(5)崩れた学級を立て直す
   低学年における学級崩壊の実態
   立て直しに着手する前に
   当面の手立て-担任による立て直し
   当面の手立て-応援を借りた立て直し
   学級集団を育てる
   コラム●子どもの目から見た学級崩壊
第7章 保護者とともに子どもを育てる
   子どもを学校に通わせる保護者の思い
   保護者面談の進め方
   子育てのパートナーとして
   コラム●サポートブック作成のポイント
   コラム●親から学んだ子育てのヒント
第8章 周りの子どもとその保護者への対応
   周りの子どもに対して
   クラスの保護者に対して
第9章 組織的支援の手続き
   組織的支援に着手する
   校内の子どもの実態を把握する(「気づき」の段階)
   組織的支援を計画する(「計画」の段階)
   組織的支援の実践にあたって(「実施」の段階)
   組織的支援を支える取り組み
   組織的支援のアイディア
   コラム●学校の課題を知るためのチェックリスト
   コラム●校内委員会と特別支援教育コーディネーター
       の役割

あとがき
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*: :*:.。.:*・'゜☆

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

08 * 2004/09 * 10

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。