entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2000/12/15 (金) 00:00

社会性とコミュニケーションを育てる自閉症療育

社会性とコミュニケーションを育てる自閉症療育社会性とコミュニケーションを育てる自閉症療育
(1999/09)
Kathleen Ann Quill、

商品詳細を見る






☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

前文
序文

序章
        Kathleen Ann Quill 
歴史的概念
この本の目的
自閉症をどう捉えるか
コミュニケーションを高める
社会科を促す
まとめ
参考文献

第1部 自閉症をどう捉えるか
                
第1章 自閉症の思考:その学習や発達の特徴
        Adriana Schuler
自閉症の特性
自閉症の認知
認知とコミュニケーション
認知と社会的やりとり
症例検討:発達上のアンバランス
カナー再考
教育への意味合い
参考文献

第2章 自閉症の人たちの学習スタイル:自伝的立場から
        Temple Grandin
認知的プロフィール
感覚の敏感さ
うまくいかないコミュニケーションへのいらつき
社会性および感情についての問題
自閉症のいくつかのタイプ
教育と密接に関わるいくつかの事柄
参考文献

第3章 自閉症の子供たちをきょういくすること:
    親が求めるもの
        Charles Hart
特殊教育の迷路に迷い込んで
治療の選択をするということ:希望という名のもとに
専門家の責任
家族にとっての優先順位
子どもを尊重すること
終わりに
参考文献

第2部 コミュニケーションを高める

第4章 ことばのない自閉症の子どもたちの
    コミュニケーション能力を高める
        Thomas L.Layton
        Linda R. Watson
行動の発達
コミュニケーションするために必要な行動
代替コミュニケーションシステム
コミュニケーションへの療育的介入
まとめ
参考文献
資料4.1子ども情報シート(言葉のない子ども用)

第5章 反響言語のある子どもたちのアセスメントと
    療育的介入
        Patrik J.Rydell
        Barry M.Parizant
反響言語の定義と性質
療育的介入(intervention)
まとめ
参考文献
資料5.1.アセスメントのためのコミュニケーションを
      引き出しやすい状況
資料5.2.言語サンプル収集に用いる記号

第6章 言語のある子どもたちのコミュニケーションを
    促進する方法
        Diane D.Towachtman
自閉症の基本的特徴
言語のある子どもたちの言語特性
アセスメントに際して考慮する点
療育的介入のための舞台設定
やりとりを促進する
成功へのお膳立て
まとめ
参考文献

第7章 子どもの社会コミュニケーション的やりとりを高める
        Kathleen Ann Quill
コミュニケーションを高めていくための原則
社会コミュニケーション的やりとりの特性
アセスメントについて
大人と子どもの間でのやりとりを促すこと
まわりにいる子どもたちへのアドバイス
まとめ
参考文献
資料7.1.コミュニケーション手段-機能質問紙
資料7.2.やりとり分析(評価形式のサンプル)
「引用に関する訳注」

第3部 社会性を促す

第8章 子どもの遊びを高める
        Pamela J.Wolfderg
統合的遊び集団モデル
遊びを理解する
子どもの遊びを観察する
子どもの遊びを高める
まとめ
参考文献
資料8.1.好きな遊びの調査目録
資料8.2.個人別の遊びの特徴プロフィール

第9章 社会的状況の「読みとり」を自閉症の子どもたちに
    教える
             Carol A.Gray
社会的読みとり(Social reading)
社会的ストーリー
社会的レビュー
社会的援助活動
まとめ
参考文献
資料9.1.社会的ストーリーの例
資料9.2.社会的ストーリー実施計画

第10章 環境的援助で柔軟性と自主性を発達させる
        Nancy J.Dalrymple
環境的援助を使用するための根拠
環境的援助の目的
環境的援助にはどのようなものがあるか
環境的援助の特徴
環境的援助の実施
まとめ
参考文献
資料10.1.環境的援助を使うためのガイドライン

第11章 視覚的コミュニケーション援助を用いて
     社会行動上の問題を解決する
        Linda Quirk Hodgdon
社会行動上の問題とコミュニケーションの関係
理解を助ける状況を作り上げる
情報を伝える教材指示を与える教材
ルールを伝えるための教材
問題行動にとってかわる行動を教える
コミュニケーションの視覚的補助を使用する上での
ガイドライン
症例検討
まとめ
参考文献
資料11.1.状況観察質問紙

第12章 絵を用いた認知的リハーサル:
     自己コントロールを教えるシステム
        June Groden
        Patricia Le Vasseur
絵を用いた認知的リハーサル
自己コントロールと社会性スキル
絵を用いた認知的リハーサルの場面の作成
場面1:教室での活動の移り変わり
場面2:日常生活行動
場面3:間違いの指摘と修正を受け入れる
場面4:自己主張すること
絵を用いた認知的リハーサルプログラムを
作成するためのガイドライン
まとめ
参考文献
資料12.1.絵を用いた認知的リハーサルのガイド

訳者あとがき
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
スポンサーサイト
entry_header

2000/12/14 (木) 00:00

自閉症とアスペルガー症候群

自閉症とアスペルガー症候群 自閉症とアスペルガー症候群
ウタ・フリス、冨田 真紀 他 (1996/05)
東京書籍

この商品の詳細を見る





☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆
目次

専門の読者へ
日本の読者へのメッセージ

1 アスペルガー症候群の横顔と症候群 ウタ・フリス
   自閉症の発達的変異
   二人のパイオニア
   アスペルガーの横顔
   カナーと比較したアスペルガー
   診断カテゴリーとその兆候
   生物学的基盤
   認知論からの解明
   彼らはどこまで到達できるか?
   アスペルガー症候群の人たちへの言葉
   悪意と法の見張り人
   発掘されたアスペルガー症候群の二事例
    孤独なサイクリストのケース
    伝統に生きるおばあちゃんのケース
   移動したゴールポスト
   少々の自閉症
2 子供の『自閉的精神病質』 ハンス・アスペルガー
                  注釈 ウタ・フリス
   呼称と概念
    フリッツ・V
     家族歴 外見と表現的特質 病棟での行動 
     治療教育への示唆 鑑別診断

    ハーロー・L
     外見と表現的特質 知能テストから 学習到達度テスト
     病棟での行動と教育的治療

    エルンスト・K
     家族歴 外見と行動 知能テストおよび学力テスト
    ヘルムート・L
   自閉的精神病質の臨床像
   身体的外見と表現的特質
   自閉的知能
   社会集団での行動
   自閉人の欲望と感情
   遺伝的および生物学的要因
   自閉的精神病質社会的価値
   結語
3 アスペルガー症候群とカナーの古典的自閉症 
   ローナ・ウィング

   カナー症候群の特徴
    それ以外の臨床的特徴
   両者による記述の比較
    鉄道マニアのケース
   二つの症候群のつながり
    両症候群を分ける根拠 密接な結びつきの根拠
    話し言葉の遅れたケース

   診断基準の変遷
    カナー症候群の定義 アスペルガー症候群の定義
   関連する他の臨床像
   混沌から秩序へ  
    全人口調査から 自閉的連続体
   考察と結論
4 臨床的・神経生物学的に見たアスペルガー症候群
   六例の家族研究から クリストファー・ギルバーグ

   はじめに
    家族1 弁護士のケース
    家族2 着た切り雀のケース
    家族3 アマチュア俳優のケース
    家族4 カエル博士のケース
    家族5 数学者のケース
    家族6 ちびっこ教授のケース

   考察
5 成人期のアスペルガー症候群 ディグビー・タンタム
   成人期のアスペルガー症候群の診断
   成人期のアスペルガー症候群の研究
    ロバート:生涯に渡るアスペルガー症候群の臨床例
    デニス:アスペルガー症候群ではないケース

   成人のアスペルガー症候群の診断的特徴
    社会的相互作用の欠陥 非言語コミュニケーションの異常
    独特な興味 不器用性

   アスペルガー症候群の下位分類
   社会性の欠陥の三つ組の診断的安定性
   原因究明
    遺伝 出生時障害 脳挫傷
   アスペルガー症候群の合併症
    精神疾患
    リチャード:アスペルガー疎湯行軍と双極性感情障害の合併例
    アスペルガー症候群とパーソナリティ障害
    ピーター:分裂病質の特性をもつアスペルガー症候群の人
    サイモン:分裂病質の特性の少ないアスペルガー症候群の人
    反社会的行動
   成長の行方
   結論
6 アスペルガー症候群とともに生きる
   マーガレット・デューイ

   簡単な社会的常識テストを用いて
    テストの方法(ストーリー 1~8)
    テストへの反応から(ストーリー 1~8)
    反応に共通する性格
    日常訓練の促進剤としてのストーリーの利用
   知的な自閉症の人の誤解されやすい行動
   誤解に打ち勝つ  
    通訳による橋渡し
   対処法の見極め
    了解の先延ばし現象の解釈 変化への究極の手立て
    社会との折り合い:どの辺で足りるかを学ぶ
    サポートシステムを理解させる

   二人の実体験者の視点から
7 アスペルガー症候群の成人による自伝
  -解釈の問題と理論への示唆- 
        フランチェスカ・G・E・ハッペ

   作品の印象から
    テンプル・グランディン:『我、自閉症に生まれて』
            (M・スキャリアーノ共著)
           『自閉症児としての私の体験、および精選文集』
    バリー:私信
    デイヴィッド・C・メーズィアニック:『僕の自叙伝』

   解釈のリスク要因
    公平に比較する
   関わりあい理論と自閉症のコミュニケーション障害
    1 認知的効率:中枢処理資源の最適配置の問題
    2 伝えるとは相手の注意に値すること
    3 コミュニケーション 対 言語
    4 コミュニケーションの二つの回路:記号化と推察
    5 推察的コミュニケーションと意図の認識
    6 同じ文でも意味は意図の認識により異なる
    7 解釈する表象と叙述する表象
   まとめ:自閉的関わりあいのつまずき
   むすび

謝辞 
≪解説≫今日のアスペルガー症候群  
文献(英文)
人名論文索引 
事項索引 
執筆者紹介
☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆*:・'゜'・:*:.。.:*・'゜☆

side menu

インフォメーション

   お知らせ

すっかりマイペース更新となってしまいました。。汗
それでもお立ち寄りくださる方々には本当に感謝です。
どうもありがとうございます。

ぼちぼちと気紛れ更新は続けていこうと思ってますが、管理がむずかしくなってきました。
そこで、一時的にコメント欄、トラックバックを閉じようと思います。
(過去記事はそのまんま開けてあります。)

勝手なことで申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いします。


           ろこ(゚ー゚*)

最近の記事

掲示板

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ展開メニュー

  • 未分類 (9)
  • INDEX (23)
  • 本棚 BlueStage  (239)
  • 日記 PinkStage  (500)
  • 雑記 YellowStage  (130)
  • 発散 BlackStage (31)
  • 過去日記 楽天 (113)
  • 過去日記 Yahoo (16)
  • 過去ログ (0)
  • バトン&遊び (12)

ブログ全記事表示

ブログ内検索

ワードハイライト

アーカイブ

★メッセージ★彡

自動WEBサイト翻訳

RSS feed 

side menu

CALENDAR

08 * 2000/12 * 01

S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

roko

  • Author:roko
  • 我が家の子どもたち。。
    兄、ぶる~は広汎性発達障害、
    妹、ぴんくは軽度精神遅滞を伴う自閉性障害、
    と診断されています。

ズーム

ズーム: 100% → 100%

Popup Links

カウンター




MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。